新天皇はどうやって誕生するか 退位と即位の儀式・行事全日程

新天皇はどうやって誕生するか 退位と即位の儀式・行事全日程

新元号を発表する菅官房長官(写真/共同通信社)

「支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝する」。2018年12月20日、天皇として臨む最後の誕生日前会見で、これまでの日々を振り返られた天皇陛下。新たな時代の幕開けまで1か月をきった今、改めて、皇位継承の儀式や行事の理解を深め、歴史的瞬間を目に焼き付ける準備をしておこう。

【退位と即位 儀式・行事全日程】

4月1日
●新元号の決定・公表

 菅義偉官房長官が記者会見で、「新しい元号は『令和』であります」と発表した。

 新元号「令和」は、日本最古の歌集「万葉集」の「梅花の歌」三十二首の序文が出典。《初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。》の一節から、「令和」の二文字を取った。

4月18日
●伊勢神宮に親謁の儀

 退位に先立ち、天皇陛下が皇祖神を祀る伊勢神宮(三重県)に参拝される儀式。

 両陛下は、 4月17日午後に皇居を出発され、この日は伊勢神宮内宮にご宿泊。18日は午前に外宮、午後に内宮を参拝し、「志摩観光ホテル」に宿泊される。天皇陛下が伊勢神宮を訪問されたのは、皇太子さまだった時代を合わせて計13回。この14回目が在位中最後となる。

4月23日
●昭和天皇山陵に親謁の儀

 退位に先立ち、天皇陛下が昭和天皇山陵(東京都八王子市)に参拝される儀式。

4月30日
時間:17時〜約10分間
場所:皇居・正殿「松の間」 生中継予定

●退位礼正殿の儀

 退位を国民に知らせるとともに、天皇陛下が最後に国民の代表に会われる儀式。平成の改元時には、「退位礼正殿の儀」ではなく「大喪の礼」が執り行われた。

5月1日 午前0時
●御代がわりの瞬間カウントダウン

 天皇の生前退位が、光格天皇以来、およそ200年ぶり。昭和から平成に替わる時は、昭和天皇が1月7日6時33分に崩御され、同日10時に天皇陛下が即位。14時半頃に新元号「平成」が発表された。今回の御代がわりでは、カウントダウンのため深夜に約20万人が皇居前に集まるとみられる。

5月1日
時間:10時30分〜約10分間
場所:皇居・正殿「松の間」 生中継予定
●剣璽等承継の儀

 新天皇の即位に伴い、その印として、「皇位とともに伝わるべき由緒ある物」である三種の神器のうち、草薙剣および八尺瓊勾玉のほか、天皇御璽と大日本国璽(ともに金印)を継承される儀式。

 新天皇が部屋の中央に立ち、侍従長が剣と璽(勾玉)のほか、天皇と国家の印鑑である御璽と国璽を献上し、それを受け取る。昭和から平成に移る前回の儀式はわずか4分で終了した。

5月1日
時間:11時10分〜約10分間
場所:皇居・正殿「松の間」 生中継予定
●即位後朝見の儀

 新天皇が即位後、初めて公式に三権の長や国民の代表らに会われる儀式。雅子さまが新皇后になられて初めてのお出ましとなる。

 参加者は前日の退位礼正殿の儀と同じ。新天皇が安倍首相と正対し、「おことば」を話される。今年に限り、この日は国民の祝日となる。

5月4日
●新天皇即位後初の一般参賀

 即位礼の一環として行う一般参賀。新天皇・皇后が国民に向けて手を振られる。上皇、上皇后となる天皇皇后両陛下は出席されない見通し。

10月22日
●即位礼正殿の儀

 新天皇の誕生について、各国代表や国内代表などがお祝いを述べる儀式。

10月22日
場所:皇居〜東宮御所
●祝賀御列の儀(パレード)

 即位礼正殿の儀終了後、新天皇は、最高位の日本の勲章である大勲位菊花章頸飾などを胸につけたモーニング、新皇后はロングドレスにティアラの正装でパレードに臨まれる。

10月22日、25日、29日、31日
●饗宴の儀

 各国の元首や国内の代表者らなどを招き、4日間にわたり祝宴を開く。平成の御代がわりの際は計7回行われたが、今回は4階に規模を縮小して行う。

 4日間で招かれる人は総勢2500人超。22日、25日は着席形式で行われ、29日、31日は立食形式で行われる。宮中晩餐会では、原則フランス料理が振る舞われるが、平成の饗宴の儀では、通常の晩餐会の数倍の人数が出席したため、和食の提供となった。

10月23日
場所:ホテルニューオータニ(東京・紀尾井町)
●内閣総理大臣夫妻主催晩餐会

 安倍首相夫妻が新天皇・皇后を招き、即位礼正殿の儀に参列するため外国から来日した各国代表などに日本の伝統文化を披露し、来日に謝意を表する晩餐会を行う。参列者は、900人程度を予定。

 晩餐会は、安倍首相のアピールの場。今回は狂言師の野村萬斎が総合アドバイザーを務める。

11月14日、15日
時間:14日〜翌15日未明
場所:皇居・東御苑「大嘗宮」
●大嘗祭(大嘗宮の儀)

 天皇の即位後に初めて行われる「新嘗祭」で、皇位継承に伴う一世に一度の重要な祭礼。大嘗祭(大嘗宮の儀)は、主に悠紀殿、主基殿の二殿で行う。それぞれの御殿に移動するたびに廻立殿で心身を清め、着替えられるため、儀式全体では、天皇が4度、皇后が2度着替えを行われ、身体を清める布も身体の部位ごとに替えなければならない。

11月
場所:皇居周辺
●天皇陛下のご即位を祝う国民式典

 大嘗祭の終了後、ご即位を祝う国民式典が予定されている。経済・スポーツ・芸能などの著名人や国民が集う大規模な奉祝式典。

 皇居前広場で開かれた天皇陛下の即位10年の記念式典では、ミュージシャンのYOSHIKIが奉祝曲を演奏した。今回の式典でも同様に、演奏が披露されるなど、新天皇のご即位を祝う予定。

11月16日、18日
●大饗の儀

 大嘗祭の後、新天皇が首相や各界の代表らなどの参列者に酒肴などを振る舞われる儀式。

日程未定
●即位礼および大嘗祭後の親謁の儀

 即位礼および大嘗祭の後、伊勢神宮、神武天皇山陵、昭和天皇まで前4代の山陵、宮中三殿に新天皇が参拝される儀式。

2020年4月19日
●立皇嗣宣明の儀

 秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣となられたことを国内外に示し祝う儀式。その後、新天皇が皇嗣に会われる「朝見の儀」もある。

「立皇嗣宣明の儀」は、歴代皇太子が行ってきた「立太子宣明の儀」に倣ったもの。生前退位に伴い、歴史上初めて行われる。

※女性セブン2019年4月18日号

関連記事(外部サイト)