香蘭、普連土、晃華などキリスト教女子校人気が再燃の理由

香蘭、普連土、晃華などキリスト教女子校人気が再燃の理由

キリスト教系の学校は「どう生きるか」に主眼が置かれている(写真はイメージ)

 ここ数年の中学受験といえば、新時代に向けた教育内容を強調する共学校が人気で、特にキリスト教系の女子校はおしなべて苦戦を強いられていたという。それが2019年度入試では一転して前年より受験者を増やした学校が多かった。そこで、安田教育研究所の安田理氏が、この2年間の入試状況とキリスト教系の学校人気が好転した理由を探った。

 * * *
 3月21日、「キリスト教学校合同フェア」が青山学院高等部を会場に開かれたのだが、前年を2割も上回る5000人もの来場者があった。

 ちょうど昨年の今ごろ、私は入試状況を分析していて、個人的には「困った世相になったな」と残念な気持ちでいた。というのは、首都圏では中学受験の受験者が3年連続して増えているにもかかわらず、カトリック校の苦戦が著しかったからである。

 東京にはカトリックの女子校は8校あるが、うち大半の6校が前年より受験者を減らしていた(増えていたのは光塩女子学院と聖ドミニコ学園のみで、それもそれぞれ31名、5名とごくわずか)。

 神奈川にも同じく8校あるが、やはり増えていたのは3校しかなかった。増えているといっても、カリタス女子が62名増えている以外は、函嶺白百合学園が14名増、聖セシリア女子が3名増とやはりごくわずかだった。

 カトリック校は、「徳においては純真に、義務においては堅実に」(雙葉、横浜雙葉)、「従順、愛徳、勤勉」(白百合学園)、「ノーブレスオブリージュ(能力は自分に与えられたのではなく世の人々のために使うよう与えられたもの。努力して能力を人々のために)」(晃華学園)といった校訓を掲げていて、それがいまどきの保護者には受け入れられないのだなと心配してしまったである。

 ちなみに2018年度のプロテスタント校は、東京で10校のうち5校が増、神奈川で6校のうち3校が増であった。ちょうど半数が増であったが、受験者総数が増えているのに半数は増えていないのだから決して喜ばしいものではなかった。

 それでもプロテスタント校のほうがまだマシなのは、カトリック校が閉鎖的で硬いイメージであるのに対し、プロテスタント校は明るく開放的な校風で、生徒が元気な学校が多いことが、この差を生んでいるのではないかと解釈したものである。

◆2019年度入試では一転して増加が多数派

 だが、2019年度入試ではこれが一転して前年比増加した学校が多数派となった。

【カトリック校】
・東京/8校中6校が増
(晃華学園、白百合学園、星美学園、東京純心女子、雙葉、目黒星美学園)
・神奈川/8校中5校が増
(聖セシリア女子、清泉女学院、聖ヨゼフ学園〈2020年度から共学になる〉、聖園女学院、横浜雙葉)
※このうち晃華学園、清泉女学院は3桁の大幅増。

【プロテスタント校】
・東京/10校中5校が増
(香蘭女学校、女子学院、女子聖学院、普連土学園、立教女学院)
・神奈川/6校中5校が増
(捜真女学校、フェリス女学院、緑ヶ丘女子、横浜共立学園、横浜女学院)
※このうち香蘭女学校、普連土学園、横浜女学院は3桁の大幅増。

◆大胆な入試改革に乗り出した学校が多数

 2018年度入試の増は、見てきた通りどこもがごくわずかなものだった。それが2019年度入試では3桁の大幅増が5校もある。うち3校は200名を超える。わずか1年の違いでどうしてこうなったのかと言えば、この3校はここ数年の厳しい状況に危機感を抱き、大きな入試改革を行ったからである。

・香蘭女学校……ずっと2月1日午前の1回だけだった入試日を2月2日午後に新設
・普連土学園……2月1日午後に算数入試を新設
・晃華学園……2月1日午後にはじめて午後入試を新設

 共通項は午後入試。午前だけだった時代には足を運んでいなかった層が、午後なら併願先として受ける可能性があると足を運んだ。そうした保護者が説明会で話を聴き、キリスト教系の学校の良さに気づいた──という構図が読み取れるのである。それが他のキリスト教系にも波及した部分がある。それとやはり隔年現象の要素が大きいだろう。

 中学入試では前年「広き門」だった学校に受験生が集まるという現象が顕著である。多くが前年低調な入試だったことが、今年増加に転じた学校が多いということにつながっている。

 保護者と接していて、また安田教育研究所には連日のように先生がいらっしゃるが、そうした折に自校の受験生の併願校を尋ねると、もちろんキリスト教系の他校もあるが、無宗教も付属校もあるし、共学校も組み込まれていたりもする。以前と比べると学校の性格にこだわりが少ないということも隔年現象になることにつながっている。

◆1回入試の学校も軒並み増

 いまの中学入試は1つの学校が5回も6回も入試を行うことが普通である。入試回数を増やせば受験者も増えるので、学校はどうしても入試回数を増やす方向に走る。そうした中でキリスト教系には依然として1回だけを守っている学校が多い。

 そこで、1回入試の学校の受験者はどうだったのか気になった。入試をいじっていない学校が増えていれば、動向が本物だからである。

 カトリック校で1回だけは白百合学園、雙葉、湘南白百合学園、横浜雙葉。このうち湘南白百合学園(−15人)以外は増えていた。また、プロテスタント校で1回だけは女子学院、立教女学院、フェリス女学院。この3校はすべて増だった。

 白百合学園、湘南白百合学園(この2校は2月2日が入試日)以外はすべて2月1日が入試日であるから受験生は重ならない。確実にキリスト教系の学校志望のすそ野が広がったと言えるのである。キリスト教系の学校への「再認識」が起こったことは間違いないであろう。

◆キリスト教系学校「再認識」の背景

 学校説明会に足を運ぶと、「キャリア教育」に関しての取り組みを熱心に語る学校が多くなっている。それは、保護者側が、「大卒の就職難」(今年はずいぶん好転したが…)、「就職しても3年で退社」といった報道を頻繁に目にし、わが子の将来に強い不安を感じていることと軌を一にしている。

 ひと昔前の難関大学に入れてほしいという「願望」から一歩進んで、わが子が将来仕事に就いてちゃんと生きていけるようにしてほしいと、「願望」の質も変わってきている。そうした意味では、「キャリア教育」は社会の、ひいては時代の要請なのだろう。

 ここからは私の個人的な印象なのだが、「キャリア教育」の説明を聴いていると、多くの学校では「何になるか」にポイントがあるように思う。これに対して、キリスト教の学校では「どう生きるか」に主眼が置かれているように感じる。じつはこの違いは大きい。前者は概ね「仕事調べ」→その仕事に就くための「大学研究」という流れになる。

 しかし、会社を途中で退職した経験を経て60代になってみると、「何になるか」以上に「どう生きるか」のほうが人生においては『長持ち』するような気がする。激しく変化するこれからの時代を生きる生徒にとっては尚のことそうではないだろうか、と感じるのだ。

 また生徒がこれから巣立つ社会では、他者に共感し、他者と共に働き、他者と共に生きることが、否応なく必要になる。そうした時代に向けて、キリスト教系の学校の「他者のために生きる」精神に触れておくことは意味のあることではないだろうか。

関連記事(外部サイト)