60年を経て初めて明かされる天皇陛下と美智子さまの純愛秘話

60年を経て初めて明かされる天皇陛下と美智子さまの純愛秘話

4月にはご成婚60周年を迎える天皇陛下と美智子さま(写真:JMPA)

 2月24日、東京・千代田区の国立劇場で天皇陛下御在位30年記念式典が開催される。4月には、天皇皇后両陛下はご成婚60周年を迎え、そして平成の御代に終止符が打たれる。そんな大きな節目を前に、陛下の友人として70年に亘り交流を続けてきた織田和雄さん(83)が、初めて天皇陛下と美智子さまの出会いからご成婚までの秘話を明かす。

 実は織田さんは、陛下と美智子さまの間を取り持った、いわばキューピッド役を務めたご友人だ。そんな織田さんが、2月に単行本『天皇陛下のプロポーズ』を上梓した。なぜこのタイミングで書籍にまとめようと思ったのか、織田さんは同書の中で以下のように綴っている。

「私は、陛下が退位を決断された今こそ、その半生の軌跡と美智子さまとの出会いからご結婚、そして二人三脚でご公務に勤しまれてこられた日々を書籍として残すことを考えました。それが陛下から受けた様々なご恩への、せめてもの感謝のしるしとなれば幸いです」(同書より・以下同)

 陛下と美智子さまが軽井沢のテニスコートで運命的な出会いをされたのは、昭和32年8月19日に開催された、A.B.C.Dトーナメントという大会だった。この試合で陛下は意外にも美智子さまに惜敗を喫してしまったという。

 織田さんは、この時、テニスコート脇で観戦をしていたというが、試合を終えて陛下がベンチに戻って来られた時の様子はどうだったのか。

「その時、陛下はタオルで汗を拭きながら、『あんなに正確に粘り強く打ち返してくるのだから、かなわないよ。すごいね』と、おっしゃいました。その表情に悔しさは微塵もなく、夏の強い日差しのもと、むしろさばさばとした爽やかさに満たされているように感じられたのです」

 この出来事をきっかけに、陛下と美智子さまはお互いに惹かれ合っていったとか。しかし、当時は民間人が皇太子妃になられるのは、まったく想像もできない時代だったことから、ご成婚までに越えなければならないハードルが多く、お二人の間でキューピッド役として奔走した織田さんは、当時、日々どんなことがあったのか日記に書き留めていた。

 今回、その日記をもとに、両陛下の出会いからご成婚までの様子、そして美智子さまが心を決められた陛下のプロポーズの言葉まで、どのようなドラマがあったのかを詳細に書き連ねている。

「このテニスコートでの運命的な出会いが、『実は演出されたもの、意図的にアレンジされたものではないか?』と言った報道がなされたことがあります。(中略)私が思うに、この出会いを演出した誰かがいるとしたら、それは神様しかありえない」

 常に全身全霊で公務に励み、常に国民に寄り添い、平成の皇室を築かれた両陛下。今から60年前の世紀のご成婚には、ドラマティックなラブストーリーが秘められているようだ。

関連記事(外部サイト)