統一地方選 大阪「春の陣」は公明2人のキーマンが戦闘態勢に

統一地方選 大阪「春の陣」は公明2人のキーマンが戦闘態勢に

内田茂・元東京都議(時事通信フォト)

 4月に行われる統一地方選の知事選や市長選は与野党対決ではなく、与野党相乗りの選挙が多い。

 かつて、東京都議だった内田茂氏(80)が「都議会のドン」と呼ばれていたことは記憶に新しいが、“ドン”と呼ばれる「地方政界の実力者」は野党に太いパイプを持つことが力のバロメーターになり、「非自民党のドン」も現われる。

 福島政界を仕切る亀岡義尚・県議(55)は旧民主党、奈良の川口正志・県議(85)は社民党出身だ。鹿児島市議会には、共産党を除籍されても無所属で当選(10期)を続けて市政に一定の影響力を持ち、“裏の市長”の異名を取る平山孝・市議(75)がいる。

 また、大都市の選出県議や首長が「ドン」になるとは限らない。

 長野県川上村で4期連続無投票当選(通算8期)を続けている藤原忠彦・村長(80)は、知事の後援団体議長や県土地改良事業団体連合会会長など多くの団体のトップを歴任し、「選挙になれば人口5000人足らずの村の村長に知事が挨拶に来る」といわれるほど県政に隠然たる力を持つ。

 見落とせないのがほとんどの地方議会で与党となっている公明党議員の力だ。

 統一地方選で最注目となった大阪府知事選と大阪市長選のクロス選挙でも、キャスチングボートを握るのは府議会では公明党大阪府本部幹事長の林啓二・府議(66)、市議会では同党府本部代表代行の小笹正博・市議(66)と見られている。自民党府連幹部が語る。

「ベテランの2人は支持母体の創価学会に食い込んでいて大きな票を動かせる。だから維新との交渉を担ってきた。

 しかし、今回は松井一郎・前府知事が非公開の約束だった林府議との合意文書を暴露したうえ、府議選で林さんの選挙区に元代議士の大物刺客を立てたことに怒り心頭です。小笹さんら府本部の幹部たちも“売られたケンカは買う”と戦闘態勢に入っている」

 大阪“春の陣”で維新は公明の実力者という強敵を敵に回した形だ。

 この国の権力構造を支えているのは、政権中枢で大きな顔をしている「表の権力者」ではなく、知られざる地方のドンたちであることが浮かび上がってくる。週刊ポストでは、彼ら「地方政界のドン」と言える50人の全実名を紹介している。

※週刊ポスト2019年4月5日号

関連記事(外部サイト)