暴力団幹部「不動産投資詐欺は真心をこめて人を騙す」

暴力団幹部「不動産投資詐欺は真心をこめて人を騙す」

不動産投資詐欺を暴力団幹部が解説

 警察の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、特殊詐欺の最新事情についてレポート。

 * * *
「警察は、事件が発生してからでないと捜査しないからね。捕まえる前のことや、事件になる前のことは、よく知らないのが現状だ。当然、俺たちも捕まる前のことについて警察に情報を漏らしたりなんてしない。やり口なんていくらでもあるんだよ。振り込め詐欺にしてもな。オレオレで流行したような手口なんて古い、古い」

 特殊詐欺の手法は次から次へと変化しており、警察の取り締まりとイタチごっこの様相を呈している。今の特殊詐欺について話を聞こうと、暴力団幹部を訪ねた。

 取材場所として指定されたのは六本木のカフェ。大きな窓から柔らかい日差しが差し込み、とても心地よい。雰囲気はスタバやタリーズに似ていて今風のカフェだが、隣の席との距離は離れている。

「特殊詐欺なんていわれても、別に特殊なことをやっているわけじゃない。ちょっとした法の網目やシステムの穴を探して使ったり、人の心理を利用したりして手口を考えてるだけなんだけどね。やり口はそれぞれだ」

 幹部が注文したのはアイスコーヒー。シロップとミルクはなし。

「オレオレのなりすましは劇場型の振り込め詐欺だろ。複数のやつが役割分担を決めて電話をかけて、驚かせてあせらせてね。電話をかけるのも、今の主流はフィリピンや韓国からだね。転送サービスを使えば、簡単に03や090発信にできるからさ。本局を向こうに持っていって、日本人がやっている。日本だと経費がかかるし、海外だから捕まらない」

「還付金詐欺はやっても微々たる金しか入ってこない。薄利多売だよ。詐欺としては息は長いけどね」

「保証金詐欺も一時期は多かった。ターゲットに『こちらは△△救済センターです』と電話する。“振り込め詐欺救済法”を利用した手口だ」

 この法律は、振り込みを利用した詐欺被害に対して、回復分配金を受けとれるという救済だが、申請が必要で、犯人が預金口座からお金を引き出す前でなければ効力がない。

「ここがミソ。この救済法は詐欺の相手に振り込みしていることが条件だから、ターゲットとしては金を取りにきた相手に直接、現金を手渡したやつを狙う。条件から除外されているやつらさ。この手口は手がこんでいたが、電話が2台あればいいからね。やっていたのは日本人。今はもっと手口が巧妙だけどね」

 苦笑いしながら、幹部がアイスコーヒーをすすった。

 手口が巧妙とはどういうことか?

「最新のやり方は教えられんけどね。似たような話はいくらでもある」

 後から足音が聞こえると、幹部は話すのを止めてグラスに手を伸ばした。席の横を人が通り過ぎるのを待つ。幹部が話し出したのは不動産投資についてだ。

「オレオレで儲けると、飲みに行くか、時計を買うか、車を買うかだ。次は店を持ちたくなる。水商売をやったり、飲食やアパレルや。そのうち何かに投資したり不動産を買ったり。不動産投資詐欺なんて、オレオレの味をしめたやつらがやっているのさ。リスト屋から名簿を買って、価値のないようなワンルームマンションを高値で売る」

 詐欺のターゲットは、“詐欺にあった人リスト”で探すという。騙された人のリストは、1件につき50円程度。1件10円の安いリストもあるが内容が薄く、住所氏名などの基本的情報と金額程度の情報でしかない。リストが入ったCD-Rを1枚100万とか50万円で買うが、このリストには誰がどこで、どんな風に、いくら騙されたかという詳細な情報が載っているらしい。

「でもさ不動産というのは不思議なもんで、詐欺みたいな会社でも、やっているうちにまともな会社になってくるんだよ。資産を持つと、銀行でオーバーローンを組めるようになるし」

 オーバーローンとは、住宅に必要な額以上を銀行に融資してもらうことをいう。

「まともといっても、“かぼちゃの馬車”みたいな会社だけどね」

 ここでいう“かぼちゃの馬車”とは女性専用シェアハウスのブランドで、それを展開していたスマートデイズという会社がサブリース家賃の不払いで経営破たんしたのは記憶に新しい。

「ああいう会社はオレオレの特性を利用しているんだよ。ワンルームの投資マンションなんて、いかにもオレオレ的だよ。ここで利用するリストもリスト屋から買うんだ。上場企業を退職したばかりぐらいが一番のターゲットだね。『お子さんに残してあげられますよ』という口説き文句のマニュアルがある」

 リストは次から次へと入手され、ターゲットに合わせた“販売マニュアル”まであるという。

「衣食住っていうだろう。衣食が足りても、人はまず住む所ありきだ。住む所がないと人間は落ち着かない。どんないい服、どんないい食べ物より、いい家に住んでいるのがステータスさ。今の時代、人間の価値観を高めるのは持ち家だ。詐欺みたいな不動産投資話はそこにつけ込むのさ」

 グラスの中の氷がカランと音を立てる。

「不動産投資詐欺は真心をこめて人を騙すのが仕事さ」

 幹部がニヤリと笑った。どこかで似たようなキャッチコピーを聞いたことがあるのを思い出した。

関連記事(外部サイト)