「若者の本離れ」もどこ吹く風 全国で続々登場の個性派書店

入場料金制、パン屋併設など個性派書店が増加 今年秋には台湾の誠品書店も日本進出

記事まとめ

  • "若者の本離れ"などと言われるが、個性派書店が若者の人気を集めているという
  • 青山ブックセンターの跡地に開業した「文喫 六本木」は入場料金制だがほぼ満席状態
  • 荻窪の「Title」や西日暮里の「パン屋の本屋」、「井草ワニ園」などの個性派書店も

「若者の本離れ」もどこ吹く風 全国で続々登場の個性派書店

「若者の本離れ」もどこ吹く風 全国で続々登場の個性派書店

東京・六本木にある入場料1500円の「文喫」

「本離れ」と言われて久しい。気がついたら近所の書店がなくなった、老舗の古書店が廃業した──といった話も多い。そんな苦境の書店だが、意外にも若い世代の支持を得て、各地に新しい書店や古書店も続々と生まれている。神戸国際大学経済学部教授の中村智彦氏が、人気を集める“個性派書店”を紹介する。

 * * *
 入場料1500円。そんな書店が六本木にあります。閉店した青山ブックセンターの跡地に、昨年12月に開業したのが「文喫 六本木」。一見、おしゃれな書店なのですが、入るのには1500円を払う必要があります。

 入り口で入場料を払うと、番号とWi-Fiのパスワードが書かれたバッジを渡されます。時間制限はなし。コーヒーと煎茶は飲み放題。しかし、この入場料では……と思って訪ねてみると、席はほぼ満席状態。一人客も多いですが、若いカップルや友人同士の人たちも多くいます。

 店内にある本はすべて販売物ですが、どれも席で読むことができます。ソファ席でゆっくり読書を楽しむ人もいれば、ノートパソコンなどを使って仕事をしている人や、試験勉強をしている人もおり、最近はやりのシェアオフィスのようにも見えます。朝9時から夜11時までという営業時間も、六本木という土地柄にも合っているようです。入場料金制にしたことで、静かな雰囲気が保たれているといえます。

 店内にある約3万点の書籍はすべて購入可能。この書店を経営するのは、日本出版販売株式会社という書籍や雑誌を扱う出版取次(問屋)です。予約すれば書籍のコンシェルジュが、希望に合った書籍を用意してくれるというサービスもあり、新しい本屋のあり方を様々な角度から取り入れている書店と言えます。

◆個性的な書店が増えている

 少し前までは、ちょっと変わった書店というと、古書店と相場が決まっていたのですが、最近、新刊書も取り扱う個人経営の個性的な書店も増えてきています。

 個性的なカフェや古書店が数多いJR中央線沿線。荻窪駅から青梅街道沿いに10分ほど歩いたところにあるのが「Title」です。駅前の商店街から少し距離があり、住宅街に接するところにある書店ですが、いつも多くの人が訪れています。

 2階はギャラリーになっていて、様々な展示や催しが行われています。店の奥には小さなカフェスペースもあります。新刊本なので、どこの書店でもある本も多いのですが、それぞれのコーナーを見ていくと、「へえ、こんな本が出ていたのか」と手に取りたくなる本が並んでいます。古い民家のような作りも、居心地の良さを醸し出しているようです。

 この「Title」が注目されている理由の一つは、直取引と呼ばれる形態で並ぶ本のコーナーです。

 従来、新刊本の本屋を開こうとすると大手取次店(問屋)と契約をして、そこから本を仕入れないとだめでした。現在もこうした仕組みはあるのですが、ここ数年で小さな本屋でも新刊本を販売する取次店が登場したり、出版社が直接、本屋と取り引きしたりするようになって、新規参入の個人経営の書店でも、いろいろな新刊本を仕入れることができるようになったのです。そうした新しい形の個人経営書店の先駆者がこの「Title」なのです。

 どんどん消えていくと言われる地方の普通の本屋。しかし、頑張っている本屋もあります。

 鳥取市中心部の若桜街道商店街にある「定有堂書店」は、外見はどこにでもある町の普通の本屋です。ところが一歩、店内に入ると、そこは“全国の書店員の聖地”と呼ばれる不思議な空間が広がっています。

 店内を歩くと本棚の分類が、ほかの書店のそれと同じようで微妙に違っていることに気づきます。同じ本が違う2つの棚に置かれていたり、猫などの置物が本棚に飾られていたりしています。置かれている本はすべて新刊本なのですが、なんとなく誰かの家の個人の本棚を眺めているような気分になるのです。客からすると「本の遊園地」という感じでしょうか。楽しい気分になって、なにか本を手に取ってしまう。そんな本屋では、読書会なども行われているようです。

 

◆インターネット時代だからこそ

 前述の定有堂書店からさらに10数分歩いた、もう店もなくなり、完全な住宅街になったあたりに「邯鄲堂(かんたんどう)」という古書店があります。冬の日の夕暮れ時に歩いていくと、すっかり暗くなった通りに、店の灯りが見え、少し現実離れした風景に思えたくらいです。店内に入ると、これまた不思議な空間で、周囲も頭上にも本棚が走り、四方を本に囲まれた感じになります。

 京都の「町家古本はんのき」は、お店の人が「誰かに聞いてこられましたか? 迷ったでしょう」と言うほど、住宅街の路地の奥の民家に店があります。古い町家の扉を開けると、本棚に本がびっしり並んでいますが、畳敷きの部屋に靴を脱いで上がっているからでしょうか、知人の家で書棚を見ているような気分になります。

 この古書店は、京都のネット古書店「古書ダンデライオン」、「古書思いの外」、「空き瓶Books」の共同経営です。マニアックな本も多いのは、3人の個性が集まっているせいでしょうか。

 本の流通を大きく変えたのがインターネットですが、そのインターネットによって個性的な書店が今までは考えられなかったような場所で開業しています。それぞれの経営者が、情報をSNSなどで流し、それを顧客が読んだり、さらに友人、知人に紹介したりする。そして、それを見て、場所を調べ、訪ねることができるようになっています。

 本がインターネットで売られるようになって、実店舗の本屋の経営が圧迫されてきたことも確かですが、一方で個人経営者であっても情報を発信したり、わかりにくい場所でも探してもらえるようになっていることも事実なのです。

◆書店プラスアルファ

 最近の都心居住ブームの影響か、真新しい一戸建て住宅やマンションが増えている荒川区西日暮里。スーパーの隣に、おしゃれな建物があり、そこにカフェと書店が入っている。「パン屋の本屋」は、本屋と「ひぐらしベーカリー」というパン屋とが一体になった「ひぐらしガーデン」にあります。

 周辺に増えている若い夫婦とその子供たちのために、絵本や児童書がベーカリーカフェと小さな庭を挟んで数多く置かれていて、子供たちの笑い声と走り回る姿が楽し気な雰囲気を醸し出しています。「パン屋の本屋」は、その名の通り、パン屋に併設された本屋ということで、料理や食べ物に関する本が充実しているのも特徴です。

 古書店でも、ユニークな書店が生まれています。東京近郊の西武新宿線井草駅前にある「井草ワニ園」。名前を見ると、いったい何があるのだろうと思ってしまいますが、もともとは手作りグラノーラの店「井草ワニ園」に、古書の委託販売をしている「一角文庫」が古書を並べているという形式。いつの間にか並んでいる本の数も増えて一緒になっています。ここもやはり若い家族が多く、子ども向けの絵本や児童書が充実しています。

 カフェと書店や古書店というのは親和性が強いのか、最近、ブックカフェも増えています。中には、軽食やスイーツなども充実しているところもあり、本を読みながらゆっくりすることができます。

◆旅の新たな楽しみに

『東京こだわりブックショップ地図』(交通新聞社)の著者でもあり、数多くの書店を取材している屋敷直子氏は、

「実際、書店の経営は非常に厳しく、従来のやり方では当然ながら生き残ることはできません。新刊本はどこで買っても同じ値段です。経営者たちはカフェや雑貨店などの併設やギャラリーなどとしての貸し出しなど、いろいろな本の楽しみ方を提案することで、本に新しい付加価値をつけて差別化しようとする。店主が自分の目利きで本を“選ぶ”こと、つまりもっとオリジナリティを出したい場合は、出版社との直取引も始めています」

 と話す。そのうえで、「本が好きな人たちが、自分たちの専門や好みでこだわりのある書店を作り上げている。そうした本屋を巡ることも、人気になっている」と、新しい楽しみ方が広がっていることを指摘しています。

 今年秋には、こうした書店ブームのアジアでの火付け役となった台湾の「誠品書店」が、いよいよ日本に進出予定です。日本だけでなく、アジア全体で盛り上がりつつある個性派書店は、ますます楽しみな状況になっています。

 ネット通販も便利ですが、散策、観光の目的地の中に、その土地の個性派書店を入れることも、これからは普通になるかもしれません。そして、個性派書店を訪れて、雰囲気を楽しんだら、1冊でも2冊でも応援のつもりで購入することも忘れないでください。

関連記事(外部サイト)