ヤクザとプロ野球選手の一番の接点は野球賭博よりも覚せい剤

ヤクザとプロ野球選手の一番の接点は野球賭博よりも覚せい剤

野球賭博騒動時の記者会見(共同通信社)

 プロ野球と反社会勢力との繋がりというと、1969年から1971年にかけて発覚した「黒い霧事件」のように、野球賭博に絡んだものが思い出される。しかし、実際には賭博よりももっと、簡単にプロ野球選手とヤクザとの距離が縮まってしまうものがある。ヤクザ事情に詳しいノンフィクション作家の溝口敦氏と、フリーライターの鈴木智彦氏が、プロ野球選手とヤクザとの接点について語り合った。

溝口:野球賭博については、だいぶデタラメな報道が多いですね。プロのハンデ師がいるとか言うけど、そんな大規模なハンデ表なんていまどき作れるわけがない。昔、山口組系の竹中組は野球賭博をシノギにしていましたが、ハンデ表を作っていたのは竹中正久・山口組四代目の姐さんのきよみさんでした。

鈴木:そうだったんですか。

溝口:彼女は野球には詳しくはないけど勝負勘がいいから、その日のスポーツ紙にばーっと目を通してハンデを付ける。一方だけに賭けられると胴元のヤクザの身が持たないから、賭け方を平均化するためにハンデを付けるわけでしょう。それがきよみさんはうまかったらしい。よく「プロのハンデ師は選手がその日の朝に何食べたかまで知っている」とか言うけど、そんなのは嘘っぱちです。

鈴木:2015年に巨人の選手が野球賭博をやっていたとして問題になった事件では、山口組系関係者が逮捕されましたが、今や野球賭博を専業にして儲けている組織はありません。ただ、野球賭博がヤクザのシノギであることには変わりはない。俺の知っているヤクザは春と夏の甲子園だけ野球賭博をやるらしいけど、それは儲けるというより、「俺がヤクザだ」と周囲に知らしめるためにやるんだと言っていました。

溝口:プロ野球選手とヤクザの一番の接点は、むしろ野球賭博よりも覚せい剤ですね。清原和博にしても、同じ元巨人の投手だった野村貴仁にしても。彼らが直接関係なくても、覚せい剤はヤクザの資金源だから。

鈴木:あとは球団の私設応援団に暴力団が噛んでて、外野席とかの利権を持って、売買をしていました。2008年には暴力団を排除できなかったからという理由で、中日の私設応援団が活動自粛したこともあった。

 プロ野球選手にとってヤクザとの交際はメリットがないんだけど、彼らは有名になると六本木とかに飲みに行くようになる。そうした盛り場のトップはやっぱり暴力団だったりするんですよね。だから、暴力団との交際というのは、彼らにとってもステータスなんだと思う。

溝口:力一本で勝負してダメになったら終わりという、一寸先は闇の世界観を、アスリートとヤクザは共有しているのかもしれない。

鈴木:プロ野球からヤクザになった選手も結構いますね。そういえば以前、元巨人の捕手に、大阪にある酒梅組の事務所で会いました。

溝口:もう一つ、今はプロとアマのスポーツの境目が曖昧になっているでしょう。だから、本来なら興行にまつわるものしか関係のなかったヤクザとの付き合いにも、アマチュアが迂闊に手を出して問題になるケースはあると思う。

鈴木:アスリートのなかには、スポーツだけができて人間的に成熟していない選手も多い。女やカネで騙されて、そこに暴力団が入り込んでくる。ウブだからヤクザがつけ込みやすいんですよ。東京五輪の選手たちには、くれぐれも気をつけてほしいですね。

●みぞぐち・あつし/1942年東京浅草生まれ。早稲田大学政経学部卒。『食肉の帝王』で講談社ノンフィクション賞を受賞。『暴力団』、『山口組三国志 織田絆誠という男』など著書多数。

●すずき・ともひこ/1966年北海道札幌生まれ。『実話時代』の編集を経てフリーへ。『潜入ルポ ヤクザの修羅場』など著書多数。近著に『サカナとヤクザ』、『昭和のヤバいヤクザ』。

※週刊ポスト2019年5月3・10日号

関連記事(外部サイト)