早慶大学入試の難度アップ 現役合格最多のツートップ校は

早慶大学入試の難度アップ 現役合格最多のツートップ校は

3年間で3749人も志願者を減らした早稲田大学

 今年の私立大学入試は、全体の志願者数は増加したものの、定員の厳格化によって受験生の安全志向が強くなったために、難関大学の志願者はむしろ減って難易度が上がるという結果に終わった。その影響からか、早稲田・慶應の合格高校ランキングは常連の進学校がズラリ。大学通信・常務取締役の安田賢治氏が今年の早慶入試を総括する。

 * * *
 今年の私大入試は志願者が4%以上増えた。少子化が進む中で志願者が増えているのは、受験生が併願校を増やしたことに他ならない。定員の厳格化で難関大の難易度が上がっていることに加え、来年はセンター試験最後の年。今年以上の安全志向になると見られるため、今年中に合格を決めたい受験生が多かったのだ。

 それは早稲田大、慶應義塾大も例外ではない。今年は両校とも志願者が減った。早稲田大の志願者は5%(5871人)減で11万1338人。早稲田大は初めて私立大志願者数ランキングで5位に落ちた。慶應義塾大は2年連続の減少で、志願者は3.3%(1426人)減の4万1875人だった。

 学部別の志願状況では、早稲田は法が昨年に比べて8.3%、国際教養が8.5%の志願者増。2学部とも今年の入試で人気になった学部だ。慶應では医学部が0.2%、環境情報が6.5%の志願者増だった。

 逆に大きく減少したのは、早稲田では教育で15.9%減、社会科学も14.1%減で、ともに2000人以上の減少だった。教育は今年から一般入試の募集人員を減らしたため敬遠され、社会科学は学内併願がもともと多く、それが減ったと見られる。理系より文系学部の減少幅が大きく、安全志向が顕著だった。

 一方、合格者を見ると、定員近くに入学者を絞る国の政策が2016年から始まったことにより、私立の各大学は合格者を減らしている。早慶の当初合格者は、早稲田は5人減の1万3962人、慶應は78人減の8113人と、ほぼ昨年並みだったものの、3年で早稲田大は3749人、慶應義塾大は728人減らしている。やはり定員厳格化の影響は大きい。

 そんな中で、早稲田大、慶應義塾大の合格者が多かった学校はどこか見ていこう。

 早稲田大は12年連続で開成(東京)がトップだった。合格者は昨年より8人減った。学部別では基幹理工、先進理工の2学部でトップ。2位は43人増えた聖光学院(神奈川)で、政治経済学部でトップに立った。

 3位は11人増で公立トップとなった都立の日比谷で文学部トップだ。同じく3位は昨年に比べて63人増で22位からアップした浅野(神奈川)。社会科学、創造理工の2学部でトップに立った。もともと慶應に強いことで知られる浅野だが、今年は早稲田大でも躍進した。早稲田の受験者が昨年より増えているからだ。5位は20人増の渋谷教育学園幕張(千葉)だった。

 早稲田の他学部のトップを見ると、教育と商の2学部は城北(私立・東京)、国際教養学部は頌栄女子学院(東京)、埼玉の所沢キャンパスにある人間科学とスポーツ科学の2学部は地元の栄東だった。

 現役合格者数を見ると、トップは聖光学院の167人だ。全合格者に占める割合は8割を超える。2位が浅野、3位が豊島岡女子学園だ。早慶など大手の私立大は浪人が多いと思われているが、今は浪人生は減少している。現役進学志向が高まり、併願校数が減っている。昔のような「何が何でも早稲田」という受験生が減っており、記念受験も今はほとんどしない。

 昨年のデータで見ると、学内併願率(延べ志願者数÷実志願者数)は早稲田が2.17、慶應は1.47に過ぎない。早稲田はセンター試験利用入試を行っていることもあって併願者が多いが、それでもたくさんの学部を受けている受験生は少ないことが分かる。

 慶應は学部別の入試1回だけだ。なかでも理工学部では、単願(他の学部は受けない)受験生が84.3%にも上っている。現役合格者の割合も昨年は早稲田が67.6%、慶應が61.3%だった。トップ校の進路指導教諭は「昔に比べて、浪人すれば東大に合格しそうな生徒が、現役で早慶に進学する生徒が増えました」と言う。浪人生が減っていることも影響しているようだ。

 次に慶應義塾大の合格者の多い学校を見てみよう。トップは6年連続で開成。昨年より16人増えて181人合格だった。経済と理工の2学部でトップだ。8人差の2位が浅野で、商学部でトップ。3位は11人増えた日比谷と26人増えた聖光学院だった。5位は渋谷教育学園幕張だ。

 他学部のトップを見ると、文学部は鴎友学園女子(東京)、法と環境情報の2学部は頌栄女子学院、医学部は桜蔭(東京)、総合政策学部は東京学芸大附(東京)、看護医療学部は山手学院(神奈川)、薬学部は桜蔭、渋谷教育学園渋谷(東京)、湘南(神奈川)の3校だった。女子校が強い印象だ。

 現役合格者数を見ると、トップは浅野の130人、次いで聖光学院の107人、日比谷の94人の順だった。現役合格者数では早稲田も慶應も浅野と聖光学院がツートップだ。72人で9位に入った洗足学園(神奈川)は慶應大合格者の全員が現役だった。

 早慶のトップ5を見ると、順位は違うがまったく同じ顔ぶれだ。しかも、すべて東大合格者が30人以上で、東大合格者ランキングとの関連は深い。それだけ併願しているということだろう。

 また、早稲田は慶應の1.7倍の合格者を出している。ところが、慶應の合格者が早稲田を上回っている学校も少なくない。

 浅野は早稲田が168人で、慶應が173人と慶應のほうの合格者が多い。それだけ慶應人気が高いということだろう。ともに10人以上合格している学校で、差が大きい学校を見ると、国際基督教大(東京)が早稲田19人に対し慶應が37人で慶應のほうが倍近い。

 同様に女子校の東京女学館(東京)も10人と21人だ。宇都宮(栃木)は27人と37人、灘(兵庫)が18人と28人、岐阜(岐阜)が21人と30人、女子校の田園調布雙葉(東京)が11人と19人、洛南(京都)が20人と28人などとなっている。今年は、東京では女子校、さらに地方のトップ校で慶應人気が高かったといえよう。

関連記事(外部サイト)