「ゴーンが独裁者に変わった時」右腕と呼ばれた元副社長激白

「ゴーンが独裁者に変わった時」右腕と呼ばれた元副社長激白

4月中には会見を開くと見られている(共同通信社)

 衝撃の逮捕劇から4か月あまり。日産自動車が信頼回復への第一歩を踏み出そうとするなか、かつて“カルロス・ゴーンの右腕”と呼ばれた男が重い口を開いた。副社長、共同会長としてゴーン体制を支えた小枝至氏(77)。同氏が見た、カリスマ経営者の実像とは──。同氏が90分にわたって激白した。

 日産の新体制が始動する。3月27日には、外部有識者らで構成される「ガバナンス改善特別委員会」が報告書を公表。特別背任などの罪で起訴されたカルロス・ゴーン被告(65)が長く務めた会長職の廃止を提言する内容などが盛り込まれた。

 4月8日の臨時株主総会では、ゴーン氏の取締役解任が議決される見込みだ。これに対しゴーン氏は4月中に会見を開くことを代理人が明らかにし、徹底抗戦の構えを崩していない。

 もともとは、経営破綻の瀬戸際にあった日産の再建のため、資本提携した仏ルノーから送り込まれたのがゴーン氏だった。代表取締役兼COO(最高執行責任者)に就任したのは1999年6月のこと。「リバイバルプラン」で大胆なリストラ策を断行し、日産は驚異的なV字回復を遂げる。

 ゴーン氏が着任する1か月前、副社長に就任したのが小枝氏だった。小枝氏は改革の命脈である購買、収益管理を担い、社内の“嫌われ役”も引き受けた。2003年6月には共同会長に就任。翌年には“業界の顔”である日本自動車工業会会長も務めた。現経営陣はじめ日産関係者から一目置かれる大物OBだ。

「事件発覚以来、私は沈黙を守ってきました」

 ゴーン氏の逮捕後、初めてとなるインタビューに応じた小枝氏は、穏やかな表情で、ひとつひとつ言葉を選ぶように話し始めた──。

 * * *
 西川(廣人)社長をはじめとした現経営陣は、ゴーン体制と決別するために奮闘しています。ゴーンが社内で何をしていたのか、西川社長も自らの口で真相を話し始めている。ただ、彼らは1999年当時、取締役にもなっておらず、内情を知る立場になかった。“ゴーンがどこで道を間違えたか”を明らかにするため、私にも語る責務があると感じるようになったこともあり、取材をお受けしました。

〈次々と明るみに出るゴーン氏の疑惑は、小枝氏にも驚きだった。昨年の逮捕の一報は、テレビのニュースで知ったという〉

 これまで伝えられているのは、ゴーンの報酬額を実際より少なく記載した有価証券報告書を提出した金融商品取引法違反や、私的な取引の負債を会社に付け替えた会社法違反(特別背任)の疑い。それだけで経営者としてアウトと言わざるを得ないものです。さらに会社の経費でマンションやヨットクラブの会員権を買っていたという話は、挙げていくだけでも嫌になります。いかに功績のある人でも許されるものではありません。

◆2005年と2008年の「転機」

〈ではなぜ、“許されないこと”が日産でまかり通ったのか。小枝氏は、1999年当時のゴーン氏の印象を「最初は謙虚な男だった」と振り返る〉

 当時、経営会議で厳しい提案をするゴーンに、他の役員から何度も反対の声が上がりました。すると一旦引っ込めるのですが、諦めずに次の会議で提案してくる。しまいには役員たちも「そこまで熱意があるなら」と、根負けしてしまう。

 現場にも熱心に足を運び、若手にも人気があった。若手から意見を吸い上げて改革プランを立案し、実行した。「パワー・カムズ・フロム・インサイド(力の源泉は社内にある)」というキャッチフレーズを掲げ、自ら実践していました。人の話に耳を傾ける努力をし、最後は自分の思う方向に持っていく。その経営手腕から学ぶことは多かった。

〈ゴーン改革により、2兆円超の有利子負債は4年で完済。小枝氏は「瀕死の日産を救った多大な功績があったのは事実」と語る。一方で、「就任当初から、気になるところはあった」と続けた〉

 最初から彼は「報酬」にはこだわっていました。共同会長だった私が年10億円を超えるべきではないと制すると、ソニーのハワード・ストリンガー(元会長兼社長兼CEO)の名前を挙げ、「彼は10億円以上もらって赤字を垂れ流すだけだが、私は仕事をしている」と反論するのです。私も譲りませんでしたが、その後も毎年数百万円単位まで細かく増額に執着していました。

「報酬額こそが評価」というのが彼の哲学なのです。

〈小枝氏は、一時期までゴーン氏へのブレーキは機能していたと見ている。たとえば2003年に共同会長に就いた小枝氏は「月に1度はマンツーマンの定例ミーティングを欠かさず、最低1時間は話し合った」という。プロパー出身トップと向き合う時間が、牽制になっていたともいえる。だがやがて、綻びが見え始める〉

 2005年4月、ゴーンはルノーCEOも兼ねることになりました。日本に滞在するのは月に1週間程度になり、会議の出席も減る。人の話に耳を傾ける余裕は失われていったのだと思います。

 さらに2008年にリーマン・ショックが起きた。各社とも収益が厳しくなり、日産も大減益を強いられましたが、比較的うまく乗り切った。ゴーンが動いて片っ端からお金を集めたことで資金に困らなかったからです。

 V字回復の時もそうですが、彼は非常時に強い。ただ、それで深まった自信が、次第に過信に変質していったのではないか。

〈小枝氏はリーマン・ショック直前の2008年6月に共同会長を退任。「マンツーマンの対話」の時間もなくなった。そして、ゴーン氏が金融派生商品で私的な損失を被ったのも、この経済危機の時のことだ。その損失を日産に付け替えたことが、特別背任にあたるとして起訴された。さらに2年後の2010年に役員報酬の開示が義務づけられ、有価証券報告書への虚偽記載が始まったとされている〉

 ゴーンは在任期間が長過ぎた。その間に「これくらいはいいだろう」という意識が芽生え、矩を踰えていった。日本人を甘く見るようになっていたと思います。2016年12月からは三菱自動車会長も兼務して日産に姿を見せる機会はさらに減り、社員からすれば“神話上の人”になっていました。

 今思えば、就任から10年で退いてもらうべきだったのでしょう。英国はじめ欧米の経営者では55歳くらいでリタイアする人が多いが、彼はそうではなかった。

◆「クーデター」だったのか?

〈疑惑のキーパーソンと見られるのが、不正に荷担したとして金融商品取引法違反で起訴されたグレッグ・ケリー被告だ。1988年に北米日産に入社後、2008年に執行役員、2012年に代表取締役に昇進している。その存在に、小枝氏は違和感を抱いていた〉

 ゴーンは日頃、高額報酬を要求することが多い米国人の登用を敬遠する節があったので、ケリーの重用は意外でした。ゴーンに理由を訊くと、「ルノーと折衝するのに適役だ」という。確かに米国の弁護士資格を持ち、言葉の壁もない。一理あると受け止めて強く反対しなかったのですが、今となって振り返れば、甘い考えだったと思います。

〈現社長の西川氏、そして小枝氏ら、ゴーン氏の“独裁”を許した日産の新旧経営陣の責任もあるだろう。また“ゴーン氏を社内で追及できないから、検察との司法取引を利用してクーデターを起こしたのではないか”という現経営陣への批判も根強くある。しかし、小枝氏はその見方を否定した〉

 内部通報から始まった調査でゴーンの不正を知った西川社長はただちに本格的な調査を行なうように関係者に指示を出した。その矢先に事件性について捜査していた地検特捜部が証拠を固め、逮捕に至ったものだと理解しています。東京地検特捜部は、一民間企業の依頼で、逮捕に動く組織ではないでしょう。

 もちろん、ゴーンの不正を許した日産のガバナンス体制の改革は喫緊の課題です。指名委員会等設置会社になるなど、仕組みを変える意味もあるでしょう。ただ、重要なのは執行部です。

 執行部が強い体制なら、広い視点から社外取締役が有効なアドバイスをくれる。今その体制づくりの中心は、西川社長です。

 西川社長とは個人的な付き合いは深くないが、今回のような不正とは縁遠い真面目な男です。彼が購買統括の立場だった時の話ですが、購買部門では年1回、取引先を招いたゴルフコンペがあって、彼が主催者で挨拶する立場になる。ところが、彼はゴルフをやらない。それでも、パーティが始まる2時間も前からラウンド後の懇親会場で待っています。プレーしない人間が挨拶するから雰囲気は多少、壊れるけれど、悪い男ではないとわかるでしょう。

 日産の危機に、団結して西川社長を支えてほしいというのが、いちOBとしての私の願いです。

──インタビューを行なった3月27日は、ゴーン氏が日産に送り込まれるきっかけとなった「ルノーとの資本提携調印」からちょうど20年となる日だった。保釈されたゴーン氏が目の前に現われたらどう言葉をかけるか、最後に訊ねた。

「あれだけの功績のある人ですから、裁判などにこだわらず、静かに第2の人生を始めてほしいですね」

 その言葉は、ゴーン氏にどう響くのだろうか。

※週刊ポスト2019年4月12日号

関連記事(外部サイト)