オレオレ詐欺グループ 諜報機関スパイと同じ手法で業務連絡

オレオレ詐欺グループ 諜報機関スパイと同じ手法で業務連絡

記事画像

 情報を守り、自由を保持するために、送るメッセージの秘密を守りたい。そんな人のために開発されたアプリ(メッセンジャー)は、送信した内容を記録ごと自動的に消去する機能を持つ。機密性の高さで人気を集める一方で、オレオレ詐欺の世界で広まり犯罪にも利用されている。ライターの森鷹久氏が、ますます見えないところへ潜って活動し、ネットワークを広げるオレオレ詐欺の世界についてレポートする。

 * * *
 ついに起きてしまった「アポ電強殺事件」。逮捕された男のうち一人は、SNS上で「音信不通になったオレオレ詐欺の受け子」として顔写真が晒されていた。この事例からはオレオレ詐欺に加担する人たちの遵法意識の低さがうかがわれるが、それだけでなく、彼らがネットを介して知り合い、簡単に犯行に手を染めている様子や、その実態も見えてくる。

 筆者もこれまで、オレオレ詐欺グループの実情について受け子や出し子たちが「保証金」を支払わなければならないほど、詐欺グループ内の人間関係が崩壊しているなどといった詳細を記してきた。今回は、実際にSNS上で詐欺などの「裏仕事」をやってきたという複数の人物と接触。彼らが生息する「詐欺業界の末端」で何が起きているのかを聞いた。

「大学を辞めて学生ローンから借りた借金が70万円あった。パチンコにもハマっていて、とにかく切羽詰まっていた時に、ツイッターで“高額バイト”とか“闇バイト”などとうたい仕事の募集をしているアカウントを見つけ、返信したんです」

 南関東在住のアルバイト・横山茂樹さん(仮名・27歳)が、ツイッターを通じて「裏バイト」に募集したのは、ちょうど一年半前のこと。ギャンブルで作った借金に加え、浪人や留年を繰り返した末に大学を辞め、自暴自棄になっていた頃だった。

「すぐDM(ダイレクトメール)で、と返信が来ました。DMでは“明日から仕事できますか?”と聞かれましたが、どんな仕事かを聞くと“まずはGメールに登録してください”と言われて。最初意味がわかりませんでしたが、新しくアカウントを作りました」(横山さん)

 Gメールは、グーグル社が提供する無料のメールサービスで、同社によれば世界のアクティブユーザーはおよそ10億人。誰もが気軽に使える、安心、安全のサービスとして認識されているが、詐欺グループはこのGメールを連絡ツールとして利用した。

「Gメールのアカウントを作ると、相手にIDとパスワードを教えるよう言われました。メールでやりとりすると思っていたのですが、二人で同じアカウントに入り、下書きメールにお互いに書き込んで連絡を取り合うんです。こうするとバレない、と言われました」(横山さん)

 実はこの方法、辞任したCIA長官が不倫相手との連絡方法として用いたことでも知られるが、諜報機関に所属するスパイたちが仲間と連絡を取り合うのに使った手法でもある。メールでのやりとりがなされないため情報が拡散しないのだ。そして、Gメールサイトにアクセスした形跡は残っても、下書きメールをその都度消していけば、どんなやりとりをしていたかもメールの中味を見られただけでは分からない。 この方法によって横山さんに指示された仕事は、いわゆる「現金の運び屋」だった。携帯からGメールにアクセスし、都内某所で待ちわせた男性から現金の入った封筒を受け取り、埼玉県某市のターミナル駅にある指定のコインロッカーに入れた。

 横山さんはもちろん「詐欺の片棒を担いでいる」という自覚はあったが、そこまで罪悪感を感じずに仕事をすることができた。携帯のメールボックスには何も残らないからバレようがないし、仮に逮捕されても「知らなかった」とシラを切れば、実刑になる可能性も低く、仮になったところで刑期もたかが知れている。Gメールでのやりとりで、相手からこのように説き伏せられていたのである。

 報酬は「現金では足が付く」といわれ、iTuneカード1万円分のコードが送られてきたのみ。最後にGメールのアカウントの消去を命じられ、やりとりは終わったのだった。横山さんはこの一回限りで"仕事"はしなかったが、今でも後悔はしていない。

「バレる気もしなかったし、ただ運ぶだけ。報酬が意外に安かったし、もうやんないってだけです」(横山さん)

 一方、つい最近までSNSを通じて「闇バイト」に応募したり、時には自らリクルーターもやっていたという神奈川県在住の山本ユウイチさん(仮名・20代)は、より現代的な方法で、詐欺グループメンバーと連絡を取り合っていると話す。

「“テレグラム”というメッセージを暗号化できるアプリでやりとりしていました。オレ(オレ詐欺)やってるやつならみんな使ってますね。ツイッター上で“高額バイト”とかいって人を集めたりしますが、そこで具体的な仕事についてやりとりをすることは絶対にない。だからツイッターでオレの募集をかけて警察に目つけられても、やりとりは全てテレグラムだから証拠がない。ツイッターで堂々と募集するアカウントが増えるのもこれが理由です」(ユウイチさん)

 2013年からサービスが提供されているロシア製のインスタントメッセンジャー「テレグラム」は、音声や画像などあらゆるファイルを送信でき、大人数のグループチャットに対応、スマホアプリだけでなくPCからも使いやすいことから、仮想通貨コミュニティで人気に火がつき、ユーザーは2億人を超えると言われている。高度な暗号化技術は、利用者の自由と情報を守るために開発されたものだが、2015年に起きたパリ同時多発テロの際にイスラム国メンバーらが連絡手段として利用するなど、悪用するグループも出現しているのが現実だ。

 このような手段が確立したからか、オレオレ詐欺の受け子や出し子たちはネット上で気軽に“仕事”という犯行を請け負うようになった。フリーランスがネット上で仕事を見つけ、自分でやり切れない業務量であれば知人に手伝ってもらい、やり終えたら報酬をもらうかのような、そんな様相だ。「金が無い時は、闇仕事アカウントに連絡して、受け出し(受け子や出し子)メインでサクッと稼ぐ。受け出しに人が必要なら、自分が"高額バイトあります"のアカウント作って募集する」(ユウイチさん)

 こうなると、もはや誰が指示役で誰が末端なのか、よくわからなくなってくる。一見、末端部がさらに下請けに詐欺の現場仕事をふっているという風にも見えるが、一件の詐欺に一体どれだけの人間が関わっているのか誰も知らないし、指示を出してきた組織に金を持ち込む方法も、手渡しや口座への振込、あるいは電子マネー化して、仮想通貨に変えて…と多岐にわたる。本物の詐欺の指示役にとってみれば、この複雑化は歓迎するべきことに他ならない。末端が逮捕されたところで、指令を出している自分にたどり着かれる恐れが低くなるからだ。他方、複雑化したことによって、詐欺グループ内でのトラブルも起きやすくなる。

「江東区の詐欺犯がネット上で晒されていましたけど、詐欺に関わる人間が多ければ多いほど、持ち逃げバックレは結構ありますね。保証金だけとって逃げるニセの裏仕事屋までいる。もうわけわかんないっすよ。今オレオレの出し受けやってる連中は、結構全国を転々としてる。各地で詐欺やって、知り合ったチンピラとかと仲良くなって、飲み屋でヤクザの名前を騙って好き放題やるんすよ。半グレよりバカで、何も考えてない。そりゃ勢いで殺しとかやっちゃうんでしょうね。“裏仕事”といえば詐欺関連ばかりでしたが、最近は泥棒とか、借金の取り立てとかも募集あるっすね。そういうのっていいカネ(報酬)出されるから、マジでやっちゃう奴いんのかな?なんて思ってましたけどね、いるんすね」(ユウイチさん)

 殺人事件が起き、ついに来るところまで来た「オレオレ詐欺」。警察当局も、これまでに無いほどの厳戒態勢で詐欺師の検挙に力を入れているが、やっと「詐欺師たちの春」に終焉の兆しが見えるのか、それともさらに酷い事件が発生するのか。筆者には予想もつかない。

関連記事(外部サイト)