新天皇・皇后両陛下にこれからお目見えできる場所

新天皇・皇后両陛下にこれからお目見えできる場所

直に拝するには?(写真/JMPA)

 メディアには連日、新天皇・皇后両陛下の姿が映し出されているが、できることなら「両陛下を一目でいいから“直接”見たい」という人も多いだろう。

 即位当日に行なわれた「剣璽等承継(けんじとうけいしょう)の儀」と「即位後朝見(ちょうけん)の儀」を皮切りに、今後も10月の「即位礼正殿の儀」、11月の「大嘗祭」といった即位にまつわる儀式が予定されている。

◆「半蔵門」で皇居ランナーに“お手振り”

 天皇陛下の公務というと、全国各地での式典やイベントへの臨席をまず思い浮かべるだろう。上皇・上皇后両陛下から引き継いだ全国植樹祭、全国豊かな海づくり大会、国民体育大会の「三大行幸啓」や、皇太子時代から臨席している国民文化祭といった行事がある。会場への出入りや駅の構内で、集まった人と会話をする可能性は高い。また、車窓から手を振って応えられることもあるだろう。

 それらに加えて新天皇・皇后両陛下の場合、一定期間、“仕事場”である皇居へと通う姿をその道中で見られる可能性がある。

 天皇陛下は日常的に、各書類への署名・決裁といった事務仕事や、各国大使との引見をする。そういった公務は、主に皇居で行なわれる。皇居・御所のリフォームが完了するまで、陛下のお住まいは赤坂御用地内にある赤坂御所(旧・東宮御所)だ。陛下は赤坂御所から皇居へ毎日“通勤”することになる。皇室記者はこう語る。

「赤坂御所にも執務スペースはありますが、ご引見などは皇居で行なわれるものです。皇居のリフォームには9か月ほどかかると言われていますから、その間は毎日車での移動です。上皇陛下も、平成が始まってしばらくは赤坂御用地から皇居へ通っていました。

 赤坂御用地は、青山通りに面した南東側に『巽門』があります。皇族方のほか、御用地を訪問する客人の多くはこの門を使いますが、陛下の通勤には御用地の北側にあたる『赤坂御所正門(旧・東宮御所正門)』が使われるでしょう。

 皇居敷地内に入る際は、西側の『半蔵門』を通るのが一般的です。皇太子時代から、居合わせた皇居ランナーなどに向けて笑顔で手を振られることがありました。また、大使とのご引見はご夫妻揃ってが慣例ですから、雅子さまがご一緒されることもあるでしょう」

“夏休み”にもチャンスがある。毎夏、両陛下は愛子内親王とご一緒に須崎(静岡県)や那須(栃木県)の御用邸で静養される。

「かつては、伊豆急下田駅やJR那須塩原駅到着時の“お手振り”のみでしたが、近年は愛子さまの成長に伴って、ご家族で集まった人と直接会話されることもあります。

 那須御用邸滞在時には、『那須どうぶつ王国』や『那須ステンドグラス美術館』、『那須テディベアミュージアム』にお忍びで足を運ばれるのが恒例です」(同前)

※週刊ポスト2019年5月17・24日号

関連記事(外部サイト)