仲邑菫初段は小学生でいくら稼げるか 囲碁棋士の収入事情

仲邑菫初段は小学生でいくら稼げるか 囲碁棋士の収入事情

ほろ苦いプロデビュー戦となった仲邑菫初段(時事通信フォト)

 10歳0か月でプロ囲碁棋士となった仲邑菫初段。初手合いを打ち、プロとしての第一歩を踏み出したが、今後どんなプロ生活が待っているのか──。棋士の収入事情にスポットを当てて、囲碁ライターの内藤由起子氏に解説してもらった。

 * * *
 4月22日、10歳の仲邑菫初段がプロデビュー戦に臨んだ。竜星戦の予選で、相手は同期入段の大森らん初段(16歳)。40社100人の報道陣が詰めかけ、インターネットで生中継されるなど大いに注目される中、大森初段が勝負どころで的確に戦い抜き、菫初段は中押し負けを喫した。

「緊張してうまく打てなかった。悔しい」と菫初段。プロ生活はホロ苦スタートとなった。

 ところで、負けはしたものの、菫初段は初めてプロ棋士として「お金」を稼いだ。「対局料」だ。囲碁のプロは勝敗に関係なく、対戦すれば対局料がもらえる。トーナメント1回戦はいくら、2回戦はいくらなどと決まっていて、勝てば2回戦、3回戦……と対局料をもらえるチャンスが増えることになる。

 そして、最後まで勝ち抜いて優勝すると、タイトル獲得となり、「タイトル料」が手に入る。タイトル料を手にするのは、ほんのひと握りの棋士なので、多くの棋士の収入源は、主に手合料ということになる。

 菫初段が出場できる棋戦は、棋聖、名人、本因坊などの一般棋戦が9つ、新人王などの若手棋戦が2つ。そして女性だがけが参加する女流本因坊、女流名人など5つの女流棋戦の合計16棋戦。さらに、トップ棋士には国際棋戦に(ランキングなどで)選ばれて出場でき、対局機会が増えていく。

 囲碁の世界は将棋と違って、男女一緒に戦う棋戦がほとんど。約500人の棋士が、もちろん対等に同じ土俵で戦う。菫初段でも勝ち上がって行けば、井山裕太四冠に挑戦し、勝てばタイトルを奪取できる道が開けている。

 タイトル料は最高が「棋聖戦(読売新聞社主催)」の4500万円。2番が「名人戦(朝日新聞社主催)」の3100万円。

 2018年の賞金ランキング(手合い料含む)は、1位が5つのタイトルを獲得した井山裕太棋聖(29歳)の1億4696万円。2位が一力遼八段(21歳)で5161万円。対局料は棋戦(スポンサー)ごとに料金が違い、具体的な金額は公表されていない。

 タイトル挑戦者を決めるリーグ戦では1局約100万円の対局料にもなるそうだが、菫初段がデビュー戦で打ったのは、優勝賞金600万円の棋戦、しかも予選1回戦なので、数万円というところだろうか。勝ち進むにつれ、対局料も上がっていくシステムだ。

 菫初段の当面の目標は、中学生までに女流棋戦のタイトルを獲得することだという。

 現在、女流棋士は約100人。第一人者・藤沢里菜女流本因坊(20歳)は3つの女流タイトルを持っている。昨年の賞金は2189万円で、男性棋士に混ざってランキング6位に食い込んだ。ちなみに、内訳は女流本因坊の優勝賞金が550万円、女流立葵杯が700万円、女流名人戦が350万円。これにプラス、一般棋戦などの対局料の合計が2189万円ということになる。

 菫初段がプロになる前の最年少記録、11歳6か月を持つ藤沢女流本因坊は15歳9か月、女流史上最年少タイトル獲得記録で初タイトルを奪取。その年に女流本因坊にもなり二冠となった。その年の賞金は1673万円。高校1年の年齢で(藤沢女流本因坊は高校に進学していない)それだけ稼ぎ、現在までコンスタントにほぼその年収をキープしている。

 藤沢女流本因坊に負けないほど菫初段が成長し、タイトルを獲得するなど活躍すれば、小学生のうちに1000万円、2000万円と稼ぐ可能性は大いにある。

 しかし仮にすべてが1回戦負けだと年収は数十万ほど。小学生ならそれでもすごいと思うだろうが、30歳になっても、60歳になっても、その可能性はゼロではない。年齢が上がると若手棋戦などにはエントリーできなくなるので、むしろ参加棋戦が減り、対局数もおのずと減ってしまう。トップ棋士以外は、アマチュア指導や解説、テレビ出演などの収入に頼っている。厳しい世界なのだ。

 かの井山四冠も中学1年生でプロになった。初の収入明細を見た井山四冠の母親は、「1か月で数万円だけ。これで生活していけるか心配になった」と話したことがある(もちろん、杞憂に終わったが…)。

 また、10代で500万円、800万円の年収のある棋士は少なくないが、先のことはまったく分からない。勝てないだけでなく、怪我や病気でも、碁が打てなければ、収入はゼロになる。

 とはいえ、サラリーマン生活を経験している筆者から見て、碁で自分自身を表現できる棋士という仕事は幸せそうに見える。

 一生突き詰めても突き詰められない奥深い世界で模索を続け、研究することは一度踏み入れたらやめられない。実際、プロ棋士に話を聞くと、碁に負けることはつらいが、碁が打てないことのほうがもっとつらいそうだ。

 菫初段も碁が好きでたまらず、他に興味があるものもないという。好きな道が見つかり、その道に進めたことが、彼女にとって一番の幸せなのだと思う。

関連記事(外部サイト)