中学受験する子供の数は増加傾向 大人でも頭をひねる問題、入試スタイルも多用化

記事まとめ

  • 中学受験する子供の数は増加傾向で、2018年度の受験者数は推定4万5000人に達した模様
  • 最近は大人でも頭をひねる問題が姿を見せ始め、入試スタイルも多用化している
  • また、近年の傾向として、すべての教科に共通して、問題文が長文化しているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております