知識ではなく活用力が問われる中学受験、なぜ大変革起こった?

中学受験する子供の数は増加傾向 大人でも頭をひねる問題、入試スタイルも多用化

記事まとめ

  • 中学受験する子供の数は増加傾向で、2018年度の受験者数は推定4万5000人に達した模様
  • 最近は大人でも頭をひねる問題が姿を見せ始め、入試スタイルも多用化している
  • また、近年の傾向として、すべての教科に共通して、問題文が長文化しているという

知識ではなく活用力が問われる中学受験、なぜ大変革起こった?

知識ではなく活用力が問われる中学受験、なぜ大変革起こった?

中学受験の競争は激化(写真/PIXTA)

 1月中旬から2月上旬にかけて、小学6年生の教室には空席が目立つ。決して猛威を振るうインフルエンザだけが理由ではない。将来をかけた一大イベント「中学入試」に臨むためだ。

 文部科学省の学校基本調査によれば、中学受験をする子供の数は増加傾向にあり、2018年度の受験者数は推定4万5000人に達したとされる。大手進学塾「市進学院」教務統括本部長の水野徹さんが言う。

「特に首都圏近郊や大阪など都市部では中学受験をする子供が年々増え続けており、少子化の中でも私立中・国立中に進む生徒の数は増加の一途です。都内では4人に1人が私立中に進学するというデータもあるほどです」

 子供の数そのものは減っているものの、受験を希望する人数が増え続けている故に、競争は激化している。

 そのうえ、最近は大人でも頭をひねってしまうような、工夫が凝らされた問題が姿を見せ始め、午前・午後と2回に分けてテストを行うなど入試スタイルも多用化。入試の最前線では、何が起きているのか。

◆知識の詰め込みはAIに任せればいい

 中学受験の問題は、ここ数年で大きく様変わりした。象徴的な出来事が、2018年度に起きた「開成ショック」だった。

 中学受験の最難関といわれる中高一貫の名門男子校である開成中学が「国語」の中で、ある会社が販売する弁当の売り上げを計上したグラフを掲載し、以下のような問題を出題したのだ。

《社長は、部長の報告のどの表現に、客観性に欠けたものを感じたのでしょうか。二つ探し出し、なるべく短い字数で書き抜きなさい》

 グラフから読み取った情報をもとに、ビジネスマンをどう評価するかを問う、まるで就職試験のような内容の問題である。中学受験におけるトップ校がこうした、まったく新しいタイプの問題の出題に踏み切ったことは、受験生とその親、さらには教育関係者にも大きな衝撃を与えた。

 中には「さすがに会社の利益について問うのは“大人の世界”に寄りすぎているのでは」という声すらあった。水野さんが言う。

「今年は昨年の開成のような新傾向の問題はそれほど見られませんでした。ただ、中学受験全体の傾向において、知識のみを問う問題が減り、思考力や表現力が問われる設問が増えていることは事実です」

 なぜ中学入試に大きな変革が起きたのか。背景には2021年から始まる「大学入学共通テスト」の導入がある。

 現在行われている「センター試験」は知識や技能が問われる問題が大半を占め、マークシート式で行われる。

 しかし、新テストでは知識や技能に加えて、思考力や判断力、表現力が重視された試験になるという。新テストは複数の選択肢が正答となったり、「解答なし」という選択肢が導入されたりするほか、記述式の問題も登場する。新テストで問われる能力を総合すると知識や表現力、判断力など自分の持つ能力を問題解決のためにどう活用するか、つまり「活用力」に帰結する。

「スマホでありとあらゆることを瞬時に調べられる現代において、知識の蓄積はAIやコンピューターに任せておけばいい。知識をたくさん持っていることよりも、“それをどう使うか”に価値が置かれるようになったのです。その結果、中学入試においても実験結果や表から情報を読み取って、考察を加えたり、他人にわかりやすく自分の意見を伝えたりする能力を問う問題が多く出題されるようになりました」(水野さん)

 開成中と並んで“男子御三家”と評され、難関校の筆頭格とされる麻布中学の「社会」のテストの中には、表を読み込んで「スポーツのルールがなぜ必要か」を問う問題が出題された。

 また、千葉県を代表する人気中高一貫私立の共学校である市川中学の「国語」においては、ラグビーやサッカーに関する文章を読んだうえで、「オフサイド」の反則にあたるものはどれかを、記号で答えさせている。水野さんが解説する。

「市川中学の問題は、実際にそのスポーツのルールを知らなくても問題文をきちんと読めば解くことができます。知識はなくても、問題文からヒントを拾い、論理的に考えれば正解が見つかる。こうした問題を出題する学校が非常に増えました」

 また、社会に対する幅広い関心があるかも試される。女子の難関校である雙葉中学では「待機児童」に関する問題が出題された。しかしそんなニュースも刻一刻と情報が更新され、古い知識があっという間に役に立たなくなる時代。受験で問われる「活用力」とは「これまでに経験がなかったこと」が起きたとき、恐れずに向き合い、対処する力でもある。

「それを象徴するのが、女子のトップ校である桜蔭中学で出題された算数の問題でした。アナログ時計を使った問題なのですが、数字が17まであるうえ、位置もずれている“これまで見たことのない時計”なのです。確かに難問ですが、落ち着いて問題文を読み、時計の針がどう動くか、そのルールを把握できれば解くことができる。初めての状況に、どれだけ平常心で対峙できたかが、合格のカギになるというわけです」(水野さん)

 ちなみにこの時計の問題、算数にもかかわらず問題文だけで500文字を超える。前出の麻布中学の「社会」も、B5用紙5ページが問題文だけでびっしりと埋まっている。

「近年の傾向として、すべての教科に共通して、問題文が長文化しています。今求められる学力の根幹にある力が、読解力であることを表しているといえるでしょう」(水野さん)

「受験=詰め込み、暗記」というイメージは今や昔なのだ。

※女性セブン2019年2月28日号

関連記事(外部サイト)