国際情報誌SAPIOが報じた「激動の平成」平成元年~7年

国際情報誌SAPIOが報じた「激動の平成」平成元年~7年

SAPIO【平成元年】1989年12月14日号

 平成という時代は共産主義陣営の「終わりの始まり」で幕を開けた。東西冷戦終結、アメリカ一強、テロとの戦いとめまぐるしく変わってきた国際情勢を、国際情報誌・SAPIOはスクープ記事と深い検証記事で伝えてきた。記事から平成元年~7年の出来事を振り返る。

●ベルリンの壁崩壊【平成元年】(1989年12月14日号、ブレジンスキー独占インタビュー)

 東ドイツが西ドイツへの国境を開放した1989年11月9日直後に行った、アメリカの戦略思想家ズビグネフ・ブレジンスキー氏への独占インタビュー。著書『大いなる失敗』で共産主義圏の崩壊を予見していた同氏は、ベルリンの壁崩壊を「危うい解放」と言い、盟主ソ連ではゴルバチョフ政権への不満が高まっており、東欧諸国の急速なソ連離れが体制崩壊を招くと予言、歴史はその通りとなった。
 
 ●北方領土問題【平成元年】(1989年12月28日号、中曽根×ゴルバチョフ会談極秘メモ入手)

 東欧が激変していた頃、日本ではソ連が経済支援と引き替えに北方領土を返還するのではという憶測が飛び交った。本誌・SAPIOは1988年7月の中曽根康弘元首相とミハイル・ゴルバチョフ共産党書記長の会談メモをモスクワ関係筋から入手。そこには「ソ連の方から頭を下げると思ったら大間違いだ」というゴルバチョフの言葉と、ソ連は2島返還で歩み寄り日ソ共同宣言に明記されたのに日本は4島返還を要求した、という不満が記されていた。それから30余年、いよいよ日本の領土は戻ってくるか。

 ●湾岸戦争【平成3年】(1991年8月22日号、シュワルツコフ司令官会見録)

 湾岸戦争(1990年8月~1991年2月)は、多国籍軍がクウェートを奪還、イラク南部へと北上した時点でブッシュ大統領が停戦を宣言し終結した。記事は現地の指揮官、ノーマン・シュワルツコフ米中東軍司令官の会見録。同氏は戦闘を継続すれば「サダム・フセインを無条件降伏させ、連行し、戦犯として国際裁判の法廷に引き出すことも可能だったろう」と停戦が尚早だったと暗に批判した。ブッシュ・ジュニアがイラク戦争に踏み切るのは2003年だ。
 
 ●福島第一原発事故を予見【平成7年】(1995年3月9日号、原発「安全神話」の欺瞞を暴く)

 2011年3月11日に発生した東日本大震災によって、全電源を喪失した福島第一原発はメルトダウンを起こしたが、その16年前に原発の「安全神話」の欺瞞を暴いた。当時は阪神淡路大震災が起きた直後であり、衆議院予算委員会では原子力安全局長が「原発は、震度7の激震にも耐えられる」と答弁していた。

 ●初の日系ペルー大統領【平成7年】(1995年3月9日号、フジモリ大統領独占会見録)

 ペルーの日系2世のアルベルト・フジモリ大統領は、憲法の一部停止や議会の停止など非常措置を発動し、日本の大新聞や欧米メディアから独裁者と罵られていた。そんななか、ジャーナリスト・蓮尾真司氏が2週間にわたって密着取材。独占会見録からは、フジモリ大統領の強力な指導力が窺えた。この翌年、テロリストによる在ペルー日本大使公邸占拠事件が発生。彼は突入作戦を決断して事件を解決、世界から賞賛された。在任中の人権侵害と汚職の罪で禁錮25年の刑に服し、一時恩赦を与えられたが、その後取り消された。現在は入院中。
 
※SAPIO2019年1・2月号

関連記事(外部サイト)