「石ぐらい投げられても…」 天皇陛下の沖縄への思い

「石ぐらい投げられても…」 天皇陛下の沖縄への思い

国民に何を伝えようとしているのか(時事通信フォト)

「在位30年記念式典」で、国民に語りかけた天皇陛下の姿は、いよいよ平成という時代の終わりが迫ってきたことを実感させた。天皇陛下は国民へ何を伝えようとしているのか。皇太子時代からの数々の発言をまとめた単行本『天皇メッセージ』から、そこに込められた思いを著者・矢部宏治氏と一緒に考えたい。

 * * *
 この在位30年式典では、沖縄出身の歌手、三浦大知さんが「歌声の響」という歌を歌ったことも話題を呼びました。ここには天皇・皇后の足跡と問題意識を知るうえで、重要な鍵が隠されています。

 1975年に昭和天皇の名代として初めて沖縄を訪れるにあたり、明仁皇太子は、周囲にこう語ったといいます。

◆「石ぐらい投げられてもいい。そうしたことに恐れず、県民のなかに入っていきたい」
◆「何が起きても受けます」

 アメリカとの戦争で、沖縄は本土防衛の捨て石となり、20万人近い人々が命を落としました。そのため沖縄では昭和天皇に対し、その戦争責任を問う厳しい声が多かったのです。

 実際、皇太子・皇太子妃がひめゆりの塔を訪れたときには、石どころか、新左翼の過激派から火炎瓶を投げつけられる大事件が起きました。しかし、それでもスケジュールを一切変えることなく、お二人は慰霊の旅を最後まで続けられました。

 その翌日の訪問地が、名護市の国立ハンセン病療養所「沖縄愛楽園」でした。大幅に予定を延長し、まさに手に手をとって在園者と触れ合ったのち、建物を出て車に向かうお二人に対し、在園者たちが沖縄の船出歌「だんじよかれよし(まことにめでたい)」を大合唱して見送ったのです。

 のちに明仁皇太子はそのときの思いを「歌声の響」という次の琉歌に詠み、愛楽園に贈りました(琉歌とは沖縄周辺で古くから詠まれてきた定型詩です)。

〈だんじよかれよしの歌声の響 見送る笑顔目にど残る〉
(まことにめでたいと、船出を祝う歌声の響き 歌って見送ってくれた人たちの笑顔がいまも目に残る)

 前日、火炎瓶を投げつけられるという辛い体験をした明仁皇太子にとって、それは象徴天皇のあるべき姿を模索する、今後の自分の困難な旅立ちへの言祝ぎの歌として、その後何度も感謝と共に思い起こされることになったのではないでしょうか。

 その琉歌に、美智子皇后が曲をつけ、さらに明仁天皇が2番を書いて誕生したのが、三浦大知さんの歌った「歌声の響」なのです。

 在位30年の記念式典で、この歌が演奏され、それをまだ30歳と若い三浦さんが歌ったところに、次の世代になっても皇室は沖縄の苦難に変わらず心を寄せ続けていくのだという、明仁天皇の強い思いが込められているような気がします。

 その沖縄では、奇しくも式典と同日に行なわれた県民投票で、辺野古の基地建設に7割が「反対」票を投じました。しかし政府は建設を中止せず、沖縄と政府との対立は深まっています。

 かつて明仁天皇は、63歳の誕生日会見(1996年12月19日)で、こんな発言をされています。

「沖縄の問題は、日米両国政府の間で十分に話し合われ、沖縄県民の幸せに配慮した解決の道が開かれていくことを願っております」

 政治的発言と受け取られかねない言葉ですが、その背景には前年に起きた少女暴行事件がありました。

 1995年9月に、米軍兵士3名が、12歳の女子小学生を拉致し性的暴行を加える事件が起きました。沖縄県民の怒りが爆発し、反基地運動が大きな盛り上がりを見せていたのです。

 当時の渡邉侍従長によれば、右の誕生日会見での発言のすでに5か月前(同年4月)に、来日したクリントン大統領との会見でも天皇はまったく同じ言葉を述べ、それを聞いてクリントン大統領は「そういたします」と答えていたそうです。

 その沖縄と並んで、天皇・皇后が深く気にかけられているのが被災地のことであり、とりわけ原発事故の被害に遭った福島については、繰り返し「新年の感想」のなかで言及されてきました。

◆「東日本大震災からは四度目の冬になり、放射能汚染により、かつて住んだ土地に戻れずにいる人々や仮設住宅で厳しい冬を過ごす人々もいまだ多いことも案じられます」

 これは2015年の新年の感想です。実は明仁天皇はこの年まで4年続けて、「放射能汚染でかつて住んでいた土地に戻れずにいる人々」への思いについて述べられています。とくに2012年に「放射能汚染」という言葉を使われたのは、民主党の野田佳彦首相が「原子炉が冷温停止状態になったので、事故そのものは収束した」と宣言したわずか2週間後のことでした。

 社会の流れが、福島はもう安全だという方向へ大きく誘導されたとき、国家の中心のなかで、ただ一人断固として「まだ問題は終わっていない」というメッセージを発し続けられたのです。

 沖縄と福島は、基地や原発といった国家の抱える矛盾が露呈した地です。

 そうしたなか、明仁天皇は「政治的発言」と取られないようなギリギリの範囲で、慎重に言葉とタイミングを選びながら、みずからの重心を政府とは違う場所に移して発言することで、国家や社会のバランスをとろうとされてきたのです。

※週刊ポスト2019年3月15日号

関連記事(外部サイト)