天皇家にとってはホリエモン的な思考の人たちが脅威

ホリエモンこと堀江貴文氏的な思考の人が天皇制を無力化させると作家が警鐘

記事まとめ

  • 皇室が国民に近づいているらしく、皇太子さまは『公』より『私』の比重が大きいという
  • 天皇制の維持について、ホリエモンこと堀江貴文氏的な思考の人が脅威となるらしい
  • 陛下の生前退位によっても従来の日本人の歴史感覚が崩れてしまうと識者は警鐘を鳴らす

天皇家にとってはホリエモン的な思考の人たちが脅威

天皇家にとってはホリエモン的な思考の人たちが脅威

佐藤優氏(左)と片山杜秀氏 撮影/田中麻以

 もうすぐ平成が終わる。作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏と、思想史研究者で慶應義塾大学教授の片山杜秀氏の二人は、皇太子の思想と行動を分析するだけでは次代の天皇像は描けないと見る。天皇家にとって、今後は何が脅威になるのかについて、二人が語り合った。

片山:問題は、ポスト平成の時代にこのままの天皇制が維持できるかどうか。今上天皇には、現人神だったお父さんのカリスマが受け継がれているし、災害で国民に寄り添おうとする姿の顕示によって、“公”と“私”のバランスをとっていた。では皇太子はどうか。私には“公”よりも“私”の方の比重が大きいように思えます。

佐藤:その象徴が、2004年の「雅子妃の人格否定発言」ですね。“私”の家族を守ろうとした発言で皇太子一家に、戦後の核家族のイメージを重ねる人が増えた。

片山:歴史の流れからいってなるべくしてそうなった気もします。明治から敗戦までは家父長的な家族国家観が根付いていました。その反動で、昭和天皇から今上天皇に、そして皇太子へと受け継がれたのが、戦後民主主義下の理想的な家族像と寄り添う天皇一家のあり方です。

佐藤:あの家族像も天皇と国民の距離を近づける大きな役割を果たしました。昭和天皇が人間宣言を行ってから73年ですからね。3代目ともなると、どうしても国民に、人間に近づいてくるんでしょうね。

片山:そう思います。それこそ、人間天皇の最終型と言えるけど、天皇像が新たな民主主義的強固さを獲得できるかというと別問題でしょう。いま、天皇が天皇であるためのエートスが、国民の普通の感覚に溶けて解体したような状態になっている。だとしたら本当に天皇制を廃して日本共和国でもいいのではないか。そんな議論がポスト平成に復活するのではないかという気がするのです。

佐藤:平成の終わりに、すでにその兆候があらわれています。私は天皇制を無力化させる存在がホリエモン的な思考の人たちだと見ているんです。「天皇は尊重します。でもそれはそれ。天皇制は横に置いて、まずはお金儲けをしましょう」。そんな論理の方が、1960年代、1970年代の天皇制廃止論者よりも、天皇家にとっては脅威です。

片山:ホリエモンもそうですが、保守派もぬるくて甘いから天皇制の基盤を揺らがせてしまう。大切なものだから筋を通して守り通す。守れなければ殉ずる。その覚悟と迫力がなければ、守れないものがあるはずです。いまの保守派には、筋も通さないで、筋を変えても残せればいいだろうという緩さを感じてしまう。味方の内実が天皇制の基盤を揺らがせているということですね。

佐藤:ポスト平成と天皇という文脈で注意してみていかなければならないのが易姓革命です。易姓革命とは徳がない天子に代わり、徳を持つ人が新たな天子になるという古代中国の考え方です。

 これに倣えば、リーマンショック級の経済危機や東日本大震災級の自然災害が起きるたび改元を行うことができるようになる。

片山:幕末は黒船来航や災害など国難が続き、そのたびに、安政、万延、文久、元治、慶応とひんぱんに改元していて、もうわけがわからない。だから明治憲法で、元号を天皇の生き死にと結びつける一世一元の制を定めたわけです。

佐藤:今回の「譲位」によっても、従来の日本人の歴史感覚が崩れてしまうのではと思うのですが、片山さんはどうお考えですか。

片山:私も同じ考えです。元号を使えば天皇とともに生きていることをいやでも意識する。明治、大正、昭和は、国民に天皇の崩御によって元号が変わる体験を刷り込んで終わりました。改元が「大喪の礼」という宗教儀礼と結びついていたのも大きかった。その国民的な体験の再現を今上天皇は「譲位」によって自らの意思で手放してしまった。

佐藤:そうした日本人の集合的無意識が今回の「譲位」によって変わるのは間違いありませんね。

片山:同時に、ポスト平成は、敗戦期に匹敵するほど天皇制が流動化する時代になるかもしれません。

●さとう・まさる/1960年生まれ。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。主な著書に『国家の罠』『自壊する帝国』など。片山杜秀氏との本誌対談をまとめた『平成史』が発売中。

●かたやま・もりひで/1963年生まれ。慶應大学法学部教授。思想史研究者。慶應大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。『未完のファシズム』で司馬遼太郎賞受賞。近著に『ベートーヴェンを聴けば世界史がわかる』。

※SAPIO2019年4月号

関連記事(外部サイト)