就活 人事が教える「エントリーシートの差別化」の罠

就活 人事が教える「エントリーシートの差別化」の罠

エントリーシートや履歴書の書き方指南書は数多くあるが…

 本格的な就職活動シーズンが始まった。大手企業では、エントリーシートの受付が始まっている。エントリーシートは内定にたどりつくための「最初の関門」と言えるが、他の就活生との「差別化」を考えた結果、逆効果になるケースが多いという。就活塾・キャリアアカデミーの宇佐川景子氏が解説する。

 * * *
 2020年卒の就活が解禁されました。「エントリーシートをどう書けばよいかわからない」と悩んでいる就活生も多いと思います。就活塾「キャリアアカデミー」の講師によると、メガバンクには毎年、2万通程度のエントリーシートが提出されるそうです。大量の応募の中から選ばれ、内定を獲得できるエントリーシートはどのようにしたら書けるのでしょうか。

 採用担当者は口を揃えて「就活生のエントリーシートは似たり寄ったり」と言います。これはやむを得ないことです。就活生は全員、小・中・高・大と、多少の違いはあれ、画一的な環境で育ってきており、その中でしてきた経験は、バイト、サークル、部活、ゼミなど、バリエーションが限られてしまいます。できるだけ悪いことは書かないようにして、しかも、みんなネット上にあるエントリーシートの書き方を参考にするから、どうしても個性が出せないのです。

 就活ノウハウ本には、「似たり寄ったりのエントリーシートにならないように差別化しよう、そのためにと『苦労したこと』『工夫したこと』『学んだこと』など、エピソードを具体的に書こう」と書いてあります。しかし、同質化した就活生が、同じアドバイスを参考に書くのですから、結果として出来上がるエントリーシートはやはり同じような内容になります。

 例えば、「個別指導塾講師のアルバイトで、担当生徒との距離を縮めるために雑談の時間を設けた。結果、成績が上がった」「サークルの幹部になったが、メンバーが積極的に活動に参加してくれずに苦労した。一人ひとりと話し合うことで、チームの結束を取り戻した」「留学先で……」など、こうしたエピソードは就活生がみな語るものです。差別化しようと一生懸命考えているのですが、採用担当者は、何年間も同じ内容のエントリーシートを読み続けています。小手先の差別化は、差別化にならないのです。

 他の就活生とは違うエントリーシートを書くためには、どうしたらいいのでしょうか。かつて大手企業人事部において採用を担当していたキャリアアカデミーの講師は、「差別化の差別化」を意識することが大切だと言います。

「多くの就活生が取り組んでいる、エントリーシートや面接での回答の差別化は、差別化になっていないことに、早く気がつくべきです。人事の気持ちに立てば、同じような話を何人もの就活生から聞かされるのはつらいことは想像できると思います。

 私が就職の時は、よくありがちな『サークル』とか『部長をやって…』というエピソードは一切出さず、かわり『経営』について語りました。親が自営だったことから、経営について話したんです。もちろん付け焼き刃ではだめですが、それが本当の差別化につながったと思います。

 他の就活生が思いつくような、マニュアル化された差別化の方法は全部やめる、つまり“差別化の差別化”が必要です。大学内の就職セミナー、合同説明会などに参加してももちろんよいのですが、それは差別化とは逆の方向の努力になります。

 現在私は講師として、受講生に、世界で一枚のエントリーシートを書くように指導しています。難しいことではありません。先輩たちのマネをしなければいいんです」

 可能なら、同じ就活生や先輩たちのエントリーシートを数多く見せてもらうといいでしょう。そこで何度も出てくるような「こんな苦労をしたけれどこうやって克服しました」というエピソードは、すでに「差別化の罠」にはまっていると言えると思います。

【プロフィール】うさがわ・けいこ/1994年東京生まれ。早稲田大学卒業後、大手損害保険会社に入社。2018年8月より、就活塾「キャリアアカデミー」に参画し、同社が運営する就活ブログの執筆を務める。https://www.c-academy.co.jp/

関連記事(外部サイト)