関東の暴力団に「東京五輪では休戦」呼びかけ文書が出回る

関東の暴力団に「東京五輪では休戦」呼びかけ文書が出回る

暴力団も五輪に協力?

 いよいよ来年に迫った東京五輪のチケットサイトが開設し、連休明けにも申し込みが始まるという。国民の期待が高まる一方、別の意味で密かに胸躍らせている人たちがいる。ヤクザだ。彼らはこの「平和の祭典」を、「巨大なシノギ」に化けさせようとしているらしい。ノンフィクション作家の溝口敦氏と、フリーライターの鈴木智彦氏が語り合った。

鈴木:関東の暴力団に、東京五輪に向けた銃器使用の自重を求める文書が配られたようですね。要するに、期間中は抗争しないで大人しくしよう、と。

溝口:住吉会、稲川会などが加盟する関東親睦会という団体が出したものですね。

鈴木:文書には〈二〇二〇年東京オリンピック、パラリンピックに向けまして社会情勢を鑑み各会に銃器の使用の自重を改めて要請致し又今後発砲事件が起こらぬ様関東親睦会各会協力の元 各会会員の指導教育も併せて申し合わせ致しました〉とあります。五輪に向けて警察の取り締まりが強化されるから、それを予防するためかもしれません。

溝口:国家的イベントに際し、抗争を自粛するというのは過去にもありました。有名なのは山一抗争(*)の「ユニバーシアード休戦」。1985年に神戸でユニバーシアードという学生版オリンピックが開かれるにあたり、2か月にわたって休戦することを、両団体が合意しました。

【*1984年、竹中正久組長が四代目を襲名したことに反対した反竹中派が「一和会」を結成。竹中組長は一和会に殺害され、山口組は報復に動いた。1989年の一和会解散までに双方で25人の死者を出した】

鈴木:ビッグイベントの時には国際的な注目も集まるから、マスコミにも騒がれやすくなる。だから、目立たないようにしようというのがあるんですよね。大規模なイベントなら、ヤクザにとってもシノギのチャンスになるから、そちらに集中したいわけで。

溝口:スタジアムの建設や人材派遣は莫大な人手が必要だから、ヤクザの入り込む余地が生まれる。建設業界は被災地の復興に人が回せないというくらいですからね。

鈴木:俺が(自著)『ヤクザと原発』の取材で東日本大震災後に福島第一原発に潜入したときは五次請けで、中には八次請けなんて人もいましたよ。

溝口:八次請けじゃ、暴力団が入っていても元請けは分からないよね。

鈴木:原発(の廃炉関連事業)には暴力団関係者が相当入っていました。だから、五輪絡みの現場にも入り込んでいる可能性が高い。

溝口:あとはダフ屋。まあヤクザの仕事としてはたいしたものじゃないと思うんだけど、ネットを利用したりホームレスを使ったりして、あの手この手でチケットを買い占めるはず。なにせ高く売れるんだから。

鈴木:警察は当然、取り締まりを強化するはずだけど、本音を言えば警察だって、暴力団が産業の中に不可分に入り込んでいることはよく理解している。ただマスコミに騒がれるのが嫌なだけなんです。だからこそ、こうした文書を暴力団が出すのは、「警察を立てますよ」というアピールでもあると思う。

溝口:暴力団が取り締まり強化を恐れているのは間違いない。前回の東京五輪が開催された1964年に、警察による「第一次頂上作戦」(暴力団壊滅作戦)が始まっています。主に関東の暴力団が対象とされていたので、警察は東京五輪を意識していたはずです。

鈴木:当時は今と違って、ヤクザが堂々と建設業をしていましたからね。

溝口:1998年に長野五輪が開催された時には、風営法の改正が行なわれました。無店舗型が届け出制になって、デリバリーヘルスが解禁された。繁華街に目に付く風俗店は置かない代わりに、行くなら無店舗型で勝手にやってよという方針転換があった。これもヤクザ対策ですね。

鈴木:今回も相当外国人が来るはずだから、ビジネスチャンスになりますよね。

溝口:東京五輪に来る外国人観光客の目的は、当然、観戦だけじゃない。たとえば、AV女優を100万円出しても抱きたがるなら間を取り持ちましょうと、そういうサービス提供はヤクザの仕事ですね。

鈴木:インバウンドにはヤクザも期待しているはず。

溝口:今、当局が懸念しているのは、民泊にヤクザが食い込んでくること。そこで売春を斡旋するということが広がるんじゃないかと。

●みぞぐち・あつし/1942年東京浅草生まれ。早稲田大学政経学部卒。『食肉の帝王』で講談社ノンフィクション賞を受賞。『暴力団』、『山口組三国志 織田絆誠という男』など著書多数。

●すずき・ともひこ/1966年北海道札幌生まれ。『実話時代』の編集を経てフリーへ。『潜入ルポ ヤクザの修羅場』など著書多数。近著に『サカナとヤクザ』、『昭和のヤバいヤクザ』。

※週刊ポスト2019年5月3・10日号

関連記事(外部サイト)