専業主婦は「ブランク」に非ず 「家オペ力」を侮るな

専業主婦は「ブランク」に非ず 「家オペ力」を侮るな

予算内で家計をやりくりする力も主婦の立派な能力

 女性活躍の推進が図られている今、長らく専業主婦の人は肩身の狭い思いをしたり、社会復帰を敬遠されたりする風潮まであるという。だが、「専業主婦期間は決してブランクではない」と指摘するのは、働く主婦の調査機関「しゅふJOB総合研究所」所長兼「ヒトラボ」編集長の川上敬太郎氏だ。

 * * *
 日本プロ野球と米国メジャーリーグで数々の金字塔を打ち立てたイチロー選手が現役引退を発表したが、日米通算4000本を超えるヒットを打ち続けたイチロー選手でも、最後のシーズンは一本もヒットを打つことができなかった。その事実は結果として、メジャーリーグで一本のヒットを打つことの難しさの証明となり、通算4367本の安打記録にさらなる重みを与えたように思う。

 イチロー選手がメジャーリーグでシーズン最多262本のヒットを放ったころ、素人目にはいとも簡単にボールを捉えているように見えた。そんな唯一無二の安打製造機の歯車を狂わせた要因として、ある専門家が指摘したのは、およそ一年にわたるブランクの存在だった。

 しかしながら、イチロー選手の強肩や走力は健在だった。一年近いブランクの間もトレーニングを怠らず、現役メジャーリーガーとして十分すぎるパフォーマンスを発揮していた。となると、イチロー選手にとってブランクと呼ばれる期間は肩と足には当てはまらず、打撃に関してのみだったと言えるのではないか。

 メジャーリーガーに限らず、一般のサラリーマンが自らの仕事に置き換えてみたときも、似たような現象を経験することがある。

 例えば、営業部門のエースとして鳴らした人が企画部門に異動し、数年ぶりに営業の最前線に戻った場合。かつては立て板に水がごとく商品説明し、顧客からの無茶ぶりにも瞬時に機転を利かせた切り返しができていたはずが、言葉に詰まってしまう。どうも調子がおかしい。こんな時、営業の最前線という戦場から離れていた期間は、やはりブランクなのかもしれない。

 では、営業職としてはブランクだったとしても、ビジネスパーソンとしてはどうなのだろうか。

 企画部門で様々な部署の人から意見を聞き、マクロ・ミクロデータを検証し、顧客のニーズや自社のシーズを分析した経験があれば、その経験はきっとビジネスパーソンとしての視野を広げているはずだ。あるいはプレゼンスキルを磨いたり、Excel関数やマクロなどを駆使して分析スキルも磨かれているかもしれない。

 となると、ブランクと言えるのは営業職としての現場感覚だけだ。その感覚もしばらくすれば取り戻せるだろうから、結果として企画部門に異動した期間はブランクどころか大いなる成長期間だったということになると思う。

 しかし世の中には、今もブランクとしかみなされない期間がある。「専業主婦」として家仕事に専念している期間だ。

 専業主婦の間は、社会に出て稼ぐための仕事をしていない。そのことが仕事をするうえでブランク(空白)期間と見なされる。最近は採用難の影響もあり、3年くらいのブランクであれば問題視されないことも多いが、10年を超えるブランクとなると、やはり敬遠されがちな傾向を感じる。

 一方で、社会には専業主婦を羨ましい存在と見る向きもある。妻が働かなくても十分な収入が得られている裕福な家庭だとか、楽をしているという印象を持つ人もいる。しかし、専業主婦となっている側にも色んな事情がある。夫婦で話し合って、稼ぐ役と家仕事を担う役を分担しているケース。育児や介護、あるいはそれらが重なるダブルケアなどで働きたくても働くことができないケースなど。

 そんな専業主婦たちを、女性活躍推進の風潮が却って追い込んでしまっている面もある。しゅふJOB総合研究所が、働く主婦層のうち専業主婦経験を持つ人に向けて調査したところ、専業主婦であることに後ろめたさや罪悪感のようなものを覚えたことが「ある」「少しはある」と答えた人が合わせて56.6%に上った。

 その調査のフリーコメントには、以下のような声が寄せられている。

「経済的に依存している気がして、罪悪感があった」(60代:パート/アルバイト)
「自分は何もしていないと思えて、嫌な気持ちになる」(40代:今は働いていない)
「夫に、人の稼いだ金で楽をしていると言われた」(40代:契約社員)

 日々忙しく家周りの仕事に精を出し、家族のために一生懸命頑張っているのに罪悪感を覚えてしまう。主婦業に専念することが、まるで悪いことのようにさえ感じてしまう。そんな状況は、おかしいと感じる。決して女性活躍推進が間違っている訳ではなく、働きたい人も、何らかの事情で働かない選択をした人も、どちらも尊重されるべきではないだろうか。

 専業主婦期間をブランクと見なす風潮は、そんな罪悪感を助長する要因の一つになっているように思う。先ほど紹介したコメントの中に、「自分は何もしていないと思えて」とあったが、専業主婦は本当に何もしていないのだろうか。そんなはずはない。

 例えば、料理ひとつをとってみても、1年365日家族のために3食の料理をつくり続ける実行力、家族の好みや健康を考えて適切な料理を選定する知識、予算内で食材を調達するやりくり力などが必要とされ、日々磨かれている。

 子育てや介護などから学べることも多い。また、家計を握っている主婦層は消費者の代表であり、消費者としての目線を日々鍛えている。その眼力・感覚は、マーケティング活動に必要とされる観点だ。

 ブランクが、何もしていない空白期間を意味するというのであれば、専業主婦期間は絶対にブランクではない。むしろ、職場では鍛えられない別の能力を磨き、職場では得られない別の経験を積むことができる場となっている。

 では、なぜ専業主婦期間はブランクと見なされてしまうのか。それは、採用や人材活用を検討する企業側が、専業主婦期間に磨かれている能力や経験に目を向けようとしていないからだと考える。採用難の時代に、専業主婦期間が長いという理由だけで選考対象にすらしないとしたら、それは非常にもったいないことだ。

 実際に、10年以上の専業主婦期間がありながらPTAなどの活動でプレゼンテーションやマネジメント力を磨き、それらの活動から実力が認められて採用された人がいる。同じくPTA活動でファイル整理力が培われ、その優秀さが認められて社長秘書に抜擢された人もいる。隙なく優秀な人材採用にアンテナを張っている企業は、ブランクと呼ばれてしまう期間さえ疎かにせず、その人の能力を見抜こうと努めている。

 しゅふJOB総合研究所では、家仕事で培われた能力を“家オペ力(家仕事をオペレーションする能力)”と呼んでいる。ブランクと呼ばれる期間は、すなわち家オペ期間である。決して空白ではない。しゅふJOB総合研究所のホームページでは、家オペでどんな能力が磨かれ、どのように仕事に活かせる可能性があるのかを発見する『家オペ力マトリックス』を無料公開しているので、ご興味を持たれた方はぜひお使いいただければと思う。

 中には、専業ではなく家仕事を夫婦でシェアしている家庭がある。その場合も、家仕事をしている時間から得られる経験、培われる能力があることに目を向けると、価値観が変わってくるのではないだろうか。価値観が変われば、家仕事を敬遠しがちな男性が主夫業を担うことへの抵抗感も少なくなるかもしれない。

 専業主婦期間をブランクなどと呼ぶ慣習は、考えれば考えるほど失礼なことだと思う。そんな慣習が、一日も早くなくなることを願っている。

●かわかみ・けいたろう/1997年愛知大学文学部卒業後、テンプスタッフ(現パーソルホールディングス)に入社し新規事業責任者などを歴任。業界専門誌『月刊人材ビジネス』などを経て、2010年株式会社ビースタイル入社。2011年より現職。延べ2万件以上の“働く主婦層”の声を調査・分析する傍ら、人材サービス業界への意見提言を行う。厚生労働省が委託する女性活躍に関するプロジェクト事業の委員なども務める。

関連記事(外部サイト)