平成30年振り返り オウム真理教13人死刑、富田林逃走など

平成30年振り返り オウム真理教13人死刑、富田林逃走など

謝罪会見を開いた『はれのひ』元社長・篠崎洋一郎氏(時事通信フォト)

 いよいよ5月から令和の時代がスタートする。平成とはいったいどんな時代だったのか? 平成30年(2018年)を振り返ってみよう。

 1月8日、新成人の門出を祝うこの日、神奈川・横浜市の振袖販売・レンタル会社『はれのひ』が突如、閉鎖。晴れ着を予約していた新成人客に振袖が届かないという被害が起こった。神奈川県警は、決算を粉飾するなどし、銀行から融資金をだまし取ったとして、6月23日、米国から帰国した篠崎洋一郎元社長を逮捕。12月、懲役2年6か月の判決が言い渡された。

 痛ましい事件も。3月、両親によって虐待を受けていた5才の女児が死亡。体重は同年代の平均の約20kgを下回る12.2kg。事件後、室内からは「もっとあしたはできるようにするからもうおねがいゆるして」と女児が書いたノートが見つかった。女児は毎朝4時ごろに起床し、平仮名の練習をさせられていたという。

 2月に開幕した平昌五輪で日本選手団は冬季で史上最多となる金4、銀5、銅4つの計13個のメダルを獲得。カーリング女子は男女通じて初のメダル獲得に日本中が沸いた。

 芸能界では自ら起こした事件や事故を発端に、身を引く人も多い年だった。元TOKIOの山口達也は未成年女性への強制わいせつ容疑で書類送検。不起訴となったものの、本人より事務所に退職願が提出された。

 また、看護師との不倫疑惑を報じられた小室哲哉が、1月19日に会見を開き、「ぼくなりのこの騒動のけじめとして、引退を決意しました」と、この日をもって音楽活動から引退することを明かした。

 さらに、元『モーニング娘。』の吉澤ひとみは、都内で酒気帯び運転をしてひき逃げし、2人に軽傷を負わせたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の疑いで逮捕され、保釈後に芸能界を引退した。

 ヒット商品では、「ドライブレコーダー」。この年の流行語には「そだねー」「スーパーボランティア」「悪質タックル」など。

◆平成30年の主な出来事
1月8日 神奈川・横浜市の振袖販売・レンタル会社「はれのひ」の店舗が成人の日に当日に突然、閉鎖。26日に同社元社長の篠崎洋一郎が謝罪会見

2月9日 平昌五輪開幕。日本勢は過去最多のメダル13個獲得

6月12日 米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(国務委員長)がシンガポールで史上初の米朝首脳会談

6月28日 西日本豪雨発生。岡山、広島、愛媛の3県を中心に15府県で死者・行方不明者200人を超える平成で最悪の豪雨災害に

7月6日 オウム真理教の元代表と教団幹部7人の死刑執行。20日後、残る教団幹部6人も死刑が執行された

9月8日 テニスの全米オープン女子シングルスで大坂なおみ選手が優勝

9月29日 大阪府警富田林署で勾留中に逃走した樋田淳也容疑者を48日後に逮捕

10月11日 東京・豊洲市場が開場

10月21日 卓球の福原愛選手が引退を表明

10月30日 『モーニング娘。』元メンバーの吉澤ひとみ被告に酒気帯び運転とひき逃げ罪で懲役2年執行猶予5年の判決

※女性セブン2019年5月2日号

関連記事(外部サイト)