美智子さまのご結婚式当日のご様子 その時何があったのか

美智子さまのご結婚式当日のご様子 その時何があったのか

結婚60年の祝賀行事を終えた天皇、皇后両陛下(時事通信フォト)

 天皇皇后はご成婚60年を迎えた。その長い年月の出発からの道程を、宮中で間近に見ていた人物がいた。昨年5月に94歳で亡くなった元内掌典(ないしょうてん)の高谷朝子氏である。高谷氏の在職は昭和18年から57年間。内掌典は、「宮中三殿」と呼ばれる賢所(かしこどころ)、皇霊殿、神殿の3つの社にお祀りしている神々に仕える女性の内廷職員だ。生前の彼女を数度にわたり取材したジャーナリスト、児玉博氏が、「美智子妃が在位の間は書かないでほしい」との約束のもとに秘めてきたエピソードを、知られざる宮中の様子とともに明かす(文中一部敬称略)。

 * * *
 昭和34年4月10日は、高谷にとっては終生忘れえぬ一日となった。日本中が沸いた皇太子と美智子妃の世紀の結婚式の当日だった。

「私が生きている間はこのことはお話しになられると困りますので……、美智子様もご在位の時は……」

 普段、快活に話していた高谷が目を伏せるようにしてこんな話をしてくれた。

 それは婚礼当日のことだった。宮中は華やいだ雰囲気に包まれていた。そんな中、高谷ら内掌典が見たのは、身に付けたことのない婚礼衣装を前に涙さえ浮かべて悄然と立ち尽くしていた美智子妃の姿だった。

 本来であれば、皇太子妃には側近くで仕える女官が身の回りの世話をする。その女官が見当たらない。どうやら、誰の指示か分からぬものの、女官らが婚礼の手伝いを放棄してしまっているようだった。

 そこで、本来であれば女官がやるべきことをすべて本来は携わることのない内掌典が行ない、美智子妃を婚礼の場に送り出したという。

「美智子様の髪の毛はほんの少しだけ癖がありましてね、それを油をつけてゆっくりと結い上げていきました」

 美智子妃は何度も何度も、「ありがとうございます」という感謝の言葉を高谷ら内掌典に残したという。

 美智子妃の存在によって、高谷ら内掌典と両陛下との距離は近いものになっていった。

「身の回りの世話をする女官ほど日常的に接する機会は少ないものの、美智子様が内掌典の部屋にいらっしゃることもありました。民間から来られて何かと苦労されていた美智子様が、傍目からも強くなられたのは浩宮殿下の母になってからのようでした」

 そう高谷は述懐していた。宮中で美智子妃、浩宮らとともに『101匹ワンちゃん』を見た時の美智子妃の母としての喜びに溢れた姿は、高谷の目に焼き付いていた。

◆児玉博(ジャーナリスト):1959年生まれ。早稲田大学卒業後、フリーランスとして取材、執筆活動。著書に大宅壮一ノンフィクション賞(雑誌部門)の受賞作を単行本化した『堤清二 罪と業 最後の「告白」』(文藝春秋刊)、『テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅』(小学館刊)など。

※週刊ポスト2019年5月3・10日号

関連記事(外部サイト)