海外輸入牛肉には目に見えないリスクも 米国は牛に発がん性の強いホルモン剤を投与

記事まとめ

  • 牛肉の輸入量は増加の一途を辿っているが、目に見えないリスクが潜んでいるという
  • 米国の牛には強い発がん性のある成長促進剤「エストロゲン」が投与されている
  • EUがホルモン剤投与の食肉の輸入を禁止後、EU各国で乳がんの死亡率が30%以上減少

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております