バイトテロ 不適切動画投稿者たちが愚行を止められない理由

大戸屋、くら寿司、すき家などで「バイトテロ」 不適切動画投稿の背景を解説

記事まとめ

  • 大戸屋、くら寿司、ファミリーマート、すき家などで不適切動画投稿が相次いだ
  • 舟木彩乃氏が「なぜ不適切な動画を投稿してしまうのか」、心理的な背景を解説
  • 他人に認められたい「承認欲求」が歪んだ形で現われている可能性があるという

バイトテロ 不適切動画投稿者たちが愚行を止められない理由

バイトテロ 不適切動画投稿者たちが愚行を止められない理由

不適切動画問題を受け休業した大戸屋で、清掃する従業員(時事通信フォト)

 大規模チェーン店での「不適切動画」騒動が相次いでいる。大手定食チェーン店「大戸屋」では、マスクをかぶった店員がズボンを脱いで露出した下半身をお盆で隠す動画が投稿されて流出。回転ずしチェーン「くら寿司」では、食材の魚の切り身をゴミ箱に捨てた後にまな板に戻して調理しようとする映像が流れ、大手コンビニの「ファミリーマート」では、商品のペットボトルを蓋ごと舐める店員の悪ふざけ動画がSNS上で公開された。

 そのほか、「すき家」「ビッグエコー」「バーミヤン」「セブン-イレブン」などの店舗でも、アルバイトなどによる不適切な動画投稿が続発。「バイトテロ」とも呼ばれ、社会問題となっている。

「これらの企業では、従業員研修を徹底したり再発防止のためのルールづくりに取り組んだりしていると報じられていますが、単にルールを学ばせる研修や社内教育だけでは、問題の完全な解決には至らないと思います。動画が流出するリスクをいっさい省みず、安易にこうした動画を投稿してしまうような人たちの考えを改めさせるのは、なかなか容易なことではないからです。

 むしろそれ以前に、彼らがなぜ不適切な動画を投稿してしまうのか、その心理的な背景を把握する必要があると思います」

 そう語るのは、産業カウンセラーやキャリアコンサルタントとして100社を超える企業の相談に応じてきた舟木彩乃氏。ストレス・マネジメント研究者としても活躍する舟木氏によれば、こうした不適切動画を投稿する人たちは、単に「仲間うちで盛り上がりたい」といった悪ふざけのレベルを超えて、他人に認められたい、称賛を受けたいという「承認欲求」が歪んだ形で現われている可能性があるという。

「承認欲求は、誰もが持っている自然な欲求の一つですが、それが『自分は他人とは違う特別な存在だ』とか『他人が自分を称賛しないのはおかしい』という考えにつながると、『パーソナリティ障害』などの精神疾患が疑われるようになります。

 また、歪んだ承認欲求に固執して生きている人たちは、なかなかその価値観を変えることができません。行き過ぎた承認欲求には“中毒”のような作用があるためです。その背景には、承認欲求というものの複雑さがあります」(舟木氏、以下同)

◆他者の評価か、自身の評価か?

 歪んだ承認欲求の心理的背景を理解するヒントとして、舟木氏が近著『「首尾一貫感覚」で心を強くする』の中で挙げているのが、アメリカの心理学者アブラハム・H・マズロー(1908〜1970)が提唱した「欲求の階層」説だ。

 マズローは、人間の持っている「欲求」は5つの階層構造からなっているという。第1段階は食事や睡眠など生きていくための欲求である「生理的欲求」、第2段階は安心・安全な暮らしや経済的安定性などの「安全の欲求」、第3段階は家族や会社などの集団に帰属したいといった「所属と愛の欲求」、そして、続く第4段階に挙げられているのが「承認の欲求」だ(※)。

「マズローは『承認の欲求』には2つの種類があることを指摘しています。

 1つは『他者承認欲求』とでもいうべき欲求で、他人からの尊敬や地位、名声、注目などを得ることによって満たされるものです。不適切動画を投稿したアルバイト従業員たちは、『他者承認欲求』に固執している人たちだといえます。この欲求にいつまでもこだわっていると、自分自身を見失うことになります。
 
 もう1つは『自己承認欲求』とでもいうべき欲求で、自分自身を信頼する感覚や自立性などを特徴とし、技術や能力の習得によって満たされる欲求です。この欲求は、自分で自分を承認するためのものです。自分を信じたい、尊重したい、自分で自分の価値を認めたいという欲求があると、自己研鑽をするきっかけになります。

 他者からの承認が得られないと自分の存在価値を認められないという人は、本来の自分ではなく、“他者から評価されるための自分”を演じ続けなければなりません。そこに、“中毒性”が生まれる要素があります」

◆ブレずに自分を見つめる

 不適切動画の問題に話を戻せば、もしそれらの動画の投稿者たちが「他者承認欲求」に固執しているようなら、従業員研修や社内教育で単にルールやマニュアルを徹底させるだけでは「バイトテロ」は根絶できないことがわかる。そこからさらに踏み込んで、“他者承認欲求だけに振り回されずに、自己承認欲求に従って行動する”ことの重要性を伝える「人間教育」が必要になると舟木氏はいう。

「他者からの評価よりも自分自身の自己評価を重視できるようになるには、客観的に、かつブレずに自分を見つめることが必要です。簡単なことではありませんが、その努力をしていけば、どうすれば自分が自分を認められるようになるか少しずつ分かってきます。『自己承認欲求』に従って生きていくことは、このように日々の努力によって可能になってくるものです」

「他者承認欲求」は、動画投稿などの奇抜なことをしたり自分を表面的にカッコよく見せたりすることで一時的に満たすことはできるが、すぐに不安やストレスを感じるようになる。その一方で「自己承認欲求」は、自分が本物の実力をつけたり自分の力で実績を上げたりしないと満たされることはないが、この欲求に従って努力していくことで、称賛や出世、名声を得ることができ、モチベーションが上がっていくという自然な流れが生まれる。その結果、強いメンタルを持つことも可能になる。

 不適切動画を投稿する人たちを他山の石として、いまの自分の「承認欲求」が何によって満たされているか、一度考えてみる機会にしてもいいかもしれない。

【※注/マズロー「欲求の階層」説の「第5段階」は、自分の持つ可能性を最大限発揮し、あるべき自分になりたいという「自己実現の欲求」】

◆参考文献:アブラハム・H・マズロー著『人間性の心理学 −モチベーションとパーソナリティ』(小口忠彦訳、産業能率大学出版、1987年)

関連記事(外部サイト)