イマドキ小学校 「起立、礼」を軍隊式の強制と捉えて廃止も

"あだ名禁止"の小学校現われ「さん付け」拡大 「起立、礼」軍隊式の強制と捉え廃止も

記事まとめ

  • 『いじめ防止対策推進法』以降"あだ名禁止"の学校が現われ、「さん付け」が広まった
  • 「起立、礼」は“軍隊式の強制”と捉える向きもあり、廃止した学校もあるという
  • 給食の完食強制は"虐待"とみなされて教員が処分されたり、保護者から訴えられた例も

イマドキ小学校 「起立、礼」を軍隊式の強制と捉えて廃止も

イマドキ小学校 「起立、礼」を軍隊式の強制と捉えて廃止も

学校生活は様変わりしている

「オレの消しゴム返せよ、鈴木さん!」「佐藤さん、掃除サボんなよ!」──。小学2年生の孫の授業を参観した埼玉県在住のAさん(68)は、やんちゃ盛りの男子児童同士の会話に違和感を覚えた。孫の学校では、先生が児童に呼びかける際も男女を問わず“さん付け”で、子供同士の会話もそれに倣っている状況だ。教育評論家の石川幸夫氏が解説する。

「2013年に施行された『いじめ防止対策推進法』以降“あだ名禁止”の学校が現われ、さん付けも広まった。名簿を男女別にせず、クラス全員の五十音順などで並べる方式にする学校も増えました。性差別を生まないための配慮のようです」

 また、「起立、礼」で始まると思った授業も「号令はかからず“よろしくお願いします”で始まった」(Aさん)というのである。

 元小学校教諭で教育評論家の親野智可等氏によれば、「号令による挨拶を“軍隊式の強制”と捉える向きもあり、廃止した学校があります。同様の理由で、体育の授業で笛を吹くことも少なくなりました」という。

 楽しい給食の時間にも異変が起きている。かつては食べ切るまで居残りさせられたものだが──。

「現在、給食の完食強制は“虐待”とみなされ、教員が処分されたり、保護者から訴えられた例もあります」(石川氏)

 子供のために「好き嫌いなく全部食べなさい」といえば、“体罰教師”の烙印を押されるリスクのある時代なのだ。

※週刊ポスト2019年4月12日号

関連記事(外部サイト)