マツダの新型SUV「CX-30」 二桁車名から見えてくる未来とは

マツダの新型SUV「CX-30」 二桁車名から見えてくる未来とは

マツダの新型SUV「CX-30」(写真:CTK/時事通信フォト)

 3月5日よりスイスで開催されたジュネーブ国際モーターショーで、マツダは満を持して新型SUVの「CX-30」を発表したが、真っ先に驚いたのがその車名だ。既存モデル「CX-3」の後継と見られ、新型「CX-3」や「CX-4」といった車名も噂されていたが、フタを開けると二桁数字になっていたからだ。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏は「新しいネーミングからマツダの未来が見えてくる」と指摘する。

 * * *
 今年の夏から世界的に販売をスタートさせるというマツダの「CX-30」。読み方は「シーエックス・サーティ」です。まったくの新しい商品で、スイスで行われた発表には二重で驚かされました。

 まず、従来にはなかった、まったく新しいモデルが登場したという驚き。そして第2は、ネーミングです。「CX-30」の30という二桁の数字が、これまでにないものだったからです。

 マツダは今後、車名を変更すると噂されています。「デミオ」を「マツダ2」、「アクセラ」を「マツダ3」、「アテンザ」を「マツダ6」、「ロードスター」を「MX-5」という具合に、ニックネームから英数字の組み合わせにしようというのです。ちなみに、これは新しい呼び方ではなく、世界市場ではすでに変更済みで、あとは日本だけが残っているという状況です。

 そうした英数字のマツダのネーミングには法則がありました。乗用車系は「マツダ」+車格を示す「数字」。SUV系は、「CX」+車格を示す「数字」。スポーツカーは「MX」+「数字」です。昔あったロータリー・エンジン搭載車は「RX」+「数字」でした。

 ところが、これまで車格を示す数字に二桁は存在しませんでした。そこが「CX-30」に対する驚きの理由です。

 では、なぜマツダは「CX-30」という新しい呼び名を加えたのでしょうか。また、二桁の数字が生まれたことによって、将来は、どのようなクルマが期待できるのでしょうか。マツダからの正式なアナウンスはありませんが、その部分を推測したいと思います。

 まず、「CX-30」は、どのようなクルマなのかという点に注目しましょう。「CX-30」のプレスリリースのタイトルには「新型コンパクトクロスオーバーSUV」とあります。全長は4395mmで十分にコンパクトと呼べるものですが、現行「CX-3」の全長4275mmよりも若干大きくなっています。

 デザイン的には、エレガントさの中にも若々しさがあり、よりパーソナル指向が強いように思われます。聞くところによると「CX-30」と「CX-3」は併売という格好になるとか。つまり、マツダのラインナップに、これから似たような車格に2つのモデルが存在することになります。そして、それこそが、「CX-30」の二桁数字の理由ではないでしょうか。

 つまり、二桁の数字を使うことで、車種のバリエーションを拡大することができるのです。逆に、車格に対して、ひと桁数字しか使っていないと、車種のバリエーションに制限がかかってしまいます。

 ニックネームであれば「ハリアー」と「RAV4」のように、車格の近い車種を複数販売することができます。ところがマツダには「CX-3」「CX-4(中国向け)」「CX-5」がすでに存在しており、新型車に使えるひと桁数字がなかったのが実情です。その解決策として登場したのが二桁数字だったのです。

 これは画期的な解決方法と言えるでしょう。なぜなら、他のモデルにも利用することができるからです。「CX-50」や「CX-80」かもしれないし、「マツダ30」「マツダ60」かもしれません。二桁目の数字を変えた「CX-55」という可能性もあります。乗用車系、SUV系、スポーツ系という基本ラインナップが従来通りのひと桁数字であれば、バリエーションとなるのが二桁数字になるのではないでしょうか。

 そうした可能性の中には、「4ドアクーペセダン」や「クロスオーバー風のステーションワゴン」「アセアン向けのコンパクトMPV」「アメリカ向けのライトトラック」「中国向けのEV」などといった、さまざまなモデルが想像できます。

 マツダの未来を、よりワクワクしたものにする数字。それが「CX-30」で採用された二桁数字と言えるでしょう。

関連記事(外部サイト)