皇太子さまのお人柄、学食カレーや“エレベーターボーイ”

皇太子さまのお人柄、学食カレーや“エレベーターボーイ”

天皇皇后両陛下の優しくも厳しい教育を受けて、すくすくと育った皇太子さま(宮内庁提供)

 日本中が待ち望んだ4月1日の新元号発表。菅義偉官房長官(70才)が掲げた「令和」の2文字に、国民は釘付けとなった。

「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている。夢や希望に向かって活躍する時代であってほしい」

 安倍晋三首相(64才)の言葉に、いよいよ新しい時代が始まるという期待を持った人も多いはずだ。

 そんな新元号を国民よりもわずかに先に知られたのが、5月1日に新天皇に即位される徳仁皇太子殿下だった。菅官房長官の発表直前に「令和」を伝えられた皇太子さまは、にこやかな表情を浮かべて「わかりました」とお答えになられたと報じられている。

 天皇陛下の退位まで残り十数日と迫った。新たな時代の「象徴」となる新天皇は、いったいどんな人物なのだろうか。笑顔を絶やされない皇太子さまのお顔はよく拝見するが、その素顔はあまり知られていない。さまざまな関係者たちの秘蔵エピソードから、皇太子さまのお人柄が浮かび上がってきた。

◆「皇室に新しい血が入ったのだ」と担当医を驚かせた幼児期

《あづかれる宝にも似てあるときは吾子ながらかひな畏れつつ抱く》

 皇太子さまは1960年2月23日にお生まれになった。自ら産んだ子でありながら、将来の天皇になることが約束されたわが子を抱かれる緊張感を、当時皇太子妃であった美智子さまはそう和歌に詠まれている。

 その一方で、「自分のお乳で育てたい」と、平安時代から皇室に続いていた「乳人(めのと)制度」をやめられ、ご自身で授乳されたことは驚きを持って大々的に報道された。

 すくすくと育った皇太子さまは、生後6か月で離乳期を迎える。それまでの皇族方は、みな一様に離乳が難しいといわれてきたが、小さなスプーンにのせられたすりおろしのトマトを侍医長が口に運ぶと、皇太子さまは何のためらいもなくのみ込まれた。

 担当医であった佐藤久東宮侍医長は大変に驚き、「皇室に新しい血が入ったのだ」と感じたという。

 その翌月、公務で長期間の訪米をすることになった美智子さまは、「人によってバラバラなしつけではいけない」という考えから、自分が不在のときでも、一貫した子育てが実践できるよう、子育て方法を記したノートを侍従や看護師に残された。

 浩宮徳仁親王の「徳」の一字から「ナルちゃん憲法」と名づけられたこの子育てノートは、世の母親の育児バイブルとして大反響を呼んだ。それまでの皇室には見られない家庭的で厳しい教育により、幼少時から皇太子さまは「公の精神」を育まれる。

 美智子さまの教育方針の1つに、「一度決めたことは最後までやり抜く」というお考えがあった。皇太子さまが4才10か月を迎えた頃、天皇陛下が演奏されるチェロの音色を聞いた皇太子さまが、「同じようにチェロを弾きたい」とおねだりをなさったことがあったという。

 しかし、まだ体の小さい皇太子さまにはチェロは難しいと判断された陛下が、バイオリンを勧められた。練習へ通う皇太子さまだったが、なかなか思い通りにいかず、何度も投げ出しそうになると、稽古には美智子さまが付き添われ、その姿を見守られたという。

 何事も最初から思い通りにはいかない、楽しめるようになるまでには苦しい時間を乗り越える必要があるということを、幼い皇太子さまはバイオリンの練習を通して学ばれたそうだ。

 近年も、学習院OBによる定期演奏会に毎回のように出演されている皇太子さまだが、かつてのバイオリンではなくビオラを演奏されている。父の背中を追い、オーケストラの中でも「縁の下の力持ち」と呼ばれるビオラを優雅に演奏される皇太子さまの姿には、美智子さまも頼もしさを感じられていることだろう。

 さらに、皇太子さまが学習院初等科の頃、東宮御所に招かれた友人とのこんなやり取りから優しいお人柄がうかがえる。

 庭で遊んでいた友人が水たまりでびしょ濡れになったので、御所で着替えをさせたのだが、迎えに来たその友人の母親に、『みんなと遊んでいて落ちてしまったんです。そんなことしなければよかったのに、ごめんなさい』と皇太子さまが自ら謝られた。帝王教育を受けられているとはいえ、なかなか小学校低学年の児童ができることではない。

 無私で紳士的な振る舞いは、学習院大学文学部に進まれてからも目撃されている。大学の同窓だった女性は、「学食でのお姿をよく覚えています」と振り返る。

「殿下がよく召し上がっていらっしゃったのはカレーライスです。当時の学習院の食堂では、食べ終わった食器をシャワーで洗って返却する仕組みでした。シャワーと言っても、パイプに穴が開いた程度のもので、水圧も弱く、ほとんどの学生はササッと濡らす程度でしたが、殿下は丁寧に汚れを落とすまで返却されませんでした。

 多くの学生とエレベーターで乗り合わせた際も、殿下がボタンを押して『どうぞお先に』と他の人を優先される。まるで“エレベーターボーイ”のようなことを自然にされていました。キャンパスで見かける殿下の、つねに上品でジェントルマンな姿は強く印象に残っています」

 学生時代の皇太子さまはカラオケに興じることもあり、佳山明生の『氷雨』が十八番だった。ご学友に、ご自身が“ファン”の柏原芳恵の曲を「歌ってほしい」とリクエストされることもあったという。

※女性セブン2019年4月25日号

関連記事(外部サイト)