美智子さまに「断捨離問題」、両陛下のお持ち物はどうなる?

美智子さまに「断捨離問題」、両陛下のお持ち物はどうなる?

4月7日、おふたりだけで花見を楽しまれた両陛下(撮影/横田紋子)

 ソメイヨシノの花びらが、一枚、また一枚と静かに散り、ふわりとお濠に浮かんだ。その様子を愛でながら、腕を組まれた天皇陛下と美智子さまがゆっくりと歩まれる。居合わせた“皇居ランナー”にも笑顔を向けられた。

 4月7日の朝7時ごろ、両陛下は皇居北側の北桔橋門から外へ出て、約10分間、皇居の外周の桜を楽しまれた。退位を目前に控えた慌ただしい日々の中、穏やかな時を過ごされたことだろう。

 その前日、高輪皇族邸(港区)のすぐ近くでは、『高松桜まつり』が開催された。高輪皇族邸は、両陛下が退位後、皇居・御所からお引っ越しされる予定の場所だ。赤坂御用地(港区元赤坂)内の東宮御所を、上皇のお住まいである「仙洞御所」に改修するまでの1年半ほど、そこに仮住まいされるという。

「両陛下は“6月”にも高輪皇族邸にお引っ越しされてくると聞いています。当日は町内会の役員が正装してお出迎えする予定です。

 敷地内には立派なしだれ桜があって、外からでも塀越しに見えるんです。来年春には、両陛下と同じ桜を見られると思うと感慨深いです」(桜まつりの参加者の1人)

 近隣住民は一様に、両陛下のお引っ越しを“今か今か”と心待ちにしている。しかし、実は、そのスケジュールの目処は現状、まったく立っていない。その理由の1つは、おふたりのご多忙さにある。

「連日の公務に加え、4月末日の退位礼正殿の儀をつつがなく終えるための準備と体調管理が最優先です。お引っ越しの用意やスケジュールのご相談などできる雰囲気ではないそうです」(宮内庁関係者)

 職員の頭を悩ませるのは、おふたりのお持ち物の多さだ。まずは、お召し物。どこの家庭でも女性の衣類は多いもの。両陛下でも、特に美智子さまのお洋服は多い。

「あらゆる場面にふさわしいお洋服を備えられているため、その数は相当なものです。しかも、たとえば美智子さまの代名詞でもある素敵なお帽子でも、重ねて置いておくわけにはいきません。1つ1つ専用のケースに入れて、保管されています。お召し物やお履き物も同じで、しわにならないように、傷がつかないように、丁寧にしまってあるのでかなり広い収納スペースが必要です」(別の宮内庁関係者)

 両陛下ともに、かなりの読書家として知られる。陛下は魚類研究の専門家であり、関連書籍や資料も多い。美智子さまも絵本や児童書に精通されていて、「御所の中には、両陛下が大切にされている書籍が本棚にびっしりと並んでいる部屋がある」(皇室関係者)という。

 両陛下は海外の賓客と会見される際、お土産の品やプレゼントの交換が行われることが多い。

「平成の30年間で両陛下はあらゆる国々や地方の特産品などを受け取られ、その点数は膨大です。御所の地下にある広大なスペースに丁寧に保管されていると聞いたことがあります。大切な品々なので、処分するわけにも、誰かに譲るわけにもいきません」(前出・宮内庁関係者)

 1992年来日のペルーのフジモリ大統領は両陛下に「獣毛壁掛け」や「純銀製食器」をプレゼントした。ロシアのエリツィン大統領からは「大理石の置物」、中国の江沢民総書記からは「地震計」を贈られたが、それらは氷山の一角。御所の中の倉庫は、さながら「世界の博覧会」なのだ。それらのお荷物をすべて、御所よりもはるかに狭い高輪皇族邸にお持ちになるのは不可能だ。

「そもそも高輪皇族邸は仮住まいであって、改修工事が終われば仙洞御所に再度お引っ越しされるので、まずは身の回りの生活に必要なものだけを高輪皇族邸に移される段取りになりそうです。

◆前回のお引越しの時はどうだったか

 職員が頭を悩ませたのは海外賓客からのプレゼントなどの運び先です。一時は葉山御用邸(神奈川県)に運び込む案も検討されましたが、赤坂御用地内に建設する収蔵庫棟に運ばれることになりそうです」(前出・宮内庁関係者)

 お引っ越し準備といっても、もちろん両陛下が自ら段ボール箱に詰めるわけではない。ただ、両陛下の判断を仰がない限りは、たとえばどの洋服やアクセサリーを高輪皇族邸にお持ちになるか、職員が勝手に決められるものでもない。

「ご公務は格段に減るので、美智子さまのお召し物にしても、必要度の低いものはそれなりに“断捨離”されることになりそうですが、退位後しばらくして落ち着いてからでないと整理に手を付けられないでしょう。

 他にも、陛下のハゼの研究のための顕微鏡やプレパラート、美智子さまが弾かれるグランドピアノやハープなど、どれを仮住まいにお持ちになるのか、リストアップもまだまだ先になりそうです」(前出・宮内庁関係者)

 御所には、新天皇に即位された皇太子さまご一家が引っ越されるが、その前に改修工事が行われる。両陛下のお引っ越しが終わらないと、リフォームの工事も始まらないので、そうごゆっくりもされていられなさそうだ。

「平成5年に赤坂御所から皇居・御所にお引っ越しされた際は、両陛下が葉山御用邸でご静養されたタイミングで荷物を運び、御所に移られました。今回も、夏の那須御用邸(栃木県)でのご静養に出られている間に荷物を運び、高輪皇族邸に戻られるといった計画が立てられるのではないでしょうか。

 美智子さまは思慮深い方ですが、物事をお決めになられる時の判断力は鋭く、思い切りのいい方です。いざお引っ越し準備となれば、わりとスムーズにいくはずです」(前出・皇室関係者)

 秋の紅葉の季節は、高輪皇族邸で過ごされることになるだろうか。

※女性セブン2019年4月25日号

関連記事(外部サイト)