小池百合子都知事が「都庁の重鎮OB」を特別秘書に起用した理由

小池百合子都知事が「都庁の重鎮OB」を特別秘書に起用した理由

小池百合子都知事は難局に備えて手を打った(時事通信フォト)

 東京五輪を来年に控えた今に至っても、都政が芳しい状況にあるとは言い難い。都議会自民党は小池百合子都知事への反発を強めている。さすがにこのままではまずいと感じたのであろう。小池氏が動いた。都政に詳しいジャーナリスト・広野真嗣氏がレポートする。

 * * *
 小池百合子都知事は、自身の最側近となる「政務担当秘書」に大物の元東京都副知事をあてる「令和最初の人事」を5月中旬に発令する。「忖度だらけのふるい議会を新しく」とぶちあげ都議選に圧勝して2年。足元の都政停滞を打開するため、都議会自民党のドンとも関係の深い都庁官僚を重用するという策に出た。

◆自民党との障害を取り除く

 かつて小池知事は都議会自民党や旧来の都庁の組織を「ブラックボックス」と批判しまくって都民の期待を一身に浴びたが、最近は対立の芽を取り除くのに躍起だ。

 昨年春には都政運営の要に据えて批判の的だった外部有識者のための特別顧問ポストを廃止。今年3月には自民党との対決型選挙の指揮をとってきた政務特別秘書の退任人事を発表した。空いた政務特別秘書ポストに今月からおさまるのが、元副知事の村山寛司氏(68)。4月26日の会見で小池氏は「非常に経験の深い方」「職員からの信頼も厚く政策面での活躍を期待している」と述べた。

 村山氏は東北大卒業後、1974年に入庁。政策部長や行政部長など知事官房のメーンストリートを歩んだ後、財務局長を経て2010年から2年間にわたって副知事を務めた。

 官僚人生を終えた後も日本自動車ターミナル社長、東京地下鉄副社長、東京信用保証協会理事長(全国信用保証協会連合会会長を兼務)と都庁官僚の再就職先の王道を歩き、今月にも東京都住宅供給公社理事長ポストへの転身も噂されていた。

 都政の万端に精通した戦略家で知られ、「先を見通す思慮深さは歴代副知事経験者でもピカイチ」(都庁人事に通じたジャーナリスト)との評価も高い。ただ慎重さが持ち味の重鎮が、「都庁の人事の秩序に不協和音が出るような就任要請をなぜ受けたのか」(部長クラス)と驚きの声も同時に上がっている。

◆「過去に聞いたことがない」人事

 村山氏は、現在3人いる都庁の副知事のうち入庁年次の古い多羅尾光睦氏よりもさらに6年先輩。筆頭副知事の長谷川明氏が主計部長時代の上司にあたる。「現在の副知事にとってはやりづらいはず」(副知事経験者)とも映る。

 特別秘書の個室は、知事の執務室がある都庁7階にある。6階から上がる副知事と違い、秘書の裏扉を通じて誰に悟られずにトップと会える。本来は知事と局長や都議の間をとりつぐ役目だから、歴代知事は、外部から連れてきた「身内」を充てるのが通例だ。

 確かに1997年には青島幸男都知事(当時)が定年退職したばかりの都庁の前衛生局長を特別秘書に据えた例はあるが、「役人人生で最上位の副知事まで上り詰めた人がその後あえて“側用人”である特別秘書に就任する例は過去に聞いたことがない」(同前)

 ちなみ現在の特別秘書の報酬は年額約1400万円で局長級(7段階で最下級の1号級)と同程度だが、過去には副知事(同2400万円)と同程度の待遇だった特別秘書もいる。

「小池流」がどのような待遇を用意して村山氏を迎えることに成功したのかはいまだ明らかにされていないが、能力の高い副知事経験者の中でも村山氏に白羽の矢が立ったのには、それなりの理由がある。

◆公明党の存在

 村山氏は財務局長の在任中に「都議会のドン」こと内田茂元都議や高島直樹・自民党都連幹事長との間に太いパイプを築いた。

 とりわけ2010年3月の予算議会では、市場移転をめぐって「強引な移転にNO」を掲げて躍進した都議会第1党の民主党と、移転を進める自民党・公明党との間の調整に汗をかいた。計30時間にも及んだ交渉の最前線にいて、築地再整備を検討する組織を立ち上げる譲歩を差し出して民主の顔を立てる一方、豊洲の移転先の用地取得費を含んだ予算案を認めさせた(予算案は半年間、執行停止したのち「再整備は非現実的」として再開した)。

 そうした功績もあって副知事に起用されたが、わずか2年後の12年にはその職を退くことになる。石原氏が国政野党の自民党に見切りをつけて新党たちあげに傾斜していた時期に重なり、当時は既成政党とのパイプの太さが村山氏の早期退任に影響したと分析する見立ても出た。

 それから7年を経て、都議会自民党との関係修復を求める小池知事にとって、村山氏はうってつけの調整役に違いない。

 2月から3月にかけて開かれた予算議会で小池知事は過去最大15兆円の都予算案を上程したが、議場では「与党都議に議場で押されて転倒した」(自民)とか、「委員長の議事運営ファイルを盗まれた」(都民ファ)とかいった政策とは無関係の批判の応酬が目立った。小池予算に賛成の立場であり、また自民党ともかつて連携していた公明党も、これを取り持つ役割を果たしえたようには見えない。

 このため「自民党との関係を改善しなければと危機感を強めた公明党周辺から提案があったのではないか」(前出のジャーナリスト)と見る観測もある。実際村山氏には、公明党の参議院議員として総務庁長官も務めた都庁の先輩、続訓弘氏(88)が副知事だった当時の直属の部下だった経歴もある。こうしたつてを頼りに小池知事に対して人事のアドバイスがあったのではないか、というのである。

 小池知事にとっては、五輪までの1年間に打ち出す政策が、知事選の再選戦略に直結する。五輪後の東京を巡っては、銀座から臨海部に抜ける新地下鉄計画も報じられ、その途中停車駅にあたる築地市場跡地や豊洲エリアなどで再開発をめぐる国や地元区や企業などの思惑も膨らみつつある。

 大プロジェクトを含めた都の長期計画をつくるにあたって都市の基盤整備にも明るい村山氏が、議論の要路に立って、“交通整理”の役割を担う可能性もある。

 筆者は連休明けの7日、火中の栗を拾うに至った動機について問おうと村山氏を自宅前で直撃取材を試みたが、「まだ私は現職(東京信用保証協会)の仕事がありますから、お話しできることはありません」と言葉少なく車に乗り込んだ。

 都議会で迎える自民党の高島都連幹事長にも質問を送ったが、「人事権は知事の裁量権の範囲です」とひとまず静観の構えだ。大物官僚OBの登場によって、小池都政と都議会自民党が健全な緊張関係を紡ぎ出せるか。6月の都議会定例会の動きに注目が集まることになりそうだ。

関連記事(外部サイト)