秋篠宮さま、なぜ小室圭さん一家の詳細を知らなかったのか

秋篠宮さま、なぜ小室圭さん一家の詳細を知らなかったのか

精神的に参っているという秋篠宮さま(撮影/横田紋子)

 結婚するべきか、結婚させざるべきか。本来ならば、他人がとやかく言える話ではない。憲法にも、《婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立》すると明記されている。ふたりが結婚したいのならば、それを阻むものは何もない。

 天皇陛下の初孫であり、将来の天皇の実姉──秋篠宮家の長女・眞子さま(27才)はそのお立場ゆえ、婚約内定者の小室圭さん(27才)との結婚が、日本を二分する議論になっている。

『週刊現代』(3月23日号)によると、小説家の山本一力氏は「常識的に考えて、自分の娘が400万円もの借金トラブルを抱えた家の男を連れてきて、すんなりと結婚を認める親がどこにいますか」と慎重な立場。対して、漫画家の小林よしのり氏は「ダメなところがある人を好きになって、何が悪いんですか」と言い、皇族だからという理由で世間が結婚に反対するのは「眞子さまに対する人権侵害ですよ」と、結婚に賛成だ。

 どちらも正論だ。そして、「すんなりと結婚を認めない親」であり、「ダメなところがある人を好きになった娘の親」である秋篠宮さまが、そうしたまっとうな意見に挟まれ、苦境に立たされている。秋篠宮家に近い関係者が言う。

「秋篠宮さまは精神的に相当に参っていて、医師も心配している状況だそうです。かなりおやせになられました。愛娘の嫁ぎ先について知らないことが次から次に報道され、ショックが重なっていらっしゃいます」

 そもそもなぜ秋篠宮さまは小室家のことをよくご存じなかったのか。

「宮内庁としては、皇室会議を経てお相手を皇室に迎え入れる男性皇族の場合はご結婚相手に関心を持ちます。しかし、眞子さまは降嫁され、小室さんは皇族になるわけではないので、小室家のプライベートへの関心は低かった。

 それでも、普通の親子の会話として、“彼はどんな人柄なの? どんなご家庭なの?”と尋ねることはごく自然なことです。ただ、秋篠宮ご夫妻が、小室家についていろいろ尋ねたり、調べたりすることについて、眞子さまが拒否反応を示されたようです。そもそも、小室さんが眞子さまに正直にすべてを話していなかったので、心配されていなかったということもあります。ご夫妻も、眞子さまを信用され、深くは詮索されなかったのでしょう」(前出・関係者)

※女性セブン2019年3月28日・4月4日号

関連記事(外部サイト)