ワイプかぶり中継を券面に ことでんが攻めの姿勢続ける理由

「ことでん」こと高松琴平電気鉄道、ワイプかぶり中継をIC乗車券の券面に採用

記事まとめ

  • 新元号の発表を生中継したNHKは聴覚障碍者のため画面にワイプで手話の同時中継を実施
  • 菅義偉官房長官が掲げた「令和」の色紙は、そのワイプにモロ被りし一部で話題になった
  • 「ことでん」こと高松琴平電気鉄道では、これを逆手にとってIC乗車券の券面に採用した

ワイプかぶり中継を券面に ことでんが攻めの姿勢続ける理由

ワイプかぶり中継を券面に ことでんが攻めの姿勢続ける理由

記事画像

 平成から令和へ、元号が新しくなるにあたり、様々な記念グッズの販売やイベントが企画されている。平成から令和をまたがる特別列車や記念切符なども計画されているが、券面デザインは鳳凰など奉祝の意味を込めた恭しいものが多い。ところが「ことでん」こと高松琴平電気鉄道では、ネットで盛り上がったある一場面をモチーフに新元号記念の限定ICカードをデザインした。ライターの小川裕夫氏が、「ことでん」が攻めの戦略を採り続ける背景についてレポートする。

 * * *
 4月1日、テレビの前で思わず「見えねーよ」と画面に向かって叫んだ人は多かったに違いない。新元号の発表を生中継したNHKは、聴覚障碍者のために画面の左にワイプ(小窓)で手話の同時中継を実施。

 菅義偉官房長官が掲げた「令和」の色紙は、そのワイプにモロ被りした。思わぬハプニングは一部で話題になったが、これを逆手にとってIC乗車券の券面に採用した鉄道会社がある。それが、高松琴平電気鉄道だ。

 地元民から“ことでん”の愛称で親しまれる高松琴平電気鉄道は、県都・高松市を中心に、“こんぴらさん”で知られる名刹・金刀比羅宮などにも路線を持つ。

 これまで同社が発行していたIC乗車券は、イルカのマスコットキャラクター“ことちゃん”が券面に描かれた愛らしいデザインだった。今回の新IC乗車券でも"ことちゃん"がデザインされているが、かなり攻めている。

「今年のゴールデンウィークは、平成から令和へと切り替わるタイミングにあたります。また、5月1日が祝日になるので、10連休になります。弊社では2019年4月27日から2019年5月6日までの10日間のうち、指定の2日間で利用できるフリーきっぷを販売することにしました。それと同時に新デザインのIC乗車券IruCaを発売する予定でした。

 フリーきっぷは硬券でクラシカルなデザインだったので、IC乗車券は新元号を祝う明るいイメージにしたい。記憶に残る1枚になってほしいという思いから、あの名場面を券面デザインに採用しました」と話すのは、高松琴平電鉄サービス運輸部の担当者だ。

 新IC乗車券では、“ことちゃん”が「令和」の色紙を掲げているような仕草をしている。そこに、ワイプのような小窓が描かれており、その中には"ことちゃん"の恋人である"ことみちゃん"が何かを訴えかけようとしている。これは、「令和」発表会見を彷彿とさせる。

 かなり攻めた新IruCaのデザインだったが、利用者や問い合わせの電話では好意的な反応が目立ったという。

 従来、鉄道会社は保守的で型破りなことに取り組まない。新IruCaのデザインで話題を集めていることでんだが、鉄道業界内では以前から異端児的な存在として知られる。

 ことでんが、鉄道会社らしくない施策を打ち出すようになったきっかけは2001年に経営破綻したことだった。民事再生法の適用で、経営陣は交代。それに伴って、鉄道会社らしくない新機軸が次々と打ち出されていく。

 その一例が、2005年から導入した非接触型IC乗車券「IruCa」だ。IruCaの由来は、「ことでんは要(い)るか? 要らないか?」という問いかけが元ネタになっている。かなり大胆なネーミングと言わざるを得ない。

「弊社は2001年に経営破綻し、その後に民事再生法の適用を受けました。その頃から経営刷新が図られるようになり、これまでにない画期的なアイデアを採用するようになっています。自虐的とも思えるIruCaのネーミングも、攻めていると評判の新IruCaのデザインも、そうした流れから生まれたと考えています」(同)

 ことでんは「おまえを ことこと にこんでやろうか」とイルカの姿をしたマスコットキャラクターのイルカ駅員“ことちゃん”が挑発するLINEスタンプもリリースしている。また、今年3月2日からはJR東日本のSuicaやJR西日本のICOCAなども利用できるようになった。それを知らせる広告でも「イルカじゃなくてものれますよ!」と攻めのコピーを採用している。

 経営再建をきっかけに、ことでんは従来の鉄道会社と一線を画す攻めの姿勢に転じた。今後も目が離せない異端児として、ことでんはたくさんの話題を振りまいてくれるに違いない。

関連記事(外部サイト)