喜びの「令和」と厳粛な「平成」対照的な改元の瞬間

喜びの「令和」と厳粛な「平成」対照的な改元の瞬間

新元号を発表する菅義偉官房長官

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々を心理的に分析する。今回は、4月1日に発表された新元号を分析。

 * * *
「平成」に代わる新元号が「令和」と決まった。あちらこちらで新元号が予想されていたが、“令”という漢字はそのどれもになかったように思う。これまでにない音の響きが、時代の移り変わりを感じさせる。

 会見に臨んだ菅義偉官房長官は、濃紺のスーツに鮮やかなブルーのネクタイを締め、かなり緊張した面持ちだった。その声はいつになく強く、話し方も音を区切るようにはっきりとしていた。

「新しい元号は『令和』であります」と述べると、胸を張って墨で書かれた新元号を顔の横に掲げた。掲げる瞬間、口元がわずかにほころび、目じりが下がって微笑んだように見えた。そこには晴れがましささえ感じられる。額縁を掲げている間は口を真一文字に結んでいたのだが、頬は緩み、口元もきつく閉じられてはいない。感情の高まりをこらえているような口元なのだ。

 菅官房長官はその額縁を右へ左へ向けて、顔の横にしっかりと掲げた。掲げる度に記者の方へ視線を向ける。その様子から「元号を発表したのは自分だぞ!」と、よい緊張とともに誇らしさを感じているような印象を受けた。今回は元号だけでなく、それを誰が発表するかも注目されていたこともある。

 だが、そう感じたのは菅官房長官の表情だけは理由ではない。「平成」の元号を発表した時の小渕恵三官房長官(当時)と対照的だったからだ。

「平成」の元号を発表した時、小渕氏は黒い布がかけられた演台の前に座っていた。昭和天皇崩御による改元だっただけに、黒いネクタイを締めたその顔は無表情だ。平成の2文字が書かれた額縁を掲げた時も表情は変わらない。頬や口元が緩むことなく、逆に表情が硬くなる。額縁は顔の横まで持ち上げることなく、記者らに向かって台の上に立てた。一度は額縁を台の上に伏せて会見を続けようとするも、記者らに促されて今度は自分の顔の前にその額縁を掲げて見せていた。小渕氏の顔は額縁に隠れて見えなくなり、「そこに掲げているのは自分」という意識は感じられなかった。

 もちろん、前回と今回の改元とでは状況や社会環境がまるで違う。新元号を待ちわびていたような雰囲気の中では、元号発表は「新時代の幕開け」といった意味が強く、世間も晴れやかな喜ばしいムードに包まれる。一方、前回は「時代の幕切れ」といった意味合いの方が強く、世間も粛々とした雰囲気に覆われていた。両官房長官の表情の違い、元号の掲げ方の違いは、そんな背景も物語っているように思う。

 発表した瞬間の様子も違っていた。今回、菅官房長官が元号を発表した瞬間の会見場は静かだった。部屋を飛び出していく記者もいたようだが、ほとんどの記者はノートパソコンを片手に、座ったまま元号を掲げた菅官房長官の動きを静かに見つめていた。一方、平成の改元の瞬間は一斉にどよめきとざわめきが起こった。記者たちは社への報告のためかバタバタと立ち上がり、カメラの前を遠慮なく通りすぎた。小渕氏はそんな記者らの動きを、額縁を持ったまま眺めていたのだ。主役はまぎれもなく元号だった。

 そんな菅官房長官が掲げた令和の元号。書かれていた2文字を思い出そうとすると、額縁を掲げた官房長官の顔も自然と浮かんでくるのではないだろうか。平成というあの漢字を思い出す時、「平成おじさん」として親しまれた小渕氏の真面目そうな顔とあのシーンが、平成の2文字と一緒に思い浮かぶようにだ。繰り返し見せられると情報の固まりとして記憶に残りやすくなる。また記憶というのは、その情報だけでなく、関連した情報やエピソードと一緒に思い出されることがある。その方が記憶に残りやすいという記憶の紐付けだ。

 時代を振り返る時に、令和の2文字を思い出したあなたの記憶の中に、菅官房長官がひょっこりはんのようにひょっこり顔を出すかもしれない。いやもしかしたら、もう顔を出しているのかも?

関連記事(外部サイト)