「高学歴新入社員」ほど陥りやすい挫折 その処方箋は?

「高学歴新入社員」ほど陥りやすい挫折 その処方箋は?

高学歴新入社員に多い「思い上がり型」と「背負い込み型」

 今年の新入社員のタイプは、声をかけないと動かない“AIスピーカー型”と名付けられた(産労総合研究所発表)ようだが、上司にとって「扱いづらい」との声が多いのは、意外にも高学歴の新入社員だ。では、受験秀才型新人ほど陥りやすい挫折とは何か。『「承認欲求」の呪縛』などの著書がある同志社大学政策学部教授の太田肇氏が指摘する。

 * * *
 社会の高学歴化にともない、高学歴の新入社員が増えている。しかし、彼らのなかには仕事や会社にうまく適応できない者が少なくないようだ。一見すると対照的な、2つのタイプを紹介しよう。

◆タイプ1「思い上がり型」

 これは実際にあったケースだ。いわゆる最難関の大学を卒業し、準大手サービス業の会社に就職したA君は、自分の学歴がいちばん優れていることを誇りに思っていた。当然、本社の中枢部署に配属されるものと信じていたが、辞令を受け取ってみたら出世コースとはほど遠い部署に配属されていた。

 しぶしぶ赴任したものの、仕事がばからしくて、まったくやる気が出ない。周囲の人ともほとんど口を利かず、だんだんと孤立するようになり、ついに出社しなくなってしまった。

 すると彼の父親がいきなり会社へ乗り込んできて、「息子をあんなところに配属するとは何事だ!」と人事部にクレームをつけたのである。やむなく採用試験や研修中の成績、面接結果などを父親に知らせ、納得させて帰したそうである。

 また、つぎのようなケースもたびたび起きている。

 会社から派遣、あるいは会社を休職して海外のビジネススクールに留学し、MBA(経営学修士)の資格を取って帰国する。ところがせっかくMBAを取得しても、日本の会社では特別扱いされることがない。そこで自分の能力を評価してくれない会社に見切りをつけ、辞表をたたきつける。

 MBAに希少価値があった以前ならともかく、MBAホルダーがあふれているいまの時代には、それがキャリアアップの切り札にはならない。外資系企業などに就職できた者は少数で、大半は前の会社よりも恵まれない待遇や環境のもとで働いているのが実態である。

◆タイプ2「背負い込み型」

 もう1つは、「背負い込み型」だ。わが国ではまだ学歴が高いこと、よい学校を出ているということで、周りからは「優秀な人材」と見られる。当然期待され、仕事のハードルも高くなる。そして本人は、「優秀な人材」という評判を裏切らないため、どんなことがあっても期待に応えようとする。

 しかし実際は、学歴が高いからといって必ずしも優秀なわけではなく、まして仕事ができるとも限らない。そこで本人は、期待と実力のギャップに苦しむのである。

 彼らは受験勉強でつねに「自分に克つ」ことをポリシーにして受験戦争をくぐり抜けてきた。彼らの辞書に「できない」という文字はない。そもそも与えられた仕事を断ったり、手を抜いたりすることは自分自身が許せない。つまり重荷を下ろす術を知らないのである。

 そのため自分のキャパシティを超え、つぶれるまで仕事を背負い込んでしまう。ストレスから心身の不調をきたしたり、大きなミスを犯したりするケースが出てくる。そして最悪の場合、過労死や過労自殺といった結末が待っている。

◆呪縛を解くためには

 2つのタイプに共通するのは、背後で人一倍強い「承認欲求」が働いていること、すなわち周囲から高く評価されなければならない、評判を裏切ってはいけないという承認への過度なこだわりが自分自身を苦しめているのである。しかも、それを自覚していないことが問題をいっそう拡大させている。

 もちろん、その責任を本人だけに帰するのは酷である。むしろ彼らを過剰に評価し、実力以上に期待水準を高めてしまい、同時に自分の能力を過信させてしまった学歴社会こそが問題の根源だといえよう。

 ともあれ状況を正すには、背後にある承認欲求の呪縛を解かなければならない。目標は本人も周囲も、本人の実力を正しく認識することである。互いに先入観を捨て、正味の実力を理解すれば、背伸びしすぎや勘違いによる不幸はなくせるはずだ。では、どうすればそれができるのか?

◆「思い上がり型」への処方箋

 乗り越えなければならない壁は、彼らのプライドの高さだ。特に「思い上がり型」の新人は、自分が優秀だという思い込みがあるので、他人の批判や忠告にはなかなか耳を貸さない。上司からもっと謙虚になるように諭したところ、「低学歴のくせに……」と陰口をたたかれたという話もある。

 そこで有効な対策は、彼らを市場や顧客の評価にさらすことだ。たとえば一人で営業に回らせるとか、顧客相手の説明会を1人で担当させる、失敗しても大きな差し障りのないイベントを企画から運営まで任せてみるといった方法がある。あるいは得意先へしばらく研修に出してみるとよいかもしれない。

 いずれにしろ上司や社内の評価には不平が言えても、市場や顧客の評価は受け入れざるを得ない。それによって自分を過大評価していたことに気づき、根拠のないプライドは捨てられるはずだ。

◆「背負い込み型」への処方箋

 一方、「背負い込み型」には、評判を裏切ることの恐怖や罪悪感を和らげなければならない。そのために有効なのが失敗体験である。

 失敗体験、すなわち期待に応えられなかった経験をあえてさせることにより、過剰な負荷を背負い込まなくてもよいということがわかる。そして、失敗を恐れずチャレンジする勇気や積極性もわいてくる。

 例えば、大阪府にある太陽パーツという会社では、前向きにチャレンジして失敗した社員に対して「大失敗賞」という賞を贈っている。実際、この賞を取り入れるようになってから若手社員の挑戦意欲が高まったそうだ。

 高学歴新入社員、とりわけ受験秀才型新人が陥りがちな、プライドという名の「承認欲求の呪縛」。彼らが仕事上での体験を通して自ら呪縛を解いていけるよう、サポートしてやればよい。等身大の自分を知るところから、本物の自信とプライドを築いていけるようになるはずだ。

関連記事(外部サイト)