北野唯我氏が語る「天才に叶わない秀才と凡人の生存戦略」

北野唯我氏が語る「天才に叶わない秀才と凡人の生存戦略」

日本企業で「天才型」から「秀才型」への移行が起きていると語る北野氏

 春は職場や学校で環境が変わる季節。新しい組織、新しい人間関係に期待と不安を膨らませている人も多いのではないか。組織において自分を活かすためにはどうしたらよいのか。あるいは仲間の才能を活かすためには? そもそも才能とは何なのか? 新刊『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩むすべての人へ』が8万部を突破、現在、複数社のIT企業で役員を務める北野唯我さんに聞いた。

* * *

◆「凡人」のなかにも、「天才」はいる

──『天才を殺す凡人』とは、刺激的なタイトルです。しかし読むと、この本の主眼は人間を「天才」「秀才」「凡人」の3種類に分類すること以上に、それぞれの軸となる要素「天才=創造性」「秀才=再現性」「凡人=共感性」を提示することにあると感じました。

北野:才能論の本はすでにたくさん出ていますが、才能を、仕事に活かせる要素に落とし込んでいるものは少ないと感じていました。「創造性」「再現性」「共感性」という3つの要素を提示することで、ほとんどが説明できると考えたのです。

 そしてこれは本にも書きましたが、どんな人でも、どれか1要素だけを持っているわけではない。僕はよくポケモンに喩えるのですが、ポケモンに攻撃力、防御力など、様々な力があるように、すべての人に3つの要素はあるんですね。ただ、配分の割合が違ったり、フェーズによって前面に出てくる能力が違ったりすることで、その人の「才能」とは何かが決まってくると考えています。

──本書には、「天才」「秀才」「凡人」の3パターン以外にも、彼らを支えたり、あるいは殺すかもしれない存在になる要素(全9パターン)が登場します。自分のみならず、周囲を分類する面白さがあります。

北野:はい。ただこの本のテーマは、分類して境界線をつくるように見せかけて、境界線を解かしていくことなんです。自分は「凡人」だと決めてつけていた人に、自分のなかにも「天才」がいると気づいてもらう。あるいは、会社やクラスで変わり者とされている人に対して、彼の天才性がそうさせているんだなと、仲間を理解するきっかけになったらいいなと考えています。

 そうした、境界線を解かすというテーマの象徴として、「犬」を登場させました。

──主人公を導く存在となるハチ公ですね。

北野:そうですね。あれは犬しかあり得なかったし、犬で正解だったと僕は思っています。アマゾンには、「犬が微妙」だからと星3つのレビューがありましたが(笑)。

◆SNSで「共感性」が台頭、「秀才」はアマゾンに負けていく時代

──「天才=創造性」「秀才=再現性」「凡人=共感性」の3要素は、時代によっても、際立つものが変わってくるんですね。現代は「共感性」が力を増しています。

北野:インフルエンサーは「共感」世界で戦っている人たちです。今までメディアをコントロールしていたのは主に「秀才」型でしたが、SNSによって、「共感性の高い人」の活躍の場が拡大し、経済を動かす力を持つようになったことは良いことだと思っています。一方で、秀才型のフィールドは狭まっていますね。秀才型の最強企業がアマゾンで、秀才型だけで勝負している企業はアマゾンに負けていく時代です。「効率性」ではアマゾンに勝てませんから。

──良い面だけでなく、「共感」の恐ろしさ、危うさを指摘されてもいます。

北野:共感は大事なのですが、共感は、物語のどこを切り取るかで決まりやすい。本には『アラジン』の例を出しましたが、最近は、ある「ひと言」だけを切り取った報道の是非が問われることが増えています。僕の考えでは、人が本質的に優しくなれるのは、共感ではなく「理解」です。共感は基本的に、自分が身近に感じるものに対して抱く傾向のある感情なんですね。対して、「理解」は違う。たとえば犬を食べる人たちについて、共感はできないかもしれないけれど、なぜ彼らが犬を食べるのか、その背景や構造は理解できるはずなんです。そうした理解こそが、優しさにつながると思っています。

 また、仕事においては、それぞれの才能が役立つフェーズが違います。

──「共感性」が役立つフェーズとは何でしょうか?

北野:<原液は一人で作り、カクテルはみんなで作る>とよく言っています。つまり、新しいものを作るとき、アイディアは少人数で生み、それを広げるフェーズは多くの人と共有していくべき。共感で意思決定すると面白いイノベーションは生まれません。共感は、広げる際にパワーを発揮する能力です。

◆「秀才」が「天才」を殺さないための方法

──大企業とベンチャー企業を横断的に見ている北野さんは、いま、日本企業では世代間のバトンタッチが起きていると指摘されています。そこで起きているのは「天才型」から「秀才型」への移行だと。

北野:はい。バトンタッチのうまい会社が生き残っていく時代です。創業社長って天才型が多いと思うのですが、どこかのタイミングでバトンを渡さなければいけなくなる。で、バトンを受け取る側は秀才型が多いのです。ゆえに、秀才が組織を上手に扱えるかによって、組織の命運が決まる時代に突入します。スティーブ・ジョブズ亡き後、どうやってアップルが成長するか? と同じです。

──本書には、組織を蝕む秀才(サイレントキラー)が登場します。天才に「憧れ」と「嫉妬」を抱いている「秀才」が、自分の才能を活かしながら組織を引っ張っていくには何が必要でしょうか?

北野:大事なのは、「嫉妬」と「恐怖」を共存させないことです。嫉妬自体は、必ずしも悪いものではない。場合によっては競争心になるし、成長のモチベーションになることもあります。ただし、「嫉妬と恐怖」が共存すると、スター・ウォーズがわかりやすい例ですが、ダークサイドに落ちやすい。恐怖は不安から生まれるものですから、不安をできるだけ取り除くことが、秀才が力を発揮するためには必要です。

 会社でいえば、5年後、10年後に自分の居場所がなくなるかもしれない状況だと、不安になりますよね。そういう環境で天才が現れると、自分の席が奪われるかもしれないと、秀才は天才の邪魔を始めるんです。よって、席が拡大している成長産業に身を置くことが、秀才にとっては、嫉妬をプラスの原動力に転換する一つの方法だと思います。

◆35歳までにベストセラーを出せなければ死のう

──ストーリー仕立ての本書は、ひとくくりにできない多面性を持っていて、いわゆる自己啓発本やハウツー重視のビジネス本とは一線を画します。北野さんの目指されるところを教えてください。

北野:僕は経営思想家になりたいと思っています。ベンチマークにしているのは作家の村上龍さんと大前研一さん。村上龍さんは35歳(1987年)のときに『愛と幻想のファシズム』を出し、大前さんは32歳(1975年)に『企業参謀』を出した。僕も35歳までにベストセラーを出したいし、出せなければ死のう、くらい思っていました(笑)。

 二人に共通するのは、国家観や歴史観に基づいた独自の思想がある点です。経営思想家というと、ドラッカーをはじめ、多くが欧米人です。彼らの思想は、日本人にはそのままは当てはまらないところがある。だから、まず、アジアの農耕民族的な歴史や文化をベースにした、かつ資本主義とクロスするような思想を構築したい。そして、その思想を元に、新しい「本物の経営者」が生まれてくれたらというのが現在の理想です。

──経営思想家になりたいと考えるようになったきかっけは何でしたか?

北野:そう考えるようになったのはここ3、4年です。様々な経営者と対談させていただくなかで、自分は、経営者としては絶対に日本一になれないと悟りました。どう考えても、孫正義さんを超えることはできない。と同時に、彼らに「適切な問いかけ」はできるかもしれないし、思想に影響を与えるようなものは作れる可能性を感じた。最近は本の執筆の仕事も増えて、これこそが自分のミッションだという思いを強めています。ビジネスパーソンが未来を作る際の「必読書」を作りたいですね。

◆北野唯我(きたの・ゆいが)
兵庫県出身。神戸大学経営学部卒。就職氷河期に博報堂へ入社し、経営企画局・経理財務局で勤務。その後、ボストンコンサルティンググループを経て、2016年、ワンキャリアに参画。執行役員として事業開発を経験し、現在同社の最高戦略責任者、子会社の代表取締役、社外IT企業の戦略顧問も兼務。著書に『転職の思考法』。

◆撮影/内海裕之

関連記事(外部サイト)