外食で進む脱ワンコイン コスパ最強「かつや」のメニュー

コスパ最強の外食メニューを紹介 かつや「チキンカツと唐揚げの相盛り定食」など

記事まとめ

  • フードアナリスト重盛高雄氏が「“ちょい高”でもコスパ最強の外食メニュー」を紹介
  • 1位はかつやの「チキンカツと唐揚げの相盛り定食」で、豚汁も付いてくる
  • 2位は吉野家の「牛すき鍋膳」で、3位はマクドナルドの「グランクラブハウスセット」

外食で進む脱ワンコイン コスパ最強「かつや」のメニュー

外食で進む脱ワンコイン コスパ最強「かつや」のメニュー

消費者はちょい高でも「価値」を求めるようになっている

 デフレ全盛期の外食チェーン、とりわけファストフード店は安さを求める消費者に応えようと、ワンコインの500円をひとつの価格基準にメニュー開発を行ってきた。だが、近年は人手不足や原材料高、来るべき消費増税などの対策もあり、値上げも含めた「脱ワンコイン化」が加速している。そこで、フードアナリストの重盛高雄氏が、「“ちょい高”でもコスパ最強の外食メニューBEST3」を挙げる。

 * * *
 かつて、安さが代名詞であるファストフードは、500円を超えると売れない「デフレ時代」が長らく続いた。消費者が外食にかける1食の価格帯がワンコイン以内であって、店側もとにかく低価格にしなければ支持されないと、格安メニューの開発が商品戦略の中心となっていた。

 ところが、商品の安さと同時に、食の安心安全を脅かすような事件が頻発したこともあり、「安かろう悪かろう」が正しく認識される時代となった。安いものにはワケがある。それが理解できる商品しか売れなくなっていった。つまり、消費者のほうが商品の品質や価格の妥当性に敏感になり、賢くコストパフォーマンスを考えるようになったのである。

 商品の持つ価値と価格設定がほぼパラレル(並列)であることが求められる時代──。もはや、回転率や原価率を高く設定するビジネスモデルが人気を博したのも、ひと昔前の潮流になりつつあるようだ。

 そこで、店側はますます価格設定に頭を悩ませている。たとえば、人件費や原材料費の高騰を理由に販売価格の値上げもやむなしの昨今とはいえ、単なる価格の値上げは客離れに直結する。

 古くは同じ商品が地域により販売価格が異なる「地域価格」を設定した日本マクドナルドが、早晩価格戦略の見直しを迫られた。また、最近では一律値上げで業績不振に陥った鳥貴族も然り。消費者に継続しておトク感を与えられる“一味”がなければ、値上げによる売り上げ増は見込めない。

 さらに、今年の10月には消費税増税が控えている。コンビニや外食チェーンなどの飲食料品は持ち帰れば軽減税率が適用されて従来の税率8%のままだが、店内で食べれば10%の消費税がかかる。これにより持ち帰りの客が増えたとしても、当然ながら店側には梱包資材などのコストが余計に必要となり、企業業績に直結する支出増となる。また、キャッシュレス決済に対応することで消費者へのポイント還元なども予定されているが、店にとってはキャッシュレス時代への対応コストも膨大になる。

 結局、イートインかテイクアウトか、現金かキャッシュレスかにかかわらず、元になる価格設定によりコスパが評価されていく傾向はより強まるだろう。言うまでもなく、その商品が本当に消費者から支持されているか、または価値が認められているかが価格戦略のカギを握るのだ。

 いくら税率が変わっても食べることは生活にとって欠かせない消費行動。消費者が何を優先するかは人それぞれだが、過去のように安かろう悪かろう商品は選ばれることはない。選ばれるワケを創造できる商品が生き残る。

 今後はワンコイン(500円)よりは高いけれど、それでも消費者に選ばれ続ける「中間(価格)商品」がもっとも売り上げを稼げるボリュームゾーンになってくるだろう。そこで、現状ある“ちょい高”外食メニューで私がコスパ最強と考える3品を紹介しよう。

【1位】チキンカツと唐揚げの相盛り定食(かつや)/税抜き690円

 チキンカツと唐揚げを両方味わえる、まさに“チキン三昧”のメニュー。ボリュームも満点だが、唐揚げ2個は必要な十分な数。盛り合わせ皿の下部には醤油ダレがあり、衣部分の上下でパリパリ感としっとり感の違った味わい。大きめの具材が入った豚汁が付いてくるのも嬉しい。

 かつやはテーブルに常備してあり、単品でも販売されている「大根漬」が箸休め以上の存在感を放っている。カツ丼に欠かせないアイテムだが、チキンカツにも合い、かつやファンから多くの支持を得ている。

【2位】牛すき鍋膳(吉野家)/税抜き639円

 冬の定番商品となった吉野家の一人鍋。肉だけでなく野菜もしっかり食べたいという健康志向の時代に秀逸の鍋商品と言える。1食で半日分の野菜が摂れることも人気のひとつ。鍋用の固形燃料は燃焼時間が長くなり、匂いも軽減した。そのため、女性や高齢者などゆっくり食べても火が残り、最後まで温かく食する事が可能だ。

 肉のボリューム感が足りないという男性もプラス300円で肉を増量できる。そこまですると割高感があるが、クーポンなどを上手に利用すればコスパは高いメニューといえる。

【3位】グランクラブハウスセット(マクドナルド)/税込み790円

 2017年に登場した「グラン」シリーズは、もっちり感のある専用バンズに肉厚なパティ、それにトマトやレタス、オニオンなど野菜がふんだんに挟み込まれ、食べ応えは十分。味のバランスとボリュームで見れば「ビッグマック」を凌ぐ高単価メニューともいえる。

 追加料金でパティを倍にできる「夜マック」が好評な理由は、ズバリ既存商品のボリューム感に満足できていない顧客が多いから。今後はグランのように価格は高くても1個のハンバーガーで満足感を与えられる新レギュラーメニューの開発がより重要になってくるだろう。

関連記事(外部サイト)