入場料金制、パン屋併設など個性派書店が増加 今年秋には台湾の誠品書店も日本進出

記事まとめ

  • "若者の本離れ"などと言われるが、個性派書店が若者の人気を集めているという
  • 青山ブックセンターの跡地に開業した「文喫 六本木」は入場料金制だがほぼ満席状態
  • 荻窪の「Title」や西日暮里の「パン屋の本屋」、「井草ワニ園」などの個性派書店も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております