天才囲碁少女の仲邑菫さん 義務教育優先主義は「雑音」か

天才囲碁少女の仲邑菫さん 義務教育優先主義は「雑音」か

仲邑菫さんと父の仲邑信也九段(写真/時事通信フォト)

 いま日本で最も注目されている9歳といえば、今年4月に史上最年少の10歳0か月で囲碁のプロとしてデビューすることが決まっている仲邑菫(なかむら・すみれ)さんだろう。1月23日には韓国・ソウルで行われた女流世界トップの崔精(チェ・ジョン)九段との記念対局があった。定先(最少のハンディ)で挑み惜しくも敗れはしたが、攻める姿勢を崩さず、能力の高さを示した。彼女はなぜそれほど強くなったのか。囲碁観戦記者の内藤由起子氏がレポートする。

 * * *
 世界で戦える囲碁棋士を育てるため、昨年末に新設された、小学生のみを対象とした「英才枠」での採用第一号となった菫さん。試験碁を打った張栩名人が、「この年齢でここまで到達するとは衝撃的」と脱帽するほどの才能の持ち主だ。

 国民栄誉賞を受賞した井山裕太五冠との対局では、定先で対局するも、途中まで菫さんが押す内容だった。菫さんを幼少時代から知る井山五冠も、ここ1年での長足の進歩に「恐ろしい」「素晴らしい才能の持ち主」と絶賛した。この碁を見た棋士たちの間では、すでにプロ棋士の真ん中ランクの実力があるともっぱらの評判だ。

 菫さんは、プロ棋士の仲邑信也九段と元囲碁インストラクターの幸さんの間に生まれた。幸さんの妹・石井茜三段も棋士という囲碁一家で育つ。

 3歳でルールを覚えると、瞬く間に上達していき、未就学児の大会で優勝。さらに女流アマの全国大会に大阪代表で出場するなど活躍し、囲碁界では名の知れた存在になった。

 どうしてそれほど強くなったのか──。ひとつは、3歳から毎日7~9時間を囲碁の勉強に費やしたというから驚きだ。大人でも大変な行為を、菫さんはこれまでずっと続けてきた。それも本人が進んでやったというからさらに驚く。

 ルールを覚えてすぐは、元インストラクターのお母さんが相手をし、わざと負けて勝つ喜びを教えたという。碁が楽しくなるように心がけたのがよかったのだろう。また、両親いわく、極度の負けず嫌いだという菫さん。まだ初心者のころ「負かして泣かれた」と証言する棋士は多い。その性格と相まって、努力が続いたようだ。6歳のころの菫さんを見て、井山五冠は「すごい才能の子がいる」と、すでに評価していたという。

 菫さんが小学1年生のころ、囲碁大会で娘どうしが対戦したママさん仲間が、「お母さんが強いから打ってあげられていいですね」と声をかけると、幸さんは「娘が私に打とうって言うのですが、もうそんなに打てないわ」と答えたのに、このママさんはびっくりした。碁をやらせたい親が、なんとかして子供を碁盤の前に座らせようと必死になる構図が当たり前の世界なのに、この親子は違うと印象に残ったそうだ。

 さらに、お父さんの信也九段は、「囲碁の虫」として有名だ。家にいればずっと研究をしている父の姿を見て、菫さんは、碁の勉強とはこうするものだと自然に学習したのだろう。

 お父さんは碁に対して厳しく、菫さんはよく泣いていたそうだ。幼いうちにしょっちゅう叱られていたら、普通の子どもはイヤになる。それでも努力し続けられるくらい、「囲碁が大好き」というのが、周囲にいる棋士にはひしひしと伝わってくるという。

 だが、2年ほど前、菫さんは伸び悩んでいた。目先を変えようと考えた信也九段は、韓国の囲碁道場に菫さんを入れることにした。

 世界戦で上位を占める韓国や中国の囲碁環境は、日本とは大きく違う。北京やソウルには世界チャンピオンを輩出した名門道場がいくつもあり、プロを目指す子供達は家族で転居して修業する。韓国では朝、学校に顔を出すだけで道場に向かい、碁漬けの生活を送ることができるが、日本では義務教育を優先する考えが強い。

「中韓の環境を見ると、日本にいて世界を狙うのは厳しいと思った」と信也九段。最初は週末に母子で韓国と往復した。菫さんは韓国に行ってすぐ結果が出たため、ついに、2018年1月に一家でソウルに引っ越した。

 同じ韓国の道場で勉強した期間が重なっていた日本の棋士、佐田篤史三段は「菫ちゃんは本当に囲碁を夢中で楽しそうに打っていました。強くなる人の共通点だと思います」と振り返る。普段は恥ずかしがり屋の菫さんだが、活発に道場内を走り回っている印象があるという。

 菫さんの棋力は韓国で急速に伸び、プロレベルまで達したのだが、そんな話を聞くと、「学校はどうしたのか」と疑問に思うだろう。

 囲碁棋士の中には、東京大学や京都大学、慶応、早稲田などの名門大学卒業の棋士もいるが、多くの棋士はもちろん、井山裕太五冠をはじめトップ棋士のほとんどの学歴は「中学卒業」だ。

 プロの手合いは、平日に組まれる。多くのトップ棋士は中学生のうちにプロ入りするので、学校はしょっちゅう休むことになる。また、プロ入り前の修業中でも、師匠宅などでの研究会があれば、学校を休んで向かうのはむしろ当たり前のことだ。

 元名人の依田紀基九段は修業時代、師匠宅で内弟子生活を送った。学校には行ったが、授業はまったく聞かず、ずっと詰碁など碁の勉強をして過ごした。

 趙治勲名誉名人の内弟子だった門下生は、「この子たちは、碁のプロになるために全国から集まってきているから」と、師匠が学校側と交渉。午前中だけ通学し、毎日午後は早退して碁の修業をしたという。

 元棋聖・名人・本因坊の山下敬吾九段は、小学生のうちに公文式の国語、数学、英語の3教科を高校卒業レベルまで終わらせ、あとの時間は囲碁に集中させた。

 音楽やスポーツの世界でも同様のことがいえるが、スタートは早ければ早いほどよく、10代までは棋士人生において基礎ができ、大きく飛躍する土台を作る大切な時期。そのときどれだけ真剣に碁に向かったかということは、将来に大きく影響する。学校に行く時間も惜しんで修業にあてなければ、一流にはなれない。義務教育優先主義は、秀でた才能の持ち主にとって雑音にしか感じられないのかも知れない。

 日本の希望の星でもある菫さん。大きく羽ばたけるよう期待し、皆で見守っていきたい。

関連記事(外部サイト)