秋篠宮さま「即位拒否」発言 狙いは「悠仁皇太子」誕生か?

秋篠宮さま「即位拒否」狙いは「悠仁皇太子」誕生か 「愛子天皇」待望論に"待った"?

記事まとめ

  • 悠仁さまに男子が生まれないと皇位継承者がいなくなることで「愛子天皇」待望論が浮上
  • しかし、これに「待った」をかけたのが、秋篠宮さまの「即位拒否」発言だという
  • 「発言の本当の狙いは『悠仁皇太子』の誕生だったのではないか」と宮内庁関係者が指摘

秋篠宮さま「即位拒否」発言 狙いは「悠仁皇太子」誕生か?

秋篠宮さま「即位拒否」発言 狙いは「悠仁皇太子」誕生か?

秋篠宮さまは早い『悠仁皇太子』の誕生を願われているご様子(撮影/JMPA)

 現在、皇室には天皇陛下の孫世代の男子は悠仁さましかいない。「男系男子」しか皇位を継げない現行のルールでは、悠仁さまに男子が生まれなければ、皇位継承者がいなくなる。そこで、浮上するのが「愛子天皇」待望論だ。

 しかし、これに「待った」をかけたのが、秋篠宮さまの「即位拒否」発言だ。

《退位「一代限り」への問い》。陛下のご退位を直前に控えた4月21日、朝日新聞一面にそう題した記事が掲載された。2017年6月に退位を実現する特例法が成立した後、秋篠宮さまは自身の即位について、周囲に「兄が80才の時、私は70代半ば。それからはできないです」と漏らされたという内容だ。

 また、「天皇になることを強く意識している」と皇室研究者に指摘されると、「そんなこと思ったことがない」と打ち消されたという。新天皇の即位後、秋篠宮さまは皇位継承順位第1位の「皇嗣」となり、長男の悠仁さまが同第2位になられる。その発言は、「皇位継承の拒否」という意思表示とみられ、世間に衝撃を与えた。

だが、「あの発言の本当の狙いは、『悠仁皇太子』の誕生だったのではないか」と指摘するのは、宮内庁関係者だ。

「秋篠宮さまが皇位継承順位第1位を辞退することを早々に表明すれば、同第2位の悠仁さまが同第1位に繰り上がります。“それならば、悠仁さまを早めに皇太子にして帝王学を授けよう”という議論の流れになるでしょう。

 秋篠宮さまは“自分のことよりも、早く悠仁に継がせたい”などと漏らされることもあるそうです。秋篠宮さまとしては『悠仁皇太子』を国民に受け入れてもらうため、自らの進退を口にしたのではないでしょうか。秋篠宮家への逆風と愛子天皇への追い風を敏感に感じ取られ、できるだけ早く悠仁皇太子を既成事実化しようと試みたのかもしれません」

 そこには、長きにわたる皇室の伝統を継承させたいという思惑もある。

「たとえば宮中祭祀では、天皇と皇太子だけが宮中三殿にあがりますが、他の皇族は庭にいらっしゃいます。

 仮に徳仁天皇が今上天皇と同じ85才で退位されれば、秋篠宮さまは79才で天皇に即位し、悠仁さまは40才を超えて皇太子となられます。その段階で皇太子として宮中祭祀などのしきたりを学んでも、正直に申し上げて遅すぎます。今後、本当に秋篠宮さまが皇位継承を断念されるなら、どのタイミングで悠仁さまを皇太子にするかが議論の的になるでしょう」(秋篠宮家に近い関係者)

 それは、愛子さまにとっても同じことだ。女性天皇容認の議論が長く続くことは、決していいことではない。

「将来が不安定なお立場であり、愛子さまは非常におつらい状況だと察せられます。愛子さまはあと2年半で成人されます。もし女性天皇を認めるのであれば、政府はそれまでに決めるつもりで、あわよくば(男系男子で天皇を維持したい保守層を支持基盤とする)安倍政権のうちにという目論見もある。

 小泉純一郎政権下の2004年、水面下では女性天皇容認の方針が決められ、両陛下もそれに異を唱えられなかった。国民の支持も充分にあります。となると、障壁は決して高くない。近いうちに、『愛子皇太子』が実現しても、決しておかしくない状況なのです」(政府関係者)

 秋篠宮家や時の政権などのさまざまな思惑が絡み合い、次代の皇室を巡る問題がどんどん複雑になる。そうした現状を美智子さまは誰より深く憂慮されているという。

「愛子皇太子」か「悠仁皇太子」か──そうした状況で、兄・天皇と弟・皇嗣の間にはどのような関係が生じるだろうか。

※女性セブン2019年5月9・16日号

関連記事(外部サイト)