悠仁さま進学のお茶の水附属 OGから「特別待遇」に苦言も

秋篠宮家の長男・悠仁さまへのお茶の水女子大学附属中学校の「特別待遇」にOG苦言も

記事まとめ

  • 悠仁さまがお茶の水女子大学附属中学校の入学式で、114人の新入生を代表し宣誓された
  • 同校のOGは「学校の伝統を曲げてまで、“特別待遇”する必要があるのか」と苦言を呈す
  • 愛子さまは学習院で特別扱いはされず、同級生から呼び捨てで敬語も使われないという

悠仁さま進学のお茶の水附属 OGから「特別待遇」に苦言も

悠仁さま進学のお茶の水附属 OGから「特別待遇」に苦言も

中学生としての門出を迎えられた悠仁さま(撮影/JMPA)

 秋篠宮家の長男の悠仁さまが4月8日、お茶の水女子大学附属中学校(東京・文京区)の入学式に臨まれ、114人の新入生を代表し「それぞれが持っている力を大事に伸ばし、可能性や視野を広げていきたい」と4分間、宣誓された。

 悠仁さまは戦後の皇室で初めて学習院初等科ではなく、お茶の水女子大学附属小学校に入学され、エスカレーター式に附属中に内部進学された。

「今回、悠仁さまが選ばれた新入生代表の挨拶は、お茶の水中の歴史において、初めて行われたものでした。さらに、式典で行われた校長による祝辞も、十数年ぶりのこと。悠仁さまが入学された今年に、復活を遂げたわけです」(皇室記者)

 学校側は悠仁さまを代表に選んだ理由を、「学業や人格的成長を総合的に判断して選出した」としている。同校のOGは驚きを隠さない。

「特別なおかたであることは理解していますが、学校の伝統を曲げてまで、“特別待遇”する必要があるのでしょうか。そもそも学生の3分の2が女子なのに、なぜ男子が選ばれたのか。お茶の水の高校は女子校なのですが、“悠仁さまの入学に合わせて共学になる”という噂が現実になりそうだとOGの間で話題です」

 お茶の水中は、内部進学生だけでなく、難関の中学受験をくぐり抜けた外部生もいる。新入外部生の親族が話す。

「私立学校ならまだしも、国立学校でそんな特別扱いがあるんですね。子供がかかわって、トラブルでも起こしたら学校にいられなくなるのかしらと少し不安を感じました」

 特別待遇は、本当に悠仁さまのためになるのだろうか。多くの皇族方が通われた学習院では「皇族だからといって特別待遇はしない」(学習院関係者)という。

「学習院はむしろ、あえて“皇族は目立つことには選ばない”校風です。学校側が特別扱いをすれば、周囲の子供たちが意識して、どう接していいかわからなくなります。

 愛子さまも特別扱いはされず、同級生から呼び捨てにされますし、敬語も使われない。親密でフラットな信頼関係を築かれているそうです」

 次女の佳子さま(24才)は3月22日、国際基督教大学卒業にあたって公表された文書で、眞子さま(27才)の結婚延期について《姉の一個人としての希望がかなう形になってほしい》と触れられ、秋篠宮さまの「納采の儀は行えない」という方針への反発を表明された。

 悠仁さまの宣誓や、佳子さまの卒業文書の内容、眞子さまの結婚延期など波紋を広げることが重なり、秋篠宮家の「家庭教育」に疑問を投げかける声は増えている。

「この5月1日の新天皇即位をもって、秋篠宮さまは皇太子待遇の『皇嗣』になられます。ただ、昨年11月の誕生日会見で宮内庁長官批判をされたことや、秋篠宮邸を約33億円もかけて増改築される上に約10億円の御仮寓所(仮住まい)を建てられたことなど、秋篠宮さまご自身に対しても心配の声は少なくない。

 美智子さまは“新天皇を支えるため、秋篠宮さまを中心に一家がまとまってほしい”と気を揉んでいらっしゃるようです」(皇室関係者)

※女性セブン2019年5月2日号

関連記事(外部サイト)