両陛下で違いも 天皇家の「拍手」には2通りのやり方がある

天皇皇后両陛下の拍手のやり方に違い 拍手は方法によって、生じる効果が違うとも

記事まとめ

  • 天皇皇后両陛下は異なる拍手のやり方をするといい、深い意味が込められているという
  • 秋篠宮さまの拍手のやり方は陛下と同じで皇太子さまは皇后さまの方法に倣っているそう
  • 両陛下と皇太子さま、秋篠宮さまが4人で拍手について話をされていたこともあるとか

両陛下で違いも 天皇家の「拍手」には2通りのやり方がある

両陛下で違いも 天皇家の「拍手」には2通りのやり方がある

天皇皇后両陛下の拍手のやり方にまつわるエピソード(写真:時事通信フォト)

 4月10日、天皇皇后両陛下がご結婚60年の節目を迎えられた。お二人が長い歳月、国民に寄り添い、全身全霊で公務に励んでこられたお姿は、日本中の人々の胸に強く刻まれている。

 5月からは皇太子さまが新天皇となり、秋篠宮さまが皇嗣殿下となられるが、皇室の一員としての心得や立ち居振る舞いなどは、親から子へどのように伝えてこられたのだろうか。陛下と70年以上にわたって交流があり、『天皇陛下のプロポーズ』(小学館)の著者でもある、織田和雄さんが知られざるエピソードを教えてくれた。

「気づいている人はほとんどいないと思いますが、陛下は拍手をされるとき、いつも左手を固定し、右手だけを動かしています。秋篠宮さまの拍手のやり方も、陛下と同じです」

 一方、皇后さまは両手を動かして真ん中で打ち合わせて拍手され、陛下のやり方と異なるという。皇太子さまが拍手される時は、皇后さまのこの方法に倣って、両手で行っていると織田さんは指摘する。

 そもそも、拍手はこう行うものという決められた定義がなく、賞賛や賛成の気持ちを表すために、日本だけでなく世界で行われている身体的動作だ。手を叩いて音さえ出れば、どんなやり方でも構わないのではないかと思いがちだが、陛下と皇后さま、2通りの拍手のやり方には深い意味が込められていると考えられる。

 真ん中で手を打ち合わせる拍手は、手のひらではなく指が先に打ち合うため、見た目には大きな動作に映るものの、音がすぐに消えてしまう。だが、陛下が行っている拍手のやり方なら、左の手のひらを右の指全体で太鼓のように叩くことから、大きな音を会場いっぱいに轟かせやすい。つまり、拍手は方法によって、生じる効果が違ってくるというわけだ。そのことに関して、織田さんはこう話す。

「両陛下と皇太子さま、秋篠宮さまのご家族4人で話をされていた時、私はたまたま居合わせていました。その時、陛下が『拍手は両手よりも、左手は動かさずに右手だけで打ったほうがいいかもしれない』とおっしゃり、そのお言葉を聞いた秋篠宮さまがすぐに真似しておられ、自然な親子の絆を感じた次第です。天皇ご一家は拍手ひとつにおいても、真剣に考え、話題にされていらっしゃいました」

 皇室の一員として何をすべきか、どうあるべきか、両陛下を始め天皇ご一家の方々が普段から真摯に話し合ってこられたことが伝わってくる。天皇家の方々の国民に心を寄せるお気持ちは、動作の一つ一つにも込められているのだろう。

関連記事(外部サイト)