去年の福男 食中毒、受験失敗、当て逃げ被害…など不幸続き

去年の福男 食中毒、受験失敗、当て逃げ被害…など不幸続き

去年の“福男”佐藤さん。まさかこの時が幸福のピークだとは…(共同通信社)

 もしや“厄男”だったのだろうか──。そんな思いを抱く意外な人物がいる。去年の“福男”佐藤玄主さん(19才)だ。

 商売繁盛の神様『えべっさん』の総本社、西宮神社(兵庫県西宮市)で毎年1月10日、参拝一番乗りを目指して境内を走る恒例の『開門神事 福男選び』が行われる。上位3人までが福男の称号を得られるが、中でも「一番福」になった人はその年いちばんの幸福がもたらされるという。今年も約5000人が参加。二番福を“よしもと芸人”が獲ったことで話題になった。

 冒頭の佐藤さんは、当時高校3年生で、陸上部の短距離ランナーだった彼は快足を飛ばし、去年の一番福をゲット。その年は幸運に恵まれると誰もが思ったが、ここから彼に不幸が相次いだ。

「『福男選び』が終わった直後に友人に開いてもらった“おめでとう会”で食中毒になりました。カンピロバクター胃腸炎で41度の熱と頭痛に見舞われました。ガソリンスタンドでアルバイトしていたのですが、フロントガラスを拭いていたところ、自動で動き出したワイパーに顔面を往復ビンタされ流血し、お客様に怒られたり…」

 続く3月には大学受験に失敗し浪人生活が決定、勉強の息抜きにと参加した陸上大会で肉離れになった。さらに、5月には買ったばかりの車を当て逃げされた。“厄”はこれだけで終わらなかった。

「今年の1月4日、車を運転中に後ろからバイクに追突され、2度目の事故に遭いました。ぼくの任期は10日までだったので、“最後までこれかよ”と。他にもここでは言えない人間関係のトラブルに巻き込まれ、大学受験も2回目の失敗が決定していまして…どうも歴代の福男も不幸になっているそうです」

 佐藤さんが言うように、過去の福男もバイクや財布が盗まれる、骨折する、恋人にフラれるなどの不幸が降りかかっているという。

「神社の宮司さんも“福男に幸福は来ない”って言ってました。福男になった瞬間に幸福を使い果たして、あとは不幸が襲ってくるとかで(笑い)」

 今年こそは“福”が来ますように。

※女性セブン2019年1月31日号

関連記事(外部サイト)