雅子さまを支え続ける皇太子さま、これまでの歩みを振り返る

雅子さまを支え続ける皇太子さま、これまでの歩みを振り返る

雅子さまとのご成婚パレードでは、皇居から東宮仮御所までの沿道に約19万人が詰めかけた(時事通信フォト)

「平成」も残すところあとわずか。父である天皇陛下から時代を受け継ぐ徳仁皇太子殿下の胸中には、今、どのような思いが秘められているだろうか──。“令和の象徴”である新天皇となる皇太子さまの結婚と、その後を振り返る。

 昭和天皇が崩御され、昭和から平成に移った日本。再び明るいニュースで喜びに包まれたのは1993年6月のことだ。皇太子さまと雅子さまのご成婚パレードが行われ、沿道に詰めかけた約19万人の国民が皇太子ご夫妻を祝福した。

 外務省の研修生だった雅子さまと皇太子さまが初めて出会われたのは結婚より5年前。《控えめでありながら聡明で、話していて楽しい人》。皇太子さまは、雅子さまに対して、第一印象から好感を持たれていた。皇室ジャーナリストの神田秀一さんは、当時の盛り上がりを振り返る。

「おふたりは1992年に再会されますが、当時はメディアが皇太子妃候補について、あれやこれやと過熱報道を繰り返していました。皇太子さまは側近が運転するワゴンに身を隠しながら赤坂御用地を出発し、極秘で雅子さまとデートをなされていた。おふたりの交際を知っていたのは、宮内庁でもごくわずかでした」

 同年の10月、皇太子さまは雅子さまにこうプロポーズされた。

《皇室に入られるということには、いろいろな不安やご心配がおありでしょうけれども、雅子さんのことは、ぼくが一生全力でお守りしますから》

 結婚にためらいを抱いていた雅子さまだったが、皇太子さまの真っすぐな思いがハートを射止めた。

 世紀のロイヤルウエディングから1か月後に開かれた東京サミットの宮中晩餐会では、若草色のイブニングドレスをまとった雅子さまが英、仏、独語を駆使して各国の首脳をもてなし、皇室の国際親善に新しい風を吹かせた。

「ご結婚後は、おふたりで各国を公式訪問されました。雅子さまの元外交官の経験を存分に生かし、誰もが皇太子ご夫妻の順風満帆な未来を信じていました。しかし、世継ぎ問題が浮上してから、風向きは厳しいものへと変わっていきました」(前出・神田さん)

 1999年12月には、朝日新聞が「雅子さま懐妊の兆候」と一面トップで報じ、日本中が大騒ぎになった。

「それから間もなく、雅子さまは流産され、皇太子さまは翌年の誕生日会見で報道に対して『誠に遺憾である』と非難されました。皇太子さまが、これほど強い表現をされるのは異例のことでした。この一件から、情報を漏らした宮内庁と皇太子ご夫妻の間には、溝ができたとされます」(皇室記者)

 そして、待望の第1子となる愛子さまが2001年12月1日に誕生される。幸せなニュースに日本中が歓喜したが、雅子さまの心労は重なる。

「出産後、雅子さまは1年ほどの産休を望まれました。しかし、宮内庁は美智子さまが出産後8週間で公務に復帰した前例をもとに要求を拒み、わずか2か月の産休しか認めませんでした。第2子にも恵まれず、湯浅利夫宮内庁長官の『秋篠宮さまのお考えはあると思うが、皇室の将来を考えると3人目を強く希望したい』という発言もあった。雅子さまが心身を崩されるのは、無理もない状況でした」(前出・皇室記者)

 2003年12月に宮内庁病院で帯状疱疹と診断されて入院して以降、雅子さまは長い療養生活に入ることとなる。そして、翌2004年5月、欧州訪問を控えた記者会見で、皇太子さまは衝撃の発言をされた。

《雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です》

 それから2か月後、雅子さまが「適応障害」と診断されたと宮内庁が発表した。

 ご夫妻そろっての公務を希望する宮内庁から雅子さまをかばうように、皇太子さまはひとりで公務をされながら、雅子さまの療養生活をサポートされた。

「愛子さまが学習院幼稚園に通う際は、体調のすぐれない雅子さまに代わって週3回ほど、皇太子さまが送り迎えをされていました。昼間にご公務がある日でも時間のやりくりをされ、自ら幼稚園との電話連絡をされることもありました。雅子さまがなかなかお目ざめにならない時は、ひとりで寂しい食事をされないようにと、出発のぎりぎりまで雅子さまをお待ちになっていらっしゃいました」(宮内庁関係者)

 しかし、ご結婚20年目を迎えた2013年、『新潮45』に《皇太子殿下、ご退位なさいませ》という論文が掲載されると、皇太子一家の在り方を巡って大論争が起こる。その論文の内容は、家族を慮るあまり「公」としての役割を果たせない皇太子さまに「退位」を促し、秋篠宮さまへ後継者としての地位の「譲位」を勧めるものだった。

 世間で賛否両論が巻き起こる中、皇太子さまは変わることなく、忙しい公務の合間を縫って雅子さまと愛子さまを支え続けた。

 そこに、父である天皇陛下の影響を指摘するのは、前出の皇室記者だ。

「天皇陛下は皇太子時代に、記者会見で『家族という身近なものの気持ちを充分に理解することによって、初めて遠いところにある国民の気持ちを実感して理解できるのではないか』とおっしゃいました。このお考えを皇太子さまは受け継がれています。その上で、プロポーズした際の『一生全力でお守りします』という約束を果たすべく、雅子さまと愛子さまを全身全霊で守ろうというお心持ちなのでしょう」

 当時、本誌・女性セブンが行ったアンケートでは、皇太子さまの家族を思いやる姿勢に高い支持の声が集まっていた。

 皇太子さまが支持される理由は、家族愛だけではない。手術で入院された陛下の臨時代行など、きっちりと役目を果たされる公務に対する真面目な姿勢も、国民を安心させた。

 雅子さまは順調に快復の道を歩まれ、2017年には2004年以降最多の公務を果たされた。宮内庁関係者もすっかり安堵の表情を浮かべる。

「皇太子さまは公務を非常に丁寧に行われるのに加えて、夫として、父として、家庭人としても大変ご立派です。両陛下のご教育をきちんと受け止め、どんな時も物事に動じない信念をお持ちです。私ども宮内庁職員に対してもつねに朗らかで、意見をしっかり聞いてくださる。そのおかげでわれわれにも、『殿下のために』という気持ちが芽生えるんです」

※女性セブン2019年4月25日号

関連記事(外部サイト)