若手社員の「5月病」、乗り越えるために役立つ「3つの感覚」

若手社員の「5月病」、乗り越えるために役立つ「3つの感覚」

会社を辞めたくなったら「首尾一貫感覚を持てるかどうか」が重要になる(写真はイメージ)

 この春、新入社員を迎え入れた職場も多いだろう。就職活動を勝ち抜いて、志望する企業に入れた人も、あるいはそうでない人も、期待と不安の入り混じった思いで、人生の新たなスタートを切っているに違いない。

 しかし、入社後しばらくすると、「自分の思い描いていた仕事と全然違う」「希望の職種ではないところに配属された」「職場になじめない」といった理由で深刻に悩み始める社員が出てくる。いわゆる「雇用ミスマッチ」と呼ばれる現実だ。大学新卒者の3年以内離職率は、31.8%にものぼる(平成27年3月卒業者。厚生労働省)。ほぼ3人に1人が3年以内に会社を辞めている計算だ。

 産業カウンセラーやキャリアコンサルタントとして100社を超える企業の相談に応じてきたストレス・マネジメント研究者で、近著に『「首尾一貫感覚」で心を強くする』がある舟木彩乃氏によれば、休職や退職を考える人の多くには“共通する特徴”があるという。

◆“人生の辻褄合わせ”ができる人の共通点

「私はこれまで、のべ8000人以上をカウンセリングし、その中で『雇用ミスマッチ』に悩んで休職や退職を考えている方々からも、いろいろな相談を受けてきました。彼らがそう考えるようになったきっかけは、配属された部署や仕事内容に対する不満であったり、職場の人間関係の悩みだったり、給与や待遇の低さであったりとさまざまですが、その中でも、いよいよ休職・退職を決断するまで追い詰められている人たちに共通しているのは、『今の職場で働く意味』を見いだせなくなっているということです」(舟木氏、以下同)

 自分がこの会社で働くことに「意味」があるのか?──そんな疑問を持つようになると、自分の身に降りかかるさまざまな出来事に対処できなくなるという。なぜなのか?

「人はしばしば、何かを行なう時に、その『意味づけ』をするものです。自分がこの仕事に時間を費やし、エネルギーを投入する『意味』は何なのか? そこに、はっきりとした『意味』を見いだせる人は、困難な出来事やトラブルに遭遇した時でも、その現実に正対できるのではないでしょうか。

 たとえば、成績不振に悩んでいた営業マンが、商品を購入した顧客から感謝の言葉をかけられて、あらためて自分の仕事に『意味』を見いだし、新規開拓にも前向きに取り組むようになった──といったケースはよくあると思います。こうした『意味づけ』は、浮き沈みのある職業人生に整合性を持たせ、いわば“人生の辻褄合わせ”ができるようになるのです。

 そんな“人生の辻褄合わせ”に長けている人には共通点があります。それは、『首尾一貫感覚(SOC)』が高いということです」

◆困難を乗り越える「3つの感覚」

 舟木氏の著書のテーマともなっている「首尾一貫感覚」とは、医療社会学者のアーロン・アントノフスキー博士(1923〜1994)が提唱した概念で、かつてナチスドイツの強制収容所に収容された経験を持ち、戦後も厳しい難民生活を強いられながら生き抜いて、更年期になっても心身ともに良好な健康状態を維持し続けたユダヤ人女性たちに共通して見られた特徴だという。それは、次の3つの感覚からなっている。

■把握可能感(=「だいたいわかった」という感覚)――自分の置かれている状況や今後の展開を把握できると感じること。

■処理可能感(=「なんとかなる」という感覚)――自分に降りかかるストレスや困難に対処できると感じること。困難を乗り越えるときに必要な“資源”(相談できる人やお金、権力、地位、知力など)を持っていることが、この感覚の根拠となる。

■有意味感(=「どんなことにも意味がある」という感覚)──自分の人生や自身に起こることには意味があると感じること。

 これら3つの感覚は、お互いに補完し合うようにつながっている。

 例えば、「今、起きていることや将来のことはだいたい自分で把握できている」と思える「把握可能感」があれば、「トラブルがあっても、なんとかなるだろう」という「処理可能感」が持てる。「処理可能感」の元となる人脈やお金などの“資源”を実際に活用することで、「把握可能感」を高めることもできる。また、「自分自身に起こる出来事にはすべて意味がある」という「有意味感」を生み出す価値観や考え方は、「処理可能感」を高めるための“資源”になると考えられる。

「もし、あなたの周りに、追い詰められて思い悩んでいる人がいたら、それら3つの感覚のいずれか、またはすべてが低い状態であることが多いと予想されます。特に新入社員や若手社員の場合は、経験が不足していたり人脈がなかったりするために、『把握可能感』や『処理可能感』を得られにくいことが多く、困難や問題を克服するためには上司や先輩からのフォローが必要となります。にもかかわらず、そこで上司や先輩のフォローがないと、仕事を続けていくのが難しくなってしまいます」

◆大事なのは「有意味感」

 また、仕事や会社に関わることに限らず、長い人生のうちには、災害や病気など「把握可能感」や「処理可能感」だけでは歯が立たない事態に遭遇することもある。そのような想定外の大きな壁に直面したら、どう対処すればいいのか?

「そんな時に最も頼りになるのは、目の前の現実に対して、『乗り越える価値がある(どんなことにも意味がある)』と思える『有意味感』です。

 もし『今の職場で働く意味』を見いだせずに悩んでいるのであれば、入社前に自分が持っていた『思い』と『今、この壁を乗り越えることの意味』を自分に問い、自身をひたすら掘り下げていくべきだと思います」

 しかし、それでも「今の職場で働く意味」を見いだせないという結論に至った場合はどうすべきなのか? 「首尾一貫感覚」に関する研究では、「有意味感」は、自分が「あきらめる」ことや「折れる」ことも、それが先見性や合理性のある選択であれば、肯定されることがあるのだという。

「首尾一貫感覚の観点からすると、『挑戦する意味(価値)がある困難』には対処すべきとなりますが、『挑戦する意味(価値)がない困難』には立ち向かわなくてもいいということになります。もし、どうしても今の会社や仕事に『意味』を見いだせないのであれば、自分の心がまだ健康なうちに、“何であれば意味を見いだせるのか”を考え、ポジティブに退職や転職を視野に入れるといいと思います」

「だいたいわかった」「なんとかなる」「どんなことにも意味がある」――。

 この「首尾一貫感悪」を持てるかどうかが、「雇用ミスマッチ」や「5月病」を乗り越えるカギとなりそうだ。

【プロフィール】舟木彩乃(ふなき・あやの)/ストレス・マネジメント研究者。10年以上にわたってカウンセラーとしてのべ8000人以上の相談に対応。現在、筑波大学大学院ヒューマン・ケア科学専攻(3年制博士課程/ストレス・マネジメント領域)に在籍。著書に『「首尾一貫感覚」で心を強くする』。

関連記事(外部サイト)