新京成電鉄や小田急電鉄 車両番号インフレ化はどこまで進む

新京成電鉄や小田急電鉄 車両番号インフレ化はどこまで進む

記事画像

 モノの価格が上がり続ける経済用語の「インフレーション」。日本では略して「インフレ」と呼ばれることが多いが、今では経済関係だけでなく、何かの大きさや数値が大きくなり続けることに対して使われることが多い。鉄道車両にも起きている「インフレ」について、ライターの小川裕夫氏がレポートする。

 * * *
「週刊少年ジャンプ」で連載されていた人気マンガ『ドラゴンボール』は、テレビアニメでも大人気となり世界11カ国で放送された。昨年12月に公開された映画『ドラゴンボール超 ブロリー』も日本のみならず、海外でも90の国と地域で公開され、世界での興行収入は100億円を超える大ヒットを記録している。ドラゴンボール人気は、世代・国籍を問わない。

『ドラゴンボール』では、各キャラクターの強さを表す指標として戦闘力が用いられている。サイヤ人のラディッツとの戦いのとき、主人公・孫悟空の戦闘力は300前後。フリーザとの戦いでは、300万から始まり、セルとの戦いでは12億。ストーリーが進むほどに、戦闘力のインフレ化が顕著になった。

 近年、鉄道業界でも似たような現象が車両で起きつつある。それを象徴するのが、2019年冬に新京成電鉄が運行を予定している新型車両だ。

 新京成電鉄は千葉県の松戸駅から大仏で有名な鎌ヶ谷市、ふなっしー人気により全国区の知名度を誇る船橋市を経て京成津田沼駅までの約26.5キロメートルの路線を有する鉄道会社。千葉県郊外を結ぶ路線ため、年間の乗車人員は1億333万人とそれほど多くない。通勤・通学の動線としてはメジャーではなく、東京圏に住んでいても利用する機会は決して多くない。

 その新京成電鉄が発表した新型車両の車両番号は、80000形。途方もない数字のため、鉄道ファンでも「いち、じゅう、ひゃく…」と数えてしまうほど多くの0が並んでいる。

「弊社は京成グループに属しているのですが、以前には北総開発鉄道(現・北総鉄道)に乗り入れをしていました。北総開発鉄道には、弊社のほか都営浅草線や京急電鉄も乗り入れをしています。たくさんの会社の車両が走っているので、識別ができるように新京成の車両番号は頭の数字を8に統一しています。そのため、800形、8000形といった順番で車両番号を振り、新型車両は80000形になりました」と説明するのは新京成電鉄総務人事部広報課の担当者だ。

 鉄道車両は時代とともに加減速や速度、低騒音化、省エネ化といったさまざまな部分で性能を向上させてきた。近年では、混雑していても乗り降りがスムーズにできるようにワイドドアにしたり、座って通勤したいという需要に合わせた車両を登場させたりしている。

 新京成電鉄の80000形は、以前の車両よりも省エネ性能を向上。また、車内に防犯カメラが設置されたほか、ベビーカーや車いす、荷物の大きな旅行客用のフリースペース空間も設けられている。 鉄道車両の耐用年数は、30年から40年と長い。古い車両が現役で頑張っていても、その間に新しい技術を盛り込んだ新型車両が次々に登場する。そのため、単に「新しい車両」「古い車両」と表現しても明確に識別することはできない。

 正確に車両を識別する必要性から、車両番号が振られる。車両番号は各社の基準に則ってあてがわれ、その法則は会社によって異なる。

 車両番号を覚えなくても、利用には特に支障はない。車両番号なんてマニアックなことを気に留めるのは鉄道ファンぐらいだろう。

 とはいえ、鉄道に詳しくない人でも、東海道新幹線の0系や蒸気機関車のD51といった記号や数字を一度は耳にしたり目にしたりしたことがあるだろう。

 ちなみに、JR東日本の在来線は、JR東日本を表すEに数字3桁で表示するのが基本ルール。例えば、山手線の最新車両はE235系、中央線で多く走っている車両はE233系といった具合だ。

 新京成の車両番号の法則にのっとれば、新型車両が80000形になるのは自然な成り行きといえる。しかし、新京成電鉄では2006年にN800形が登場した。そうした前例を踏まえれば、SinKeiseiでSK8000形といった工夫した凝らした番号も可能だった。

 このまま数字が増えていくならば、次の新車両は800000形、その次は8000000形といった具合にハイパーインフレを起こしかねない。

「今のところ80000形の次となる新車両を導入する予定はありませんが、仮に新型車両を導入することになっても81000形とか82000形という数字になると考えています」(同)

 奇しくも、新京成電鉄では昨年の劇場公開に合わせて『ドラゴンボール超 ブロリー』のラッピングトレインを3月22日まで運行していた。それと連動しているかのように、天井知らずの戦闘力と同じく、新京成電鉄の車両番号がインフレ化しそうな気配があるのは興味深い。

 車両番号がインフレ化しているのは、新京成電鉄ばかりではない。小田急は、2018年に新型特急ロマンスカーGSEを登場させた。GSEの車両番号は、70000形。

 最近の小田急ロマンスカーは1万単位で車両番号を増やしている。このまま順当に新車両が登場していけば、次の新型ロマンスカーは80000形、その次が90000形になる。2030年までに10万番台へと突入することが予想される。

 車両番号の数字が増えることは、それだけ鉄道車両が改良の歴史を積み重ねてきた証拠でもある。実際、鉄道車両は着実に進化を遂げてきた。その結果、車両番号が10万番台まで近づいたともいえる。

 車両番号は、このまま増え続けるのか? 韓国では10万番も登場しているようだが、さすがにドラゴンボールの戦闘力のように、兆、京、垓……と増え続けることはないだろう。現実的に考えれば、新幹線のE〇系・W〇系・H〇系といったように新たな表記に切り替わると思われる。

関連記事(外部サイト)