「小池都知事が信用されない理由」自民党都連幹事長が激白

「小池都知事が信用されない理由」自民党都連幹事長が激白

自民党都連の高島直樹幹事長

 安倍晋三首相の総裁4選発言や細野豪志氏ら無所属衆院議員の自民党入りを主導する自民党の二階俊博幹事長の言動が注目を集めている。とりわけ波風を立てたのは小池百合子東京都知事との面会直後に飛び出した「再出馬なら全面的に協力する」との発言だった。

 黙っていられないのは、2017年の都議選で小池氏率いる都民ファーストの会に大敗を喫した自民党東京都連である。反発を受け二階氏は発言を封印したが、15日にはホテルオークラの「山里」で小池氏と3時間にわたって会食し、再び都連を刺激した。

 2020年夏に知事選が迫る中、小池氏から「都議会のドン」と槍玉に挙げられた前都議の内田茂氏の後任の都連幹事長、高島直樹都議(68)はどう受け止めるのか、話を聞くと、意外な反応が返ってきた。(取材・文/広野真嗣)

 * * *
◆二階・内田・高島会談の中身とは

──3月4日、二階氏の小池支持発言があった。

高島:発言があってすぐ、各方面から「高島、あれは撤回させるべきではないか」と忠告する電話がかかってきたけれど、僕は冷静で全然そうするつもりはありませんでした。

 なぜかというと、一年半前の都議選で、自民党が擁立した60人の候補のうち37人が落選した。その時、二階幹事長は松本楼(日比谷)に落選候補も含めた全員を招いて、「4年間大変だが、頑張ってやっていこう」「自分も支える」と言ってくれた。都連や都議会自民党の思いは理解してくれていると思っています。

 だから発言は「お前早く知事候補を決めねえと、こんなひどい目に遭うぞ」とエールを送ってもらったと思っているのよ。うそ偽りありません。

──発言の二日後に、都連最高顧問の内田茂氏と共に二階幹事長と都内のホテルで昼食をとられた。

高島:実は内田先生からも「どうするの?」と心配されていました。すると二階先生から「ご飯食べようぜ」という電話が来てさ。会ってみると、同席された林幹雄・幹事長代理から「まさに高島の言う通り」と言われました。違和感もないよ。

──過剰反応を控えるということかもしれませんが、知事選まで一年半を切る中、候補者を巡って鈴木大地・スポーツ庁長官などさまざまな人の名前が挙がっている。

高島:挙がっている人の名前についてはわからないが、いろんな人の名前が挙がっていて、意欲がある人の身体検査をするなど都連もかなり動いていることだけは言っておきますよ。

◆小池百合子という政治家が信用されない理由

──昨年11月、小池知事が高島都連幹事長に陳謝したと報じられたが、その際にも二階幹事長が同席していた。

高島:あの時も二階先生から会食のお誘いがあり、伺ってみると小池知事も同席するということでした。会うと小池知事からは、都の税収減につながる国主導の地方税の再分配に対する“反論”に協力してほしいと依頼をいただいたが、僕はこう答えたのです。

 一つは、都議会自民党は石原慎太郎知事時代から、地方の自治体のための物産展を開くなど“東京独り勝ち”とならないよう、さまざまな努力を積み重ねてきた。これに対して小池さんは都連副会長や党本部の総務会長など政府・与党の要職を歴任してきたにも関わらず、その間、偏在是正の問題について、ただの一度も、コメントされたことはありません。

 もう一つ、37人の落選した仲間の思いを背負っているから、僕は裏切ることはできません。小池知事は『高島さん、それはこっちに置いといて』といわれたが、そうはいかない。2年間、好き勝手に批判をしておいて、今度は仲良くしましょうよと言われても、そうですかとは言えませんよ。

 一昨年10月に希望の党を設立した小池知事は、全国津々浦々に候補者を擁立した。公明党の太田昭宏元代表の東京12区、関係が深い鴨下一郎衆院議員(現都連会長)の同13区を除き全国の選挙区に候補を擁立して安倍政権と対峙した。

 結果はご承知の通りでしたが、横っ面を殴られた方の自民党は忘れないわな。税制の話になった途端に、「議会と協力は不可欠だ」とかいって、寄ってこられても信用できないということです。

◆現職再選支持で始まる

──自民党が候補者擁立に難航した場合、再選を目指す小池氏の推薦に回る可能性は?

高島:まず100%ないでしょう。仮にそういう判断を強いられるならば、僕は都連幹事長を辞めますよ。落選した37人も、現職にある23人も、前の幹事長の内田茂も同じ考え方だと思う。もちろん小池さんが憎いわけではないが、人間としてどこまで信用できるかと思うとね。やはり自分の生き方でいえば嘘つきたくないわけ、口先だけで誤魔化したくない。

──2000年、石原都知事(当時)に請われた野中広務氏が都議会自民党の「三羽烏」と称された川島忠一、内藤尚、内田茂の3人を招いて築地の料亭で引き合わせ、それがきっかけとなって議会が承認しなかった浜渦武生副知事の人事が動き出したという逸話があります。今回も、構図としては国政の二階幹事長が仲介役という意味では一見、似た構図。しかし細野氏の自民党入りなど一連の行動と並べてみると、動機はやや異なり、二階幹事長の事情から小池氏と都議会自民党の間を取り持っているようにも見えなくもない。

高島:それはしようがないと思っているの。ただ来年になっても二階さんが同じことを言ったらば、その時は幹事長室に行って喧嘩しますよ。役職でなく人間としてつきあっているわけで、その喧嘩を受けてくれるのが、あの二階さんという人。『高島お前よ、我慢しろよ』ということになるならば、「我慢できません。60人に説明できますか」という話になるでしょう。

──高島幹事長と面会して1週間後、15日に小池氏と二階さんが面会した。

高島:腹が立ったかって? ぜんぜんです。『あっそ』ってくらい。マスコミではその日、同じオークラの山里に安倍首相も来ていたことに様々な憶測が広がっているようだが、(総理の会合と二階・小池両氏の会合は)全く別々だと聞いている。

──1月に都が公表した築地再開発の「素案」は抽象的な“白紙”に近い内容です。広大な跡地の真ん中をわざわざ自民党のような対抗勢力の意向に従って自由に描けるような、小池知事が得意とする“アウフヘーベン”する余地を残したプランにも見える。

高島:それは考えすぎですよ。ただ信用できるかどうかは別にして、僕は小池さんを憎んでいるわけではない。議会人としてはいろんな場面があっていいと思っていて、話したい、と言われれば受けるし、何もかも批判するわけではない。だが、きょうまでの段階では、とても手を握れるような場面はないね。

関連記事(外部サイト)