流通量増える中国製医薬品にリスク 降圧剤に発がん性物質、服用後に意識混濁の事例も

記事まとめ

  • 日本国内で流通量を増やしている中国製医薬品には健康を害しかねない深刻な問題がある
  • 昨年7月、華海薬業製の降圧剤に発がん性物質が混入していることが発覚し回収となった
  • 中国製の薬はネット経由で購入できるが、服用後に意識が混濁するなど危険な事例も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております