昭和天皇の初孫 逝去前に両陛下が「お忍びお見舞い」

昭和天皇の初孫 逝去前に両陛下が「お忍びお見舞い」

東久邇信彦氏(1960年代撮影)

 昭和天皇の初孫で、今上天皇の甥にあたる元皇族の東久邇(ひがしくに)信彦氏が、3月20日に74歳でこの世を去った。終戦の半年前、東京大空襲の最中に防空壕で産声を上げた東久邇氏は、2歳の頃に皇籍を離脱したため、一生のほとんどを民間人として過ごした。親交のあった知人が話す。

「幼少期からとても大切に育てられ、食あたりを起こしてはならない、と生魚が食卓に上ることがなかったといいます。そのため、大人になってからも刺身は食べられず、お寿司をご一緒したときには、玉子や穴子ばかり口にしていました」

 もともとがんを患ったりと持病はあったものの、周囲には予期せぬ急逝だった。

「少し前に、趣味のゴルフへ向かうためバッグを車に積み込む際、トランクに頭をぶつけたそうです。その傷に菌が入って化膿し、体調を崩した。亡くなる2週間ほど前に、天皇皇后両陛下がお忍びでお見舞いに来られたそうです」(同前)

 両陛下とは、皇族と民間人という立場の違いはあれど、長く交流を続けていた。

「新年祝賀など皇室行事はもちろん、陛下の誕生日を祝う食事会にも招待されていた。同年代で気心が知れていたこともあり、パーティーで顔を合わせると、陛下から歩み寄って“やあ、ごきげんよう”と東久邇氏に声をかける関係でした。皇居に招かれ、皇室の将来や国民の暮らしについて議論されることもあったそうです」(皇室ジャーナリスト)

 平成のフィナーレを見届けずに旅立った東久邇氏は、あの世から退位を見守る。

※週刊ポスト2019年4月5日号

関連記事(外部サイト)