ドン・内田茂氏、影の司令塔として力を取り戻し小池都政追及

かつての『都議会のドン』内田茂氏が“影の司令塔”として存在感 二階俊博氏と会談

記事まとめ

  • かつて『都議会のドン』と呼ばれた内田茂・元東京都議が、力を取り戻しているという
  • 自民党が小池都政を追及して大紛糾する中、“影の司令塔”として存在感を強めている
  • 二階俊博幹事長が内田氏に助力を求めるほどだといい、都庁幹部の間に緊張感が拡大も

ドン・内田茂氏、影の司令塔として力を取り戻し小池都政追及

ドン・内田茂氏、影の司令塔として力を取り戻し小池都政追及

自民党の二階俊博幹事長(時事通信フォト)

 その会談は「ドンの復権」を見せつけた──。自民党きっての実力者、二階俊博・幹事長(80)がかつて「都議会のドン」と呼ばれた内田茂・元東京都議(80)に“手打ち”を持ちかけたのは都議会が紛糾するさなかの3月7日だった。

 場所は東京都内のホテル。会談は昼食を取りながら1時間ほど行なわれた。自民党都連関係者が語る。

「会談を呼びかけたのは二階さんからです。二階さんは来年の都知事選で小池百合子・都知事(66)の再選を『全面的に協力する』と発言し、都連の強い反発を浴びた。そこで事態収拾のために内田さんと、後継の都連幹事長の高島直樹・都議(68)を食事に誘って都連の怒りを鎮めようとした」

 内田氏といえば、長年、都議会に君臨し、“影の都知事”といわれる権勢を誇った。一地方議員ながらその力は中央政界にも及び、内田氏の夫人の葬儀(2015年)は安倍首相が自ら葬儀委員長を務めた。

 しかし、小池氏が登場すると「都政のブラックボックス」の象徴と批判を浴び、前回都議選(2017年)で引退、事実上、失脚したと思われていた。

 それがいつのまにか“大幹事長”の二階氏が助力を求めるほどの力を取り戻している。都議会は連日、自民党が小池都政を追及して大紛糾しているが、その“影の司令塔”として内田氏が存在感を強めている。

「都議会で予算審議が始まった3月から内田さんは以前のように議会棟に顔を出している。内田氏が現われたことで、都庁幹部の間には緊張感が広がっています」(都庁職員)

 二階氏との会談ではどんな話し合いがなされたのか。同席した高島氏に聞いた。

「二階先生から『食事をしよう』という電話が来て内田先生と一緒に行ったのは事実です。『二階さんの発言は、知事選の候補を早く決めるというエールだと受け止めています』と話をしたら、二階さんも『そうだ』と。

 都知事選で小池支持なんて100%ありえない。内田さんも同じ思いだと思いますし、二階さんが来年になっても同じことを言うようなら今度はこっちから幹事長室に押しかけて喧嘩します」

 週刊ポストでは、内田氏のほか「地方政界のドン」と言える50人の全実名を紹介している。

※週刊ポスト2019年4月5日号

関連記事(外部サイト)