菅vs安倍の新元号「どちらが目立つか対決」は菅氏が圧勝

菅vs安倍の新元号「どちらが目立つか対決」は菅氏が圧勝

新元号を発表する菅義偉官房長官(時事通信フォト)

 新元号発表をめぐる菅義偉官房長官と安倍晋三首相の“どちらが目立つか対決”は菅氏の「圧勝」だった。4月1日の発表当日は、最初に菅氏が会見で「令和」の額を掲げ、次に、安倍首相が“オレがやる”と改めて会見を開いて自ら新元号の由来を語るという異例の2段階の発表方法を取った。

 しかし、新聞各紙は号外で菅氏の写真を大きく報じ、翌日の朝刊各紙の1面トップも菅氏の写真、主要紙で首相の写真を使ったのは読売新聞だけだ。菅氏を長く取材してきたベテラン記者が語る。

「あんなに滑舌の良い菅さんは見たことがない。テレビ画面からも高揚感が伝わってくるほどだった。やはり本人も知らず知らずのうちに平成の小渕恵三官房長官を意識しているのではないか」

 地味な官房長官だった小渕氏は「平成」の元号発表をきっかけに“平成おじさん”と呼ばれて全国区の知名度になり、最後は総理の座を射止めた。

 実は、新元号発表までのカウントダウンでも菅氏は昂ぶりを隠せなかった。2日前の3月30日には、統一地方選の応援に地元・神奈川入りした。最初に向かったのは市議選が行なわれている横浜市の南区、菅氏の選挙区である。地元紙記者はこの行動に驚いた。

「菅さんは気配りの人。これまで選挙応援で神奈川入りする場合は、別の選挙区から始めるのが常で、真っ先に自分の選挙区に向かったことはなかった。総理を目指すには自分の選挙に強いことが絶対条件ですから、逸(はや)る心を感じた」

 そして発表前日(3月31日)には、ラジオ番組『政界キーパーソンに聞く』(ラジオ日本)に出演。菅氏は新元号について「いよいよその日が来た。緊張感でいっぱいです」と率直に語り、夏の参院選に合わせた衆参同日選の可能性を問われると、「それはない。解散権は安倍首相の専権事項なので、ないと100%は言えない。99%とは言えるかもしれない」と答えるなど、今後の政治の重要テーマについていつになく饒舌に語ったのである。

 今も自民党内には衆参同日選論がくすぶっているが、菅氏は絶対反対の立場とされる。

「解散権は総理の専権事項」と言いながら、同日選を明快に否定したのは、“オレの目が黒いうちは解散させない”という自信の表われともいえる。

 逆に安倍首相は元号会見を開いたことが裏目に出た。

 安倍首相は「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味」と説明し、令を「清らかで美しい」と解釈しているが、「命令の令」と受け取る人が相次ぎ、“首相は上から目線で「和を命じる」つもりか”という意見も出た。

 さらに安倍首相が新元号を「働き方改革」や「1億総活躍社会」と結びつけて自画自賛したことも、上から目線論に拍車をかけてしまった。元号発表で菅氏は脚光を浴び、安倍首相は新元号への批判を一身に浴びているのだから“なぜだ”と釈然としない思いだろう。

※週刊ポスト2019年4月19日号

関連記事(外部サイト)