天皇陛下が綴られた、幼き日の新天皇・徳仁親王殿下への愛

天皇陛下が綴られた、幼き日の新天皇・徳仁親王殿下への愛

皇室の歴史上初めて両親のもとで育てられた新天皇が誕生する(写真:時事通信フォト)

 5月1日をもって新天皇に即位される、皇太子徳仁親王殿下。そのお人柄は温厚で周囲の人々に対する気遣いもある、とても高潔な人格者だと言われている。そんな皇太子殿下は天皇陛下からどんな教えを受けてきたのか。『天皇陛下のプロポーズ』(小学館)の著者であり、陛下の70年来の友人でもある織田和雄さん(83)に聞いた。

「皇太子殿下がお生まれになった翌年、陛下からいただいたお正月のグリーティングカードに、ご長男誕生を喜ぶお気持ちがしたためられていました。陛下にも普通の父親としての一面があるのだなと思いました」

 それは昭和36年のお正月のこと。生後10か月ぐらいの殿下と両陛下の微笑ましい写真が貼られたグリーティングカードが、織田さんのもとに届いた。そこには、殿下の成長ぶりと独楽(コマ)を回して一緒に遊ぶご様子が、陛下の自筆でしたためられていたという。

 陛下が書かれた文面には、赤ちゃんの頃の皇太子殿下は、独楽を回すと大変喜び、陛下ご自身も子供の頃に独楽が大好きだったことを思い出したことが綴られていた。そして自分で回せるようになったら陛下と競争するようになるかもしれず、そうなったらどちらの遊びなのか分からなくなってしまうのでは……と、ユーモアの中にわが子への深い愛情をうかがわせる内容が書かれていた。その文面を読みながら織田さんはこう話した。

「陛下が幼いわが子と独楽で遊んだという、愛情にあふれるステキな話だと感じました。グリーティングカードの最後には、美智子さまもお年賀のメッセージを一筆添えていらっしゃり、ご夫婦で心を一つにして、皇太子殿下をお手元で子育てされている様子が伝わってきます」

 陛下が生まれ育ったころは、皇室のお子様方は幼くして親元から離され、養育を担当する傅育官(ふいくかん)と乳人(めのと)によって育てられていた。従って父君の昭和天皇が一緒に遊んでくれるということは、ほとんどなかったと言われており、当然ながら親子で一緒に独楽を回すこともできなかったであろう。

 美智子さまと結婚して、お子様がお生まれになり、家族が一つ屋根の下に同居されたことは皇室にとって画期的なことであった。皇太子殿下にとっても、両親の愛情を身近に感じられる環境の中で育ったことは、人格形成において大きなことであっただろう。

 事実、やんごとなき皇太子という立場にありながら、殿下はいつも気さくで誰とでもすぐに心を開いて語り合える方だという。

「皇太子殿下は家庭での生活の中で、陛下から自然に象徴天皇としての役割や国民のためになすべきことなどの薫陶……いわば現代の帝王学を学び、皇室としての務めや責任の大きさを学んでいかれたのではないかと思いますね」と、織田さんは天皇ご一家との交流を通して感じた、皇太子殿下のお人柄をそう分析する。

 家族の愛情の大切さを知り、多忙な公務に励んでこられた陛下の背中から、将来の天皇のあるべき理想を考えてこられた、皇太子殿下。5月1日からは、皇室の歴史上初めて、両親のもとで養育され、家族とともに過ごされた新天皇の御代が幕を開ける。国民とともにある皇室を目指されてきた天皇陛下のご意志を受け継ぎ、どのような時代を築いていかれるのだろうか。

関連記事(外部サイト)