暴力団と外国人の犯罪率はそこまで高い?“主観”の怖さ

暴力団と外国人の犯罪率はそこまで高い?“主観”の怖さ

評論家の呉智英氏

 数字、つまり客観的データは嘘をつかないはずだが、それを用いて分析する段階になると分析者の主観が混じり、事実とずれてゆくことがある。評論家の呉智英氏が、主観によって数値の意味が変えられてしまっている事例をあげ、その弊害について考えた。果たして暴力団や外国人の犯罪率は、本当に発表されたデータ通りなのか?

 * * *
 近頃「ファクトチェック」という言葉をよく聞く。「事実の照合」という意味だ。

 二月十五日付朝日新聞オピニオン欄のテーマがファクトチェック。論者は「政治家は往々にして数字を操作し、事実をゆがめる」と言う。確かに、日本でも外国でも、そういうことがある。政治家にも報道にも出版にも。

 二〇一七年十二月十七日付朝日新聞に「エスカレーター事故を防ぐ」という特集があった。エスカレーター上を歩く人による事故を防ぐ方法として手すり設置をすると「歩行者は、41人から37人と0.8%減った」。

 後に訂正記事が出た。「約9.8%の誤り」だった、と。0と9の入力キーを打ちまちがえたのだろう。全体の論旨に影響はなく、これは単なるお笑いネタだ。

 少し古いが、岩波書店のPR誌「図書」二〇一〇年十一月号に近世文学研究者の中野三敏の「和本リテラシーの回復を願って」という一文が載った。「変体がなと草書体漢字」による近代以前の和本を読める人の激減を嘆く主旨で、これ自体は共感できる。

 では、その和本を読める人が現在どれぐらいいるかというと、「多く見積っても五千人には届くまい。総人口の0.00004%」だ。「我々の中の0.00004%しか〔和本を〕読む能力を持た」ない。というのだが、センセイ、計算がまちがってますよ。これでは、和本を読める人は日本中でわずか五十人である。いくらなんでも少なすぎる。

 岩波には校閲者がいないのか。

 前田雅英『日本の治安は再生できるか』(ちくま新書、二〇〇三)という本がある。著者は東大法学部卒、東京都立大学法学部長などを務め、刑法関係の各種審議委員なども経験している。

 前田は、日本は「危機的な治安状況」になっているとして、グラフや数表を示して警鐘を鳴らす。

 例えば、二〇〇一年「人口の0.7%に満たない暴力団員」が刑法犯検挙人員三十二万人中三万人を占め、一割近い。これは「一般の一四〇倍」にもなる。

 チェックしてみよう。一般人の検挙人員は三十万人弱だから、全人口比で四百人に一人。暴力団員の場合は、全八十四万人中に三万人だから、二十八人に一人。四百人と二十八人とで「一四〇倍」にはならない。一桁ちがう。

 前田は、外国人犯罪について、こんなことを言う。日本の全犯罪者数が八十三万人、外国人犯罪者数が九千人で「11.6%は外国人」。ここでも一桁ちがう。主観で数値を読みちがえるらしい。

 筑摩書房に指摘の手紙を出したが、編集者から増刷時に訂正しますという返事が来ただけだ。

 二〇一〇年、東京都は「有害マンガ」規制に乗り出した。私は日本マンガ学会会長として、これに反対する声明を出したり、記者会見で発言したりした。その中で、前田雅英が規制を進める審議会委員をやっていると知り、ああやっぱり、と、妙に納得した。

●くれ・ともふさ/1946年生まれ。日本マンガ学会前会長。近著に本連載をまとめた『日本衆愚社会』(小学館新書)。

※週刊ポスト2019年3月15日号

関連記事(外部サイト)