新元号発表直前、ロイヤルファミリーが日本各地でスマイル

新元号発表直前、ロイヤルファミリーが日本各地でスマイル

在位中、最後の古都帰還(撮影/JMPA)

 4月1日の新元号発表を目前に控えて、ロイヤルファミリーが日本各地にお出ましになられている。行く先々で国民からの歓迎を受けられる皇族方は、満面の笑みでお応えになられる。新たな物語の始まりを前にしたロイヤルファミリーの春を追った──。

 5月1日から上皇・上皇后になられる両陛下は京都御所での茶会出席と神武天皇山陵の参拝のために京都、奈良を訪問された(3月25〜28日)。新幹線で京都入りされた際、美智子さまはケープスタイルのスーツ姿で、いつものように陛下と腕を組んで歩かれ、駅前に集まった人々に笑顔で手を振られた。

 その後、茶会では関西出身の歌手・坂本冬美(51)らと懇談された。陛下が「父祖の地である、この京都において、皆さんとともに、ひと時を過ごすことを誠にうれしく思います」と語られたように、在位中最後の古都帰還は充実した時間となられた。

 一方、恒例の春スキー旅行のため、長野を訪問されたのは皇太子ご一家。こちらも駅前で出迎えた人々にロイヤルスマイルでご挨拶。この日、愛子さまがご両親とお揃いのタートルネックセーターの上にお召しになっていたケープは、まさに美智子さまテイスト。ロイヤルファッションも世代を超えて受け継がれていく(3月25日、JR長野駅)。

 長野駅でお迎えする大勢の人々のなかで、ご一家が真っ先に歩み寄られたのは電動車いすに乗った井上郁美さん。3年連続で雅子さまと話をしているという彼女が、自宅で羽化したアゲハ蝶の写真をお見せすると「よく撮れています」と雅子さまは笑顔を浮かべられ、愛子さまも「この蝶は見たことがありません」と続けられた。

 毎年、美智子さまが主催されている『音楽大学卒業生演奏会』(3月20日)。最後となった演奏会には皇太子ご夫妻もご一緒され、プログラム片手に楽しげな会話が弾まれた。来春から雅子さまがこのお務めを引き継がれる。

※女性セブン2019年4月11日号

関連記事(外部サイト)